« 大衆食堂でハイボール … 「ゑびす屋食堂」(立石) | トップページ | 店情報: 「野暮酒場(やぼさかば)」(小岩) »

酒もよし!肴もよし! … おでん「二毛作(にもうさく)」(立石)

西村さんと日高さん


 立石での3軒目は、平成19(2007)年創業の若き人気店、「二毛作」です。平行カウンター10席に、小さなテーブル席1卓4席の狭い店内は、いつ行っても満席状態です。

 もともとは「丸忠蒲鉾店」が昼の営業を終えたあと、夜の部として、おでんを売る酒場を開いたので、「二毛作」という店名だったのですが、5年前に今の場所に店舗を構えて、本格的な酒場としての営業が始まりました。

 今はおでん以外の料理も大人気で、飲み物の品揃えもいい。店を切り盛りしている日高寿博さん(写真右)と西村浩志さん(同左)の存在も、女性客が多い理由なんでしょうね。

 ライムの代わりに、スライストマトが入ったジントニックである「イマちゃんハイ」(400円)をもらって乾杯し、つまみには、この店ならではの「おでんのトマト」(400円)や「青のりのおでん」(200円)に加えて、日替わりの手書きメニューからは「生本マグロ刺」(800円)と「カツオのタタキ」(700円)を選ぶと、そのマグロやカツオのすばらしいこと! これは日本酒ですね!

 ちなみにその他の今日のメニューには、マグロの二色山かけ(500円)、徳島産・岩ガキ(800円)、北海道・うに刺(950円)、青柳刺・なめろう(700円)、地だこの桜煮(800円)に加えて、冷奴(250円)、フルーツトマトのカプレーゼ(600円)、しじみの味噌汁(300円)、カリーライス(500円)、うでん(=おでんの出汁で作ったうどん、700円)もラインナップされています。

 この今日のメニュー以外に、定番メニューとして、30種類以上の品数を誇るおでん(各100~200円)や、牛すじ煮込み(400円)、自家製ぬかづけ(300円)、世界のナチュラルチーズ(ハード、セミハード、白カビ、青カビ、ウォッシュなど。単品400円・盛り合せ800円)などもあって、メニュー選びに迷います。

 1時間半ほどの滞在。お勘定は5人で1万円(ひとり2千円)でした。どうもごちそうさま。

120728m 120728n 120728o
「二毛作」 / おでん鍋 / お通しのブリ大根煮

120728p 120728q 120728r
イマちゃんハイ / カツオのタタキ / おでんのトマト

120728s 120728t 120728u
青のりのおでん / 発泡薄にごり酒 / 生本マグロ刺

店情報前回

《平成24(2012)年7月28日(土)の記録》

|

« 大衆食堂でハイボール … 「ゑびす屋食堂」(立石) | トップページ | 店情報: 「野暮酒場(やぼさかば)」(小岩) »

コメント

おでんの出汁で作った饂飩、おいしそうです。牛すじも入っているのですか?

投稿: 仙台おおぽん | 2012.10.02 19:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/55792207

この記事へのトラックバック一覧です: 酒もよし!肴もよし! … おでん「二毛作(にもうさく)」(立石):

» 汁が絶品!カキおでん … 「二毛作(にもうさく)」(立石) [居酒屋礼賛]
 もつ焼きの老舗、「宇ち多゛」を出ると、その筋向いにあるのが「二毛作」。  あれっ。こんな時間(金曜の午後6時半)なのに、カウンターが2席空いている! 「こんばんは。入れますか?」 「あ、いらっしゃいませ。7時に予約が入っているので、それまでなら大丈夫なんですけど……」と店主の日高さん。 「じゃ、そのあいだお願いします」  やった! 30分だけど、入ることができました。  壁の黒板メニューをさっと... [続きを読む]

受信: 2013.03.02 14:37

« 大衆食堂でハイボール … 「ゑびす屋食堂」(立石) | トップページ | 店情報: 「野暮酒場(やぼさかば)」(小岩) »