« 噛まんでええチーズ? … ビヤハウス「オオムラ亜(おおむら・あ)」(呉)他 | トップページ | 知る人ぞ知る隠れ定番 … お好み焼き「のぶ」(呉) »

平日はコースがお得! … 伊酒屋「ヴェッキオ(Vecchio)」(呉)他

地鶏のアルフォルノ


 店の真ん中にデンと据えられた薪釜で、ピッツァや、季節の食材を焼いてくれる伊酒屋「ヴェッキオ」。“伊酒屋”と銘打っているとおり、それらの料理を肴に、ワインやカクテル、焼酎、日本酒などをグイグイと楽しめるお店でもあります。

 そんな「ヴェッキオ」。前回もご紹介したとおり、平日(月~木)は、コース料理+2時間飲み放題が4千円という、とてもお得なコースを設定してくれています。

 今日は仕事関係のメンバー10人ほどで、その4千円コースで懇親会です。

 まずは生ビールをもらって乾杯すると、最初の料理はこの季節ならではの焼き枝豆。枝付きの枝豆を、そのまま薪釜で焼いて、仕上げにサッと塩をふっただけのシンプルな料理ながら、枝豆のうま味がどこにも逃げ出すことなく、ギュッと凝縮されているので、口の中に入れた時のコクが、ゆでた枝豆とはまるで違うんですね!

 さらにはカルパッチョやパスタ、ピッツァなどなど、「ヴェッキオ」ならではの自慢の料理が続き、セコンド・ピアット(メイン)として出してくれたのは、薩摩地鶏の骨付きもも肉を焼き上げた「地鶏のアルフォルノ」。これまたワインが進む一品ですねぇ。

 この平日だけの飲み放題付き4千円コース。何度も利用させてもらってますが、ものすごくおすすめだと思います。

 「ヴェッキオ」を出たところで解散し、東京から出張で来ている何人かのメンバーと一緒に「どん底」へと向かいます。

 ど~んと広くて重厚なカウンター席に、ずらりと並んで座り、いつもの「竹鶴17年」をロックでいただきます。他のみんなも、同じく「竹鶴17年」のロック。

 これほど毎回「竹鶴17年」を飲ませてもらうのであれば、いっそボトルキープしたほうがいいのかもなぁ、と思った一夜でした。

 お勘定も、これまたいつものようにひとり3千円ほどでした。どうもごちそうさま。

・「ヴェッキオ」の店情報前回) / 「どん底」の店情報前回

《平成24(2012)年6月26日(火)の記録》

|

« 噛まんでええチーズ? … ビヤハウス「オオムラ亜(おおむら・あ)」(呉)他 | トップページ | 知る人ぞ知る隠れ定番 … お好み焼き「のぶ」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/55380894

この記事へのトラックバック一覧です: 平日はコースがお得! … 伊酒屋「ヴェッキオ(Vecchio)」(呉)他:

» 沼袋たつや店主夫妻と … 「のぶ」「富士さん」「どん底」「BAR ANCHOR」(呉) [居酒屋礼賛]
 沼袋「たつや」の店主夫妻(たっつんさん、まるたんさん)と巡る呉酒場。午後8時に、1軒目の「關白」を出て、すでに閉店して片付け中の「オオムラ亜」で、生ビールサーバーをちらりと見せていただいてから、お好み焼きの「のぶ」へ。せっかく広島に来てもらったので、カウンター全体が鉄板でできているお店も見ていただこうという考えです。  ただし、明日の昼、お好み焼きを食べる予定が入っているので、今日はトロロ焼きと... [続きを読む]

受信: 2012.10.23 08:00

» 東京から妻が出てきて … 伊酒屋「ヴェッキオ(Vecchio)」(呉) [居酒屋礼賛]
 東京から妻がやってきて、夕食は伊酒屋「ヴェッキオ」に向かいます。  平成19(2007)年にPANビル内に開店したこの店は、呉生まれの店主・古家裕隆(ふるや・ひろたか)さんご自身が酒好きということもあって、『居酒屋のような気楽さで楽しめるイタリアン・レストラン』というのがコンセプト。店名に“伊酒屋”と冠してあるところからも、その心意気がうかがえます。  お店の大きな特徴のひとつが、店内にでんと据... [続きを読む]

受信: 2012.12.25 21:34

« 噛まんでええチーズ? … ビヤハウス「オオムラ亜(おおむら・あ)」(呉)他 | トップページ | 知る人ぞ知る隠れ定番 … お好み焼き「のぶ」(呉) »