« 店情報: そば処「豊年屋(ほうねんや)」(鷺ノ宮) | トップページ | 仕事が終わって横浜へ … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町) »

カツ丼を肴にそば屋酒 … そば処「豊年屋(ほうねんや)」(鷺ノ宮)

カツ丼を肴にそば屋酒


 単身赴任先からの久しぶりの帰宅で、昼は家族と家電製品の買い出しなどで過ごしたあと、夕方になってふらりと飲みに出かけます。

 こっちにいるときは、日曜日の夜となると、“よじかわ”とか“よじあき”などと言いながら、午後4時に開店する「川名」や「秋元屋」に出かけたものですが、明日、横須賀まで出かけないといけないので、今日は深酒せず、なるべく軽めに飲み終えたい。

 そんなときにちょうどいいのが、そば屋の存在です。別に、趣味そばと呼ばれるような、そばやお酒にこだわりぬいたそば屋じゃなくてもかまいません。町場のそば屋でも、軽く飲むことができるのが東京のいいところです。

 今日は、鷺ノ宮駅のすぐ近くにある、出前もしてくれる、ごくごく普通のそば屋、「豊年屋」で、軽く酒食することにしました。

 店内は4人掛けテーブル席3卓に、小上がりに4人掛けの座卓が2卓の計20席。私は小上がりの奥側の座卓の、入口上部に置かれたテレビが見える場所に座り、すぐに注文を取りに来てくれたおかみさんに、ビールと板わさ(400円)をお願いします。

 ビールやお酒は、メニューには載ってないんだけど、そば屋には必ずあるようです。

 すぐに出されたサッポロ黒ラベル中瓶には、「かっぱえびせん」の小皿が添えられます。

 板わさは、飾り切りされた蒲鉾(かまぼこ)が6切れに、斜め切りの鳴門(なると)が2切れ。四角い皿のふちには練りわさびが添えられ、別の小皿で醤油が出されます。

 生(なま)ものを置いていない町場のそば屋にとって、板わさは刺身代わりにもなる品。プリッとした蒲鉾の食感は、ある意味、刺身よりもいいつまみになるかもしれません。

 そば屋のつまみは、元々はそばの具材になるものを流用したものが多くて、この蒲鉾は、おかめそば(700円)の具の一部なんですね。

 この店で、つまみらしい一品というと、この板わさの他には、ちらし天ぷら(1,800円)とお新香(300円)くらいしかありません。しかしながら呑ん兵衛にとっては、そばや丼物だって、そのままつまみになるので大丈夫。私も燗酒とカツ丼(900円)を注文します。

 すぐに出されたのは割子のそば。この店の丼物には、お新香とお吸物が添えられるほか、丼が出る前に、割子のそばが出されるようなのです。北海道産のそば粉で打つというこのそばが、ツルツルっとコシがあって実にいい。

 燗酒は「菊正宗」の1合入りガラス瓶。カツ丼の頭の部分をつまみにチビリチビリ、煮汁の染みたごはんをつまみにチビリチビリ、お新香をつまんでチビリチビリ、さらにはお吸物でチビリチビリとお酒を飲んで、すっかりお酒を飲み干してから、残っているカツ丼をガッツリと食べて〆とします。

 1時間ちょっとの滞在で、お勘定は2,200円。中瓶ビールと燗酒1合で900円だったんですね。ビールが500円、お酒が400円ってとこでしょうか。どうもごちそうさま!

120923a 120923b 120923c
かっぱえびせんとビール / 板わさ(蒲鉾と鳴門) / 燗酒は「菊正宗」

120923d 120923e 120923f
丼物につく割子そば / カツ丼が出される / 汁がしみたご飯もうまい!

店情報

《平成24(2012)年9月23日(日)の記録》

|

« 店情報: そば処「豊年屋(ほうねんや)」(鷺ノ宮) | トップページ | 仕事が終わって横浜へ … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/56163176

この記事へのトラックバック一覧です: カツ丼を肴にそば屋酒 … そば処「豊年屋(ほうねんや)」(鷺ノ宮):

» 2012年、納の酒場 … 「まるます家(-や)」(赤羽)ほか [居酒屋礼賛]
 2012年、納(おさめ)の酒場としてやってきたのは、赤羽の「まるます家」です。  午後6時過ぎの「まるます家」には、おなじみの店頭の行列こそないものの、店内はほぼ満席状態。かろうじて空いていた、ダブル「コ」の字の、向かって左側の、左奥隅の部分に、なんとか座ることができました。  まずは生ビールの小(350円)をもらって、このところのお気に入りの一品、「鯉のうま煮」(800円)を注文します。  鯉... [続きを読む]

受信: 2013.01.09 21:58

« 店情報: そば処「豊年屋(ほうねんや)」(鷺ノ宮) | トップページ | 仕事が終わって横浜へ … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町) »