« 鯉を肴に取材を受ける … 鯉とうなぎの「まるます家(-や)」(赤羽) | トップページ | 平日の早い時間帯でも … バー「ロックフィッシュ(ROCK FISH)」(銀座) »

新装開店して支店まで … 立ち飲み「いこい」(赤羽)

立ち飲み「いこい」


 「まるます家」で、『酒都を歩く』の取材を終えたのが午後1時過ぎ。「せっかくの赤羽なので、もう1軒行きましょう!」と二人で向かったのは、立ち飲みの「いこい」です。

 ものすごく久しぶり(4年ぶり)にやってきた「いこい」は、すっかりリニューアルされて、小ぎれいなお店になっています。

 後ほど調べた「いこい」の公式サイトによると、今年(2012年)の1月11日、午前11時に新装開店したんだそうです。

 しかも、以前からあるこの「いこい」が本店で、すぐ近くに支店もできています。

 ここ「いこい」を改装するのにあたって、その工事期間中に移転して営業していた店舗を、そのまま残して支店とし、新装開店した元の店舗を本店としたもののようです。

 今いる本店は午前11時から、夜10時までの営業で日祝定休。支店のほうは朝7時からの営業で無休。ただし閉店時間が日祝だけ違っていて、月~土は夜10時まで、祝日は夜9時半まで、日曜日は午後2時までと、日曜日だけちょっと短くなっています。

 「いこい」と言えば、池袋の「ふくろ」と並んで、朝7時から飲めるのが特長の人気酒場。この特長は支店のほうが継いでいます。

 そして、もうひとつの大きな特長が、値段が安いこと。これは新装開店した今も変わってませんねぇ。なにしろ刺身を含むつまみ類は、ほぼ1皿110~130円ですもんねぇ。

 まずはホッピーと酎ハイ(250円)をもらって乾杯し、つまみはマグロ刺身や、もつ煮込みをもらって、支払いはその場でキャッシュ・オン・デリバリー(品物と交換払い)。千円もあればしっかりと飲み食いできる、センベロの雄のような立ち飲み屋なのです。

 「いこい」を出たところで、まだ午後2時20分。赤羽駅から京浜東北線に乗り込んで、都心部の酒場を目指しますが、あまりの暑さと、ほろ酔いによる眠気に、新橋駅のホームで断念。山手線経由で帰路に着いたのでした。

120725d 120725e 120725f
マグロ刺身、もつ煮込み / 豚大根煮、おひたし / 〆サバ

店情報前回

《平成24(2012)年7月25日(水)の記録》

|

« 鯉を肴に取材を受ける … 鯉とうなぎの「まるます家(-や)」(赤羽) | トップページ | 平日の早い時間帯でも … バー「ロックフィッシュ(ROCK FISH)」(銀座) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/55583258

この記事へのトラックバック一覧です: 新装開店して支店まで … 立ち飲み「いこい」(赤羽):

» 刺身を肴に燗酒を飲む … 立ち飲み「いこい支店」(赤羽) [居酒屋礼賛]
 一時帰国して二日目。(一時帰国までの出来事については、ブラジルブログ「MUITO BRASIL(ムイント・ブラジウ)」をご笑覧ください。)  ブラジルでの就労ビザ取得のために必要な無犯罪証明書を取得するため、桜田門の警視庁に行って、申請手続き完了後、昼前に赤羽に移動。  「まるます家」での昼酒をねらっていたのですが、その「まるます家」は、今週に限って火曜日も休み(普段は月曜定休)。う~む。日ごろ... [続きを読む]

受信: 2014.12.09 16:18

« 鯉を肴に取材を受ける … 鯉とうなぎの「まるます家(-や)」(赤羽) | トップページ | 平日の早い時間帯でも … バー「ロックフィッシュ(ROCK FISH)」(銀座) »