« 仕事が終わって横浜へ … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町) | トップページ | 店情報: 「第三鳥八(だいさんとりはち)」(呉) »

野毛の夜をハシゴする … 「福田フライ(ふくだふらい)」(桜木町)ほか

フライを辛いソースで


「なるべくまっすぐ帰ってくださいね」

 というのが「武蔵屋」のおばちゃん(女将)の口ぐせ。『外で飲むのは日本酒3杯くらいがちょうどいい。あとは家に帰って、ゆっくりどうぞ』というのがその心のようです。

 しかしながら、最近はそう言われることがトンとなくなりました。もしかすると『言っても無駄だ』と思われているのかも!

 今日も今日とて、「武蔵屋」をあとに、まっすぐに都橋商店街の「ホッピー仙人」へと向かい、ホッピー(500円)を1杯。

 今回は、横須賀への出張とあって、昼は横須賀で働いている仙人(=「ホッピー仙人」店主)や、横須賀在住のみっちゃんと一緒に飲もうという話をしていたのです。

 ところが昨夜発生したスコールのような豪雨で、京急線線路が土砂崩れで埋り、今日になっても、金沢文庫以南で電車が不通。横須賀飲みの計画も流れてしまったのでした。

 「次の機会にはぜひ!」と固く約束しながら、「ホッピー仙人」を出て、JR桜木町駅の近くまで戻って「福田フライ」へ。

 ここも相変わらずにぎわってますねぇ。

 比較的ゆったりとしているカウンターの奥のほうに進み、のぶさん(=女将の息子)の前あたりに立って、チューハイ(400円)を注文しておいてから、ホワイトボードに書き出された、今日のメニューを確認します。

 「福田フライ」(表の看板には「フライ屋」とある)という名称のとおり、屋台として創業して以来の、この店の名物料理はフライ(大阪で言うところの串カツ)。その他には自家製のお新香がある程度でした。

 のぶさんが加わってから、炒め物などのメニューも増え、魚介類も加わったのです。

 今日のホワイトボードには、生うに(650円)、ほうぼう(500円)、生タコ刺(500円)、うまづらポン酢(500円)、ショッコ(500円)、かんぱち刺(500円)、コトヒキ刺(500円)、八丈アカムツ(500円)、まぐろ刺(500円)、鮎の煮びたし(1,000円)、パタパタ(850円)、生ハムサラダ(350円)、白魚ポン酢(350円)、シマアジ頭煮(850円)、オニカサゴ頭煮(850円)などが並んでいます。その中から白魚ポン酢を選択。

 グイッと力強い弾力感と旨みがいいですね。

 とはいうものの、この店に来たら、やっぱりフライも食べておきたい。クジラ(190円)と串カツ(140円)を1本ずつ注文します。

 大阪風の串カツは、客が自分でソースをつけますが、ここ「福田フライ」は、女将がトプンとつけて出してくれる仕組み。普通のウスターソースの他に、ニンニクと唐辛子が思いっきり効いた辛いソースを選ぶことができますが、この店らしいのは、辛いソースです。

 最後は「日の出理容院」でジントニック(600円)をいただいて、野毛の締めとします。

 「ホッピー仙人」が500円、「福田フライ」が1,030円、「日の出理容院」が600円。3軒合わせて2,130円の野毛の夜でした。

120925g 120925h 120925i
「ホッピー仙人」 / 「福田フライ」白魚ポン酢とチューハイ / 「日の出理容院」

・「ホッピー仙人」の店情報前回) / 「福田フライ」の店情報前回) / 「日の出理容院」の店情報前回

《平成24(2012)年9月25日(火)の記録》

|

« 仕事が終わって横浜へ … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町) | トップページ | 店情報: 「第三鳥八(だいさんとりはち)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/56188732

この記事へのトラックバック一覧です: 野毛の夜をハシゴする … 「福田フライ(ふくだふらい)」(桜木町)ほか:

» 魅惑の空間に棲む仙人 … 「ホッピー仙人(-せんにん)」(桜木町) [居酒屋礼賛]
 私が知る限り、日本で唯一のホッピーバー。それが横浜・野毛の都橋(みやこばし)商店街2階にある「ホッピー仙人」です。 「今日はサーバーの白・黒、瓶の白・黒、全部そろってます。」  店に入ると、仙人こと、店主の熊切憲司さんが、今日のラインナップを教えてくれます。  サーバーは樽ホッピー、瓶は瓶入りのホッピーで、白は通常のホッピー、黒は黒ホッピーのことを指していて、すべて500円。  ホッピーを冷やし... [続きを読む]

受信: 2013.01.28 22:42

» フライの後に金目頭煮 … 「福田フライ(ふくだふらい)」(桜木町) [居酒屋礼賛]
 日曜日の今日は、野毛のフライ屋、「福田フライ」にやってきました。  フライというのは串揚げ(串カツ)のこと。  横浜では串揚げ(串カツ)のことをフライと呼ぶ店が多いようです。  私が知っているだけでも、ここ「福田フライ」の他に、日ノ出町駅近くの「フライの店 ひのでや」、阪東橋駅近くの「フライの店 總彌(そうや)」などがフライを名乗っています。  それにしても、日曜日でもお客さんが多いですねえ。メ... [続きを読む]

受信: 2013.02.09 13:13

» みなとみらいの反対側 … バー「日の出理容院(ひのでりよういん)」(桜木町) [居酒屋礼賛]
 金曜日の今日は、会社の新年会で『みなとみらい』にやってきました。  みなとみらいは桜木町駅の海側。いつも飲みに出てくる野毛(のげ)は、逆に桜木町駅の山側です。どちらも同じ駅なのに、みなとみらい側にはほとんど行ったことがありません。テレビでもよく見かける、都会の横浜らしい光景に、なんだかドキドキしますねえ。  一次会、二次会と、みなとみらい地区での新年会を楽しんで、桜木町駅の改札口で解散したのは午... [続きを読む]

受信: 2013.02.13 14:00

« 仕事が終わって横浜へ … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町) | トップページ | 店情報: 「第三鳥八(だいさんとりはち)」(呉) »