« 自分の好みの食べ方で … 「くわだ食堂」(呉) | トップページ | 呉で飲むならこんな店 … おでん「迷亭(めいてい)」(呉)ほか »

焼きめしの具材は牛肉 … 「くわだ食堂」(呉)

焼きめし


 呉の酒場には、焼きめしがメニューに載っているところが多い。けっして炒飯(チャーハン)ではなくて、必ず焼きめしなんですね。

 ここ「くわだ食堂」にも焼きめし(500円)があって、丼ものなどと同じように、注文を受けてから作ってくれます。

 ピリッと胡椒が効いたスパイシーな焼きめしの大きな特徴は、具材として牛肉が使われていること。ファンが多い人気の一品です。

 昨夜は会社関係の飲み会で、遅くまで飲んだので、土曜日の今日は昼前に起きだして、ゆっくりと「くわだ食堂」にやってきました。

 遅めの朝食も兼ねた昼食は、ビール(キリン秋味大瓶550円)と、年中ある定番メニューの煮しめ(250円)でスタートです。

 同じ会社のとなりの部署に、「くわだ食堂」の常連・Kさんがいて、そのKさんに、「くわだ食堂」のおすすめ料理(Kさんがいつも食べる料理)をたずねたところ、

「ボクも、浜田さんと同様に、自炊中心のひとり暮らしなので、『くわだ食堂』に行くと、自分では作らないようなものを食べることが多いですね」とのこと。

「なかでも食べることが多いのが、野菜の天ぷら(200円)ですかね。天ぷらはなかなか自炊では作れない。これをね、醤油や塩で食べるんじゃなくて、みそ汁(100円)に浸して食べるんですよ。これがいい!」

 なるほど。Kさんも、自分好みにカスタマイズされるタイプなんですね。

煮しめ「あとは煮しめ(250円)かな。これも自分では作らないし、野菜たっぷりで、ボリューム満点なのがすばらしいんですよ」

 ということで、今日はその煮しめをもらってみたところ、Kさんのおっしゃるとおり、根菜類たっぷりでボリューム満点。このおかずだけで、大瓶ビール1本がいけました。

 で、〆のごはん物として、冒頭の焼きめし(500円)を注文。これまた味も量も満足で、お勘定は1,300円でした。ごちそうさま。

店情報前回

《平成24(2012)年8月25日(土)の記録》

|

« 自分の好みの食べ方で … 「くわだ食堂」(呉) | トップページ | 呉で飲むならこんな店 … おでん「迷亭(めいてい)」(呉)ほか »

コメント

くわた食堂がつづきますね。
奥深い!
カレーすら自由なサイズは酒飲みにも
ご飯食べる人にもいいですね。

煮物が美味しそうだと思います。
歳・・・とったな(;´Д`)

投稿: ここちき | 2012.11.06 01:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/56050832

この記事へのトラックバック一覧です: 焼きめしの具材は牛肉 … 「くわだ食堂」(呉):

» 焼酎を牛乳割りで飲む … 「くわだ食堂」(呉) [居酒屋礼賛]
 陳列棚から料理を取ってくるタイプの大衆食堂では、自分の好みに合わせて、食べ方や組み合わせのアレンジができることは、すでに何度か書いてきました。ここ「くわだ食堂」では、飲み物もカスタマイズできます。  今日は焼酎(麦焼酎かのか300円)を、氷とともにジョッキに入れてもらい、それとは別に冷蔵庫に並んでいる牛乳(100円)を取ってきて、焼酎の牛乳割りを作ります。  これによく合うつまみが、オムレツ(2... [続きを読む]

受信: 2012.11.07 21:00

« 自分の好みの食べ方で … 「くわだ食堂」(呉) | トップページ | 呉で飲むならこんな店 … おでん「迷亭(めいてい)」(呉)ほか »