« 〔くれ便り〕 第5回 呉酒まつり(10/26~27)のお知らせ | トップページ | 瀬戸内名物タコ天ぷら … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉)他 »

54周年と成田一徹さん … バー「露口(つゆぐち)」(松山)

「あの店に会いに行く」


『露口朝子さん手ずからの「サマークイーン」である。ジンをベースにホワイトキュラソー、フレッシュのグレープフルーツとレモン少々をシェイク、ミントチェリーを沈め、ペパーミントの葉を飾る。1981年のサントリー・トロピカルカクテル・コンテストのグランプリ受賞作。日本のまとわりつくような景気を一気に鎮める力強さがある。なおかつその爽やかさは穏やかに体にしみる。名作である。「バー露口」の看板メニューのひとつだが、普段はもっぱら主の露口貴雄さんがつくる。この日は特別に作者である朝子夫人にお願いした。』

 成田一徹さんの近著「あの店に会いに行く」(2012年2月)の中の、バー「露口」紹介記事の冒頭部分です。『「坂の上の雲」の街で「夫唱婦随」に会う』と題されています。

 もちろん、成田さんならではの切り絵付き。カクテルを作る朝子さんが描かれています。

「そっくりじゃねぇ」と声をかけると、

「ほうじゃろ。細かいとこまで切り絵じゃけんねぇ。すごいわい」と笑う朝子さん。

 お盆休みに松山市内の実家に帰省し、今日は旧友たちと「露口」に飲みに来ています。

 実は今日、8月15日が「露口」の開店記念日。昭和33(1958)年の創業なので、今日で54歳になりました。

 飲み物はもちろん、名物、角のハイボール。

『8オンスのタンブラー、50mlのサントリー角。2コの氷にタンサン。レモンピールはなし。濃くて頑な男っぽいハイボールである。』

 と、これも「あの店に会いに行く」の中の成田さんの文章。切り絵のみならず、文章もすばらしいのが、成田さんならではです。

 それにしてもこのときは、ほんの2か月後に、その成田さんが急逝されるなんて、想像すらできなかったなぁ……。(合掌)

 日付けが変わる午前0時が、バー「露口」の閉店時刻。55年目となる、これからの1年も、引き続きよろしくお願いいたします。

120815a 120815b 120815c
角ハイボール / 54周年コースター / 濃いめの角ハイボール缶

店情報前回

《平成24(2012)年8月15日(水)の記録》

|

« 〔くれ便り〕 第5回 呉酒まつり(10/26~27)のお知らせ | トップページ | 瀬戸内名物タコ天ぷら … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉)他 »

コメント

昨日、ロックフィッシュでハイボールを飲みながら「あの店に会いに行く」を。
しんみりといただきました。

投稿: uchidaholic | 2012.10.30 06:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/56000266

この記事へのトラックバック一覧です: 54周年と成田一徹さん … バー「露口(つゆぐち)」(松山):

» 濃いハイボールがいい … バー「露口(つゆぐち)」(松山)ほか [居酒屋礼賛]
 8オンス(240ml)のタンブラーに、サントリー角瓶を50mlと氷を2個。ソーダ(炭酸水)を満たし、やわらかく上下にステアすると、ウイスキーの琥珀色がはっきりと出た、濃い味わいをもつ、「露口」ならではの角ハイボールができあがります。  このところ、いろんなお店で出される角ハイボールは、10オンス(300ml)のタンブラーで、ウイスキーは30ml。  タンブラーの容量とウイスキーの量の割合は、「露... [続きを読む]

受信: 2014.12.13 15:11

« 〔くれ便り〕 第5回 呉酒まつり(10/26~27)のお知らせ | トップページ | 瀬戸内名物タコ天ぷら … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉)他 »