« やきとん屋として創業 … ジンギスカン焼「關白(かんぱく)」(呉) | トップページ | 西瓜のソルティドッグ … バー「アンカー(ANCHOR)」(呉) »

珍味・鱧の子の煮もの … 小鍋立て「五鉄(ごてつ)」(呉)

珍味・鱧の子の煮もの


 「珍しいものがあるよ」と出してくれたのは、鱧(はも)の子の煮もの。

 小鍋立て「五鉄」では、天然ものの魚しか扱わないので、ときどきこういう珍しい部位が登場するのです。

 今日は仕事仲間と6人で「五鉄」の奥に一間だけある小上がりに入り、掘りごたつ式のテーブルを囲んでいます。

 「五鉄」の店主・蒲原明(かんばら・あきら)さんは、広島での会社勤めを終えた後、生まれ故郷の呉に戻り、8年前(2004年)にこの店を開店しました。

 会社勤めのころから食べ歩きが趣味だった店主は、その趣味を活かして、おいしいものが食べられる店を作ったのでした。

 店内はL字のカウンター席(11席)主体で、それ以外にはこの小上がりがあるだけ。

 小鍋立て「五鉄」という店名からもわかるとおり、店主は池波正太郎の大ファンでもあり、カウンター上や、お手洗いの壁際にある小さな本棚には、池波正太郎の文庫本や、グルメ本、江戸文化本などがずらりと並んでいるほか、メニューにももちろん『小鍋立て(一人前)』という項目があり、しゃも鍋(1,800円)、すき焼き鍋(3,000円)、黒豚鍋(1,300円)、キムチ鍋(1,400円)、レタスしゃぶしゃぶ(1,300円)、地鶏とキノコ鍋(1,800円)、もつ鍋(1,300円)、湯豆腐(500円)、五鉄鍋(冬1,500円)、浅蜊の小鍋立て(夏600円)、かき鍋(冬1,300円)といった料理がそろっています。

 今日は「この店に来るのは初めて」という人もいたので、刺身盛り合せ(時価)に始まって、地鶏(帝釈しゃも)のたたき(800円)、出し巻き玉子(500円)、山芋の鉄板焼(600円)、五鉄焼(お好み焼き風、600円)、地鶏(日向地鶏)の塩焼(700円)などの名物料理をずらりと注文。最後に各人の好みで、ちょっとうどん(うどんの小盛り)か、ミニざる(ざるそばの小盛り)で〆としたのでした。

120802a 120802b 120802c
小鍋立て「五鉄」 / 刺身盛り合せ / 地鶏のたたき

120802d 120802e 120802f
出し巻き玉子 / 山芋の鉄板焼 / 五鉄焼

120802g 120802h 120802i
地鶏の塩焼 / ちょっとうどん / ミニざる

店情報前回

《平成24(2012)年8月2日(木)の記録》

|

« やきとん屋として創業 … ジンギスカン焼「關白(かんぱく)」(呉) | トップページ | 西瓜のソルティドッグ … バー「アンカー(ANCHOR)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/55883191

この記事へのトラックバック一覧です: 珍味・鱧の子の煮もの … 小鍋立て「五鉄(ごてつ)」(呉):

» 『呉の食事処』年末編 … 小鍋立て「五鉄(ごてつ)」(呉) [居酒屋礼賛]
 呉に来てから、年末の仕事納めの日には必ず「五鉄」で納会。  うちの職場は、一緒に仕事を進めてくれている会社のみなさんも含めると、総勢45人くらいのメンバーがいるのですが、今年はその約半数、23人ほどの仕事仲間がメンバーが集まりました。  私自身も、今回の呉での単身赴任生活は今日まで。あっという間の2年9ヶ月でした。  この1ヶ月は、冷蔵庫の中をからっぽにしていかなければならないことなどもあって、... [続きを読む]

受信: 2013.01.06 09:15

« やきとん屋として創業 … ジンギスカン焼「關白(かんぱく)」(呉) | トップページ | 西瓜のソルティドッグ … バー「アンカー(ANCHOR)」(呉) »