« 新作料理?ナポリタン … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮)他 | トップページ | マニアな本の打ち合せ … 焼き鳥「鳥やす本店(とりやすほんてん)」(高田馬場) »

プロの書き手の方々と … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政)他

「竹よし」にて


 今日は6人で「竹よし」のテーブル席です。

 今日のメンバーの一人目は、文筆家の木村衣有子(きむら・ゆうこ)さん。初めてお会いする木村さんと私の共通点はというと、同じ読売新聞夕刊の「ぶらり食記」に執筆させていただいていたということです。

 この「ぶらり食記」、週に1回の連載を、4人ほどの執筆者が持ち回りで担当するので、順番が回ってくるのは月に1回程度。

 私が2009年5月から2010年3月までだったのに対し、木村さんは同年(2010年)の5月から、今年(2012年)3月までと、すれ違っていたのがとても残念なところです。

 二人目の白井いち恵(しらい・いちえ)さんは、京阪神エルマガジン社東京別冊編集室を経て、今年からフリーの編集者・ライターになりました。今年6月に出版された「東京バス散歩」が、著者としてのデビュー作です。

 白井さんがエルマガジン社にいらっしゃったときには、私も「東京肉本」、「横浜本」、「東京通本」、「東京サク飲み!」などで、いろいろとお世話になったのでした。

 3人目の田之上信(たのうえ・まこと)さんは、フリーのライターであり、小岩の「野暮酒場」の店主でもあります。現実世界では「はじめまして」なのですが、本の上では、KKベストセラーズの「TOKYO大衆酒場」でご一緒させていただいているんだそうです。

 4人目は、読売新聞の記者さんということで、みなさんプロの書き手の方々ばかり。

 そして、この豪華なメンバーとの、今日のこの機会を作ってくれたのが、今日の5人目のメンバー、荻窪「やきや」のお手伝いをされている呑み仲間・ゆりちゃんです。

 「竹よし」の魚料理をたっぷりと堪能したあとは、野方の「秋元屋」で二次会。ゆりちゃんは、「秋元屋」の冷蔵庫前で働いていたこともあるので、まさに古巣ですね。

 午後5時に開始して10時半ごろまで、6時間近くの楽しい飲み会となったのでした。

・「竹よし」の店情報前回) / 「秋元屋」の店情報前回

《平成24(2012)年7月22日(日)の記録》

|

« 新作料理?ナポリタン … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮)他 | トップページ | マニアな本の打ち合せ … 焼き鳥「鳥やす本店(とりやすほんてん)」(高田馬場) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/55485975

この記事へのトラックバック一覧です: プロの書き手の方々と … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政)他:

» カツオ、サバ、マグロ … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) [居酒屋礼賛]
 都立家政まで移動して、東京での3軒目は、魚料理と天ぷらの「竹よし」です。  ここにくると、やっぱり刺身と熱燗ですね。刺身盛り合せの「小」(650円)と、菊正宗の燗酒(350円)を注文します。  呉も酒と魚のうまい土地ですが、その酒と魚と、東京でいただく酒と魚は、ちょっと違います。どちらがうまい、まずいではなくて、どちらもうまいんだけど、内容が違うのです。  呉は瀬戸内海でとれる、身の旨みが複雑で... [続きを読む]

受信: 2012.11.19 23:39

» 近所のもつ焼き屋巡り(1) … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) [居酒屋礼賛]
 もう1月も終わったのに、うちの近所のもつ焼き屋さんへのごあいさつが済んでないことに、昨日、「宇ち多゛」のもつ焼きをほお張りながら気がついた。  そんなわけで、今日、土曜日の1軒目は、野方の「秋元屋」からスタートです。  店に到着すると、店主の秋元さん自らが店頭に立って、陣頭指揮をとられています。  さっそく秋元さんにごあいさつをして、向かって左、旧店舗側のコの字カウンター奥の、残りわずかな空席の... [続きを読む]

受信: 2013.03.06 22:46

« 新作料理?ナポリタン … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮)他 | トップページ | マニアな本の打ち合せ … 焼き鳥「鳥やす本店(とりやすほんてん)」(高田馬場) »