« 〔くれ便り〕 広島駅1番ホーム2号うどん売店 | トップページ | 新作料理?ナポリタン … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮)他 »

東京に着くともつ焼き … もつ焼き「ホルモン」(沼袋)

アブラ、テッポウ、シロ、レバ(たれ焼き)


 呉(広島県)を午後1時前に出発すると、西武新宿線・沼袋駅に到着するのは午後7時前。もつ焼き「ホルモン」に入ります。

 呉をはじめとする地方都市で、ほとんど見かけないのが、豚の内臓肉の串焼きなどを食べさせてくれる“もつ焼き屋”。

 だから東京に帰ってくると、まずまっ先に行きたいのが、もつ焼き屋なのです。

 焼き台を挟んで平行に伸びる2列カウンターの一角に陣取って、サッポロラガービール大瓶(500円)とお新香(110円)をもらい、レバ、アブラ、ヒモ、テッポウ(各110円)のタレ焼きを注文します。

 アブラはヒモ(腸)のまわりに付いた脂肪の部分。プルンとしたやわらかさと、脂肪ならではの甘みが特徴で、タレ焼きでも塩焼きでもおいしい一品。テッポウは直腸です。

 平成24年7月から、生食用の牛レバの販売・提供が禁止されたので、多くのもつ焼き屋でも、豚レバの生やレアでの提供を自粛中。何かあったときに、すぐに「では豚レバも」という話になりかねないからだそうです。

 今回の禁止は牛レバだけで、豚や鶏の生レバは大丈夫と思っていたのに、残念ながら、そういうわけにもいかないようですね。

 「商品にして売るほどはないから」と出してくれたのは、卵付きのコブクロ、ハツ下、タン下の3本。それぞれコブクロ、ハツ、タンの親戚的な部位ながら、ちょっとの違いで食感や味わいが大きく異なるのがおもしろい。

 さらに焼酎(230円)を梅割りでもらって、カシラ、ナンコツ、オッパイ(各110円)を塩焼きで追加。カシラは豚の頭部の肉。ナンコツは食道軟骨とその周辺の肉、オッパイはその名のとおり豚の乳房です。

 それぞれの部位に、それぞれの部位ならではの食感(弾力感)や旨み、香りがあるのが、もつ焼きのいいところなんですよねぇ。

 1時間ちょっとのもつ焼きタイム。お勘定は1,610円でした。どうもごちそうさま。

120721d 120721e 120721f
「ホルモン」 / ビールとお新香 / 卵付きコブクロ、ハツ下、タン下(塩焼き)

120721g 120721h
焼酎梅割り / ナンコツ、カシラ、オッパイ(塩焼き)

店情報前回

《平成24(2012)年7月21日(土)の記録》

|

« 〔くれ便り〕 広島駅1番ホーム2号うどん売店 | トップページ | 新作料理?ナポリタン … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮)他 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/55461722

この記事へのトラックバック一覧です: 東京に着くともつ焼き … もつ焼き「ホルモン」(沼袋):

» 近所のもつ焼き屋巡り(2) … もつ焼き「ホルモン」(沼袋) [居酒屋礼賛]
 野方(のがた)をあとに、となり駅の沼袋(ぬまぶくろ)まで移動。今日の2軒目は、東京オリンピックと同じ年、昭和39(1964)年にこの地に創業した、もつ焼きの老舗、「ホルモン」です。  店の表に面した焼き台を挟むように、向いあって2列平行に並ぶカウンターの一角に腰をおろし、いつものように、まずまっ先に焼酎(230円)とお新香(110円)を注文。  焼酎は、冷蔵庫で冷やしている一升瓶のサッポロ焼酎。... [続きを読む]

受信: 2013.03.07 22:40

« 〔くれ便り〕 広島駅1番ホーム2号うどん売店 | トップページ | 新作料理?ナポリタン … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮)他 »