« 〔お知らせ〕 読売オンライン(後編) & 週刊SPA! | トップページ | 午前11時に集合して … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(立石) »

築地「ねこ屋」から神保町「兵六(ひょうろく)」へ

「庭のうぐいす」(スパークリング)


 銀座「ロックフィッシュ」、新橋「脱藩酒亭」と飲みすすみ、今日の3軒目は、酒友・H氏とともに築地「ねこ屋」です。

 「ねこ屋」の創業は平成20(2008)年3月。その翌年に現在の場所に移転し、今に至っています。半地下の店内は、入口すぐのところにテーブル席(1卓5席)があり、その奥に10席分のL字カウンターがある造り。女将・市川真理さんが一人で切り盛りされています。

 女将は看護婦さんでもあり、自らも酒場ファン。「ねこ屋」を開店する前は、一緒に飲み歩きをさせていただいたこともありました。

 もともと料理好きだったこともあり、「ねこ屋」は女将の手作り料理と、日本各地の地酒が楽しめるお店になっています。

 現在は女将のご都合により、水・木・金だけの営業(18時~23時30分)となっていますので、ご注意ください。満席状態が続く人気店ですので、電話で状況を確認してから向かうことをおすすめします。

 4軒目は神保町に移動して「兵六」です。

 「兵六」は昭和23(1948)年創業の老舗酒場。創業者・平山一郎氏は鹿児島出身で、創業したときから、焼酎を前面に押し出した酒場だったというから驚きます。

一.清酒は地酒の二級酒に限り特級や一級酒は絶対に置かぬ事。

一.洋酒、泡盛等は御遠慮申上げる事。

一.日本の代表的な酒である蒸留酒の焼酎を皆に再評価して頂く様大いに宣伝する事。

 これが、平山一郎氏が定めた3条項です。

 今でこそ、全国各地で愛飲されている焼酎ですが、当時の焼酎はかなりクセもあったので、好き嫌いが激しかったでしょうねぇ。

 今日も芋焼酎「薩摩無双」(650円)を湯割りでもらい、お新香を肴にいただきます。

 冷房も扇風機も電話もなしというのが「兵六」の大きな特徴だったのですが、このところのあまりの猛暑に耐えかねて、ついにエアコンを導入されたそうです。

120726a 120726b 120726c
「ねこ屋」手取川 / ねこ薩摩揚げ / なす

120726d 120726e 120726f
「兵六」 / 薩摩無双(湯割り) / お新香

・「ねこ屋」の店情報前回) / 「兵六」の店情報前回

《平成24(2012)年7月26日(木)の記録》

|

« 〔お知らせ〕 読売オンライン(後編) & 週刊SPA! | トップページ | 午前11時に集合して … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(立石) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/55717221

この記事へのトラックバック一覧です: 築地「ねこ屋」から神保町「兵六(ひょうろく)」へ:

» 薩摩無双をお湯割りで … 「兵六(ひょうろく)」(神保町) [居酒屋礼賛]
 京成立石をあとに、押上(おしあげ)で地下鉄・半蔵門線に乗り換えて神保町(じんぼうちょう)へ。今日の3軒目は昭和23(1948)年創業の老舗酒場、「兵六」です。  金曜午後8時前の店内は、ゆるやかに満席状態ですが、コの字カウンターの奥のほうの人たちが、ちょっとずつ詰め合わせてくれて、そこに入ることができました。  この店のカウンター席は、2本の丸太が並んだベンチシート的な造り。込んでくると、ちょっ... [続きを読む]

受信: 2013.03.03 10:40

» 5年間、ありがとう! … 「ねこ屋(ねこや)」(築地) [居酒屋礼賛]
 築地の人気居酒屋「ねこ屋」が、2013年2月22日(金)をもって閉店するというお知らせをいただいて、閉店前にぜひ一度うかがっておきたいということで、今日は「ねこ屋」にやってきました。  カウンター席の真ん中あたりに腰を下ろし、おばんざいの五品盛り(1,300円)をもらって、20種類ほどの日本酒(各800円)の中から選んだ本日の1杯めは、福井の「越前岬」(純米吟醸生)です。  「ねこ屋」の女将、ま... [続きを読む]

受信: 2013.04.25 00:40

« 〔お知らせ〕 読売オンライン(後編) & 週刊SPA! | トップページ | 午前11時に集合して … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(立石) »