« 鰻だけでは終わらない … 屋台「八起(やおき)」(呉)ほか | トップページ | 瀬戸の小魚を唐揚げで … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉) »

呉の三大老舗大衆食堂 … 「森田食堂(もりたしょくどう)」(呉)

名物・湯豆腐


 大正2(1913)年創業の「森田食堂」、戦後すぐに創業した「くわだ食堂」、そして昭和45(1975)年ごろに、それ以前から親戚がやっていた「やすよ食堂」の跡を継ぐ形で創業した「お食事処 寿」の3軒が、現在の呉に残っている三大老舗大衆食堂だと思います。

 3軒、それぞれにキラーコンテンツ(決め手となる特長)があるのがおもしろい。

 最老舗、「森田食堂」のそれは、うま味たっぷりのイリコ出汁(だし)。この出汁が、名物・湯豆腐(300円)、薄く黄金色に透き通る中華そば(400円)のスープ、うどんの汁(つゆ)などなどに使われます。

 湯豆腐は、湯豆腐という名称ながら実はスープ豆腐。刻みネギとトロロ昆布がトッピングされ、薄い醤油味に、一片いれられた柚(ゆず)の皮の風味が引き立ちます。

 その湯豆腐をつまみに、今日のお酒は「華鳩」の吟醸生酒に、「千福」の生貯蔵・爽やか冷酒。どちらも300ml瓶で600円なり。

 一緒にやってきた後輩は、食べ終わった中華そばスープにごはんを投入して、簡単おじやに。これも絶対おいしいだろうなぁ。

 「くわだ食堂」の決め手は、なんといってもその品数の多さでしょうか。ざっと40品ほどの料理が並んでいて、しかもハズレがなくて、どれを取ってもおいしい。魚の種類が多いのも大きな特長ですね。

 「お食事処 寿」に行くと、いつも手に取ってしまうのが煮魚。鯛(たい)のカブト煮や、サバ煮つけなど、どれを取ってもいいつまみになる。魚の味をうまく引き出す薄味がいいんでしょうね。うんと鮮度がいい魚じゃないと、こんな薄味では出せません。

 さて「森田食堂」。後輩の食欲につられて、おかずをいろいろと食べたせいか、もうご飯ものや麺類は入りそうにない。

 自慢のダシを使った、野菜たっぷりの野菜スープ(350円)をいただいて、本日の〆としたのでした。このスープもうまいなぁ!

120911a 120911b 120911c
「華鳩」吟醸生酒 / かつおのたたき / さばの煮つけ

120911d 120911e 120911f
中華そば / まず麺を食べ / 残ったスープにご飯を投入

120911g 120911h 120911i
「千福」生貯蔵・爽やか冷酒 / 出汁の効いたみそ汁 / 野菜スープ

・「森田食堂」の店情報前回

《平成24(2012)年9月11日(火)の記録》

|

« 鰻だけでは終わらない … 屋台「八起(やおき)」(呉)ほか | トップページ | 瀬戸の小魚を唐揚げで … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/56101229

この記事へのトラックバック一覧です: 呉の三大老舗大衆食堂 … 「森田食堂(もりたしょくどう)」(呉):

» 呉の三大大衆食堂巡り … 「森田食堂(もりたしょくどう)」(呉)ほか [居酒屋礼賛]
 旅行好き、居酒屋・バー好きで、太田和彦さんの「居酒屋味酒覧」掲載店もほぼ制覇したという、愛知県在住のKさんが来呉され、一緒に呉の酒場を巡ります。  Kさんは昨夜から広島にいらっしゃっていたのですが、私に仕事関係の飲み会が入っていてご一緒することができず、一夜明けて今日、呉で飲むことになったのでした。  朝9時に呉駅前で待ち合わせて、まず向かったのは、朝6時から開店している、お酒も飲める大衆食堂、... [続きを読む]

受信: 2012.12.31 14:02

« 鰻だけでは終わらない … 屋台「八起(やおき)」(呉)ほか | トップページ | 瀬戸の小魚を唐揚げで … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉) »