« 瀬戸内の肴に呉の地酒 … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉) | トップページ | 呉酒場さんぽ〆の1軒 … バー「アンカー(ANCHOR)」(呉) »

鉄板カウンターで飲む … お好み焼き「のぶ」(呉)

ネギ焼き(1/4)


 倉嶋編集長と行く呉酒場さんぽ。

 3軒めとして、前に来られたときに店内の様子をのぞき見ただけだった、呉最古のスタンドバー「どん底」を目指しますが、台風の影響か、残念ながら今日はお休み。

 それじゃ、と次に向かったのはお好み焼きの「のぶ」です。せっかく呉(広島)にいらっしゃったんなら、やっぱり鉄板でできたカウンターでも飲んでいただかないとね!

 「のぶ」は、その営業時間が午後5時から、日付けが変わって午前1時までということからもわかるとおり、完全なる酒場。この店で飲んでいない人はいないという、実に呑ん兵衛向きのお好み焼き屋さんなのです。

 「くれえばん」の木戸編集長、菅原さんと4人で、鉄板カウンターの角を挟むように座り、酎ハイ(アサヒの樽ハイ、400円)をもらって乾杯。つまみにはネギ焼き(600円)とトロロ焼き(700円)を、それぞれ1人前ずつもらって、4つに分けてもらいます。

 こういう注文を聞いてもらえるのも、呑ん兵衛にはありがたいところ。少量ずつ、いろんな肴をつまみながら飲みたいですからね。

 ネギ焼きは、薄く広げた生地に、刻みネギをたっぷりとのせて焼き上げた、ネギだけのお好み焼きで、実はこれが広島焼きの元祖。

 現在は、具材が何層にも重なっているのが大きな特徴の広島焼きですが、終戦直後は、広島で盛んに栽培されていたネギが主たる具材だったんだそうです。その後、ネギが値上がりしたため、より安価だったキャベツへと、具材の主役が交代していったのでした。

 トロロ焼きは、注文を受けてからすりおろした山芋に、刻みネギを混ぜて、そのまま鉄板で焼き上げた一品。仕上げにのせる大量の削り節がウネウネと踊ります。アツアツ、フワフワ、トロトロの食感がいいですね!

 鉄板料理以外にも、いつも何品かの肴が用意されている「のぶ」。今日はなんと小イワシ刺身を出してくれました。さすが旬ですね!

120619d 120619e
トロロ焼き / 小イワシ刺身

店情報前回

《平成24(2012)年6月19日(火)の記録》

|

« 瀬戸内の肴に呉の地酒 … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉) | トップページ | 呉酒場さんぽ〆の1軒 … バー「アンカー(ANCHOR)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/55330683

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄板カウンターで飲む … お好み焼き「のぶ」(呉):

» 老舗酒場で電氣ブラン … 居酒屋「どん底(どんぞこ)」(呉)他 [居酒屋礼賛]
 男3人でめぐる呉酒場。2軒目は「関白」のとなりのとなり。「どん底」です。  「どん底」の創業は昭和28(1953)年。現在は、昭和4(1929)年生まれの女将が、ひとりで切り盛りされています。  ゆったりと広く造られた店内で、女将さんが語ってくれる、呉の酒場の昔話を聞きながら、Kさんはフォアローゼスをロックで。Uさんと私は竹鶴17年をロックでいただきます。  どっしりと重厚で、あたたかなぬくもり... [続きを読む]

受信: 2012.08.06 07:00

« 瀬戸内の肴に呉の地酒 … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉) | トップページ | 呉酒場さんぽ〆の1軒 … バー「アンカー(ANCHOR)」(呉) »