« 店情報: 立ち呑み「脱藩酒亭(だっぱんしゅてい)」(新橋) | トップページ | 〔お知らせ〕 読売オンライン『酒都を歩く』でご紹介いただきました »

廣島呉藩・新橋浪人店 … 立ち呑み「脱藩酒亭(だっぱんしゅてい)」(新橋)

タコ刺しと夏にごり


 今日の2軒目は、夏休み前から『この夏休み中に、ぜひ行ってみよう』と心に決めていた、新橋の立ち飲み屋、「脱藩酒亭」です。

 「脱藩酒亭」は、酒王「千福」で知られる呉市の三宅酒造が新橋に、2011年1月に開店した立ち飲み店。正式には「廣島呉藩 立ち呑み 脱藩酒亭 新橋浪人店」という長い名称。

 一度行ってみなければ、と思いながら、なかなか新橋に出かける機会がないまま、1年半がたってしまったのでした。

 店は烏森神社の参道を抜け、階段の左側の路地を左に折れた先にありました。

 小さな店内は、両側の壁際と奥に立ち飲みカウンターがある、逆コの字タイプ(コの字の内側が立ち飲みスペース)。一番奥が小さな厨房になっているようです。

 そのカウンターの一角に立ち、まずはハートランドビール(450円)から始めます。

 店内には先客が3人ほど。その3人は呉出身で東京在住の人の様子。六日ぶりくらいに聞く呉弁が、なんだかとても懐かしい感じ。

 ビールを飲み干したところで、「千福・夏にごり」(1合400円)と、つまみにはタコのさしみ(450円)をもらいます。

 仕事を終えた男前H氏や、先ほど銀座「ロックフィッシュ」を出るころに、入れ替わりで入ってこられたゆりちゃんと、ライターで小岩「野暮酒場」の店主でもあ田之上信(たのうえ・まこと)さんのお二人も、来てくれて合流。

 東京の呉酒場は、もっと『呉だぞ!』ということを前面に打ち出した酒場かと思いきや、意外と普通でちょっと拍子抜け。つまみに“がんす”(300円)があるのと、カウンター上の調味料として、呉産の激辛ペッパーソース「荒くれモン」があるのが呉らしいところかな。鶏皮のみそ煮とか、スープ豆腐、鯛のあら煮なんかを置いてくれると、とってもうれしいんだけどなぁ。

 でも最後にいただいた大吟醸酒「王者」(700円)は、すごくおいしかったです。

店情報

《平成24(2012)年7月26日(木)の記録》

|

« 店情報: 立ち呑み「脱藩酒亭(だっぱんしゅてい)」(新橋) | トップページ | 〔お知らせ〕 読売オンライン『酒都を歩く』でご紹介いただきました »

コメント

ここ、行ってみたいと思っていたんです!
先日お世話になった呉の夜を思い出しに、近々行ってみます。あんまり呉呉してないようですが(笑)

投稿: uchidaholic | 2012.09.10 22:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/55626643

この記事へのトラックバック一覧です: 廣島呉藩・新橋浪人店 … 立ち呑み「脱藩酒亭(だっぱんしゅてい)」(新橋):

» 熱々ガンスで夏にごり … 立ち呑み「脱藩酒亭(だっぱんしゅてい)」(新橋) [居酒屋礼賛]
 揚げたて熱々の「生がんす」(450円)である。  「がんす」というのは、広島県で生産されている魚肉練り製品のひとつ。  「かまぼこ」の原料と同じような魚のすり身に、刻んだ玉ネギなどの野菜や、一味唐辛子などを混ぜて、長方形に成形し、パン粉を付けて揚げたもの。  パッと見には、平天のカツのような感じなんだけど、玉ネギや唐辛子が入っているので、口に入れると、ピリッと辛みを感じたり、ふんわりと玉ネギの甘... [続きを読む]

受信: 2016.08.04 22:42

« 店情報: 立ち呑み「脱藩酒亭(だっぱんしゅてい)」(新橋) | トップページ | 〔お知らせ〕 読売オンライン『酒都を歩く』でご紹介いただきました »