« 遠藤哲夫さんにご挨拶 … 「野暮酒場(やぼさかば)」(小岩) | トップページ | きざみ穴子で飲む冷酒 … 立ち飲み「やきや」(荻窪) »

マグロのかけじょうゆ … 「河本(かわもと)」(木場)

マグロのかけじょうゆ


 午後5時ごろ「野暮酒場」を出て、男前H氏と二人で、JR小岩駅経由で木場の「河本」を目指します。

 小岩から見ると、木場は南西の方角にあるのですが、その方面に真っすぐに向かえる路線はなく、逆方向(南東)に西船橋まで行って、そこから地下鉄東西線で西へと向かうのが、早くて楽なコースです。

東京スカイツリー おぉ。木場駅から永代通りを左に折れて、「河本」に向かう道からは、振り返ると真正面に東京スカイツリーが見えるんですね。

 のれんをくぐり、開けっ放しの入口から店内に入ったのは午後6時20分。土曜日は7時までの営業なので、ギリギリ間に合ったって感じですね。

 さっそくホッピー(400円)をもらって乾杯し、煮込み(300円)を注文すると、煮込みはすでに売り切れ。

 ホッピーと煮込みは、この店の2大名物。

 なにしろホッピーが誕生した昭和23(1948)年以来、今日まで、ずっとホッピーを出し続けている酒場なんて、他にはほとんどないんじゃないかなぁ。

 そして煮込みは、牛腸とコンニャクだけの、とてもシンプルな牛もつ煮込み。こってりと濃厚なその味わいは、ホッピーに実にぴったりなのです。本当に残念でした。

 それじゃあ、と煮込みの代わりに注文したのは、“やっこさん”の小(100円)と“かけじょうゆ”(400円)。

 “やっこさん”は冷奴のことで、大(200円)なら1丁、小(100円)なら半丁の豆腐が、お皿でドンと出され、それとは別に醤油と薬味の入った小皿を出してくれます。

 “かけじょうゆ”は、マグロのぶつ切り。“かけじょうゆ”という言葉のとおり、こちらは醤油をかけた状態で出してくれます。

 女将・河本眞寿美(かわもと・ますみ)さんのお元気な様子にひと安心して、お勘定は二人で1,300円。どうもごちそうさま。また来ますね!

120728ag 120728ah 120728ai
「河本」 / ホッピー / やっこさん小

店情報前回

《平成24(2012)年7月28日(土)の記録》

|

« 遠藤哲夫さんにご挨拶 … 「野暮酒場(やぼさかば)」(小岩) | トップページ | きざみ穴子で飲む冷酒 … 立ち飲み「やきや」(荻窪) »

コメント

いつも拝見していて、ついつい「いいね!」ボタンを探してしまいます。
Facebookも登録されていらっしゃるようなので、ぜひ「いいね!」ボタンの設置を検討していただけましたら幸いです。

投稿: 黒猫某 | 2012.10.12 12:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/55868787

この記事へのトラックバック一覧です: マグロのかけじょうゆ … 「河本(かわもと)」(木場):

» 冬はおでんでホッピー … 「河本(かわもと)」(木場) [居酒屋礼賛]
 仲町名物・牛にこみの「大坂屋」を出て、「魚三酒場」の行列を横目で見ながら、永代通りを木場方面へ。  今日の2軒目は「河本」です。  土曜日の「河本」は、のれんは出ていないものの、店内の灯りがちらりと見え、酒場らしいざわざわとした声も聞こえてきます。  入口引き戸を開けて店内に入ると、午後5時20分の店内は7割程度の入り。  「アハハ」と談笑しながら、目顔で飲み物をたずねてくれる女将の真寿美さんに... [続きを読む]

受信: 2013.02.17 17:51

« 遠藤哲夫さんにご挨拶 … 「野暮酒場(やぼさかば)」(小岩) | トップページ | きざみ穴子で飲む冷酒 … 立ち飲み「やきや」(荻窪) »