« 知る人ぞ知る隠れ定番 … お好み焼き「のぶ」(呉) | トップページ | 冷奴をつまみに燗の酒 … そば処「平原(ひらはら)」(呉)他 »

瀬戸の小魚に始まって … 居酒屋・食事「せとや」(呉)

小イワシ刺身とアジ南蛮漬け


 今日も今日とて、会社の仲間10人ほどで集まって宴会です。会場は「せとや」。看板には『居酒屋・食事』と書かれていて、定食もあり、酒もあり、そして宴会も可能というマルチパーパスな食事処です。

 1階はカウンター席とテーブル席で、ひとり客が食事をしていたり、少人数のグループ客が飲んでいたりします。2階が座敷の宴会場で、最大40人くらいまでの宴会が可能。

 今日は2,500円の食事に、1,500円で2時間飲み放題が付いた、4千円のコースを選択。

「瀬戸の小魚があったらぜひお願いします」

 と事前にお願いしていたら、最初の料理として小イワシの刺身と、アジの南蛮漬け、イサキの煮付けを出してくれました。

 このあたりの南蛮漬けは、焼いたり、煮付にしたりするのと同じ魚を、丸ごと1尾、南蛮漬けにすることが多く、とても食べごたえがあって、いいつまみになるのです。

 アジの他にも、メバルや、小型のタイなどの丸ごと南蛮漬けが美味しかったなあ。

 飲み物のほうは生ビールでの乾杯から始まって、私はすぐに燗酒に移行。燗酒のシーズンは重陽の節句(9月9日)から、桃の節句(3月3日)までと言われますが、呉の酒飲みには、年中いつでも燗酒を飲む人も多いのです。私も燗酒が好きなので、季節に関係なく燗酒を飲むことが多いのでした。

 続いて出された大皿には、枝豆や玉子焼き、串カツ、ポテトフライ、さらにはスイカまで盛り合されていて、あちこちに席を移動しながら、ちょいとつまむのにちょうどいい。

 飲み放題のほうは、焼酎を選択する人が多いようで、焼酎のボトルと水・氷、ポットのお湯などは、最初から壁際のテーブルにドンと置かれていて、自由に注いでいいようになっています。

 〆は、なんとざるそば。うどん文化圏の呉で、そばが出てくるのは珍しいかも。きっちりと満腹になって、宴席を終えました。

120629a 120629b 120629c
小イワシ刺身 / 大皿料理 / 〆のざるそば

店情報前回

《平成24(2012)年6月29日(金)の記録》

|

« 知る人ぞ知る隠れ定番 … お好み焼き「のぶ」(呉) | トップページ | 冷奴をつまみに燗の酒 … そば処「平原(ひらはら)」(呉)他 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/55387762

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸の小魚に始まって … 居酒屋・食事「せとや」(呉):

« 知る人ぞ知る隠れ定番 … お好み焼き「のぶ」(呉) | トップページ | 冷奴をつまみに燗の酒 … そば処「平原(ひらはら)」(呉)他 »