« 汁が決め手の土瓶蒸し … 鯉とうなぎ「まるます家」(赤羽) | トップページ | カツオ、サバ、マグロ … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

江田島の地酒・島の香 … やきとん「たつや」(沼袋)

江田島の地酒・島の香


 赤羽駅東口を18時40分に出発する「(赤31系統)高円寺駅北口行き」バスで環七通りを下り、野方(のがた)へ。野方駅北口バス停から歩いても15分ほどで、となり駅の沼袋に到着します。(電車だとわずか1分。)

 今日の2軒目は、やきとん「たつや」です。

 東京に帰ってきたら、もつ焼き(やきとん)とホッピーは絶対に押さえておきたい。

 まずは三冷白ホッピーと、冷製おまかせ3点盛り(525円)をもらうと、レバ刺、ガツ刺、コブクロ刺の3点を出してくれれます。

 プリッととろけるレバーの美味しいこと。

 “プリッと”した食感と、“とろける”食感。本来であれば相容れないはずの、この二つの食感をあわせ持った稀有な部位、稀有な食べ方がレバ刺ですよねぇ。牛レバ刺が法令で規制されたのは実に残念。

 焼き物は、テッポウ(105円)とハラミ(105円)をそれぞれ味噌で、そして「本日のもつやすめ」からは“ぶつ切りラム串”(210円)を塩で焼いてもらいます。

 「本日のもつやすめ」というのは、沼袋「たつや」で普段から提供している“やきとん”などの定番メニュー以外の料理のこと。

 今日は、身欠きにしん(367円)や、さんま塩焼き(420円)、自家製塩らっきょう(157円)、キムチ(157円)、おかかみょうが(210円)、タレミミ(=豚耳甘露煮、367円)、牛すじ塩煮込み(420円)など、約25品がリストアップされています。

「まっちゃん(=下井草「こいくちや」店主)から、『浜田さんが来たら、このお酒を出してあげて』というお酒を預かってますよ」

 と出してくれたのは、まっちゃんの生まれ故郷・江田島の地酒「島の香」です。先日、江田島でご一緒させていただいたとき、この地酒が品切れで飲めなかったのでした。

 お新香(210円)を肴に、その「島の香」をいただいて1時間40分ほどの滞在。お勘定は2,050円でした。ごちそうさま。

 お酒、ありがとうございました。>まっちゃん

120922d 120922e 120922f
沼袋「たつや」 / 三冷白ホッピー / 冷製おまかせ3点盛

120922g 120922h 120922i
テッポウみそ / ハラミみそ、ぶつ切りラム串 / 「島の香」とお新香

店情報前回

《平成24(2012)年9月22日(土)の記録》

|

« 汁が決め手の土瓶蒸し … 鯉とうなぎ「まるます家」(赤羽) | トップページ | カツオ、サバ、マグロ … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/56130537

この記事へのトラックバック一覧です: 江田島の地酒・島の香 … やきとん「たつや」(沼袋):

» 近所のもつ焼き屋巡り(3) … やきとん「たつや」(沼袋) [居酒屋礼賛]
 もつ焼き「ホルモン」を出て、歩くこと約2分(距離にして100mほど)。今日の3軒目は、同じく沼袋にある、やきとん「たつや」です。  「秋元屋」(野方)出身の店主・藤井龍成さんが、ここに「たつや」を開いたのは、2010年3月15日のこと。まもなく創業3周年を迎えるという新しいお店ですが、すでに地元の人気店です。  ここにしかない名物メニューがいろいろとあるのも、「たつや」の大きな特長ですが、中でも... [続きを読む]

受信: 2013.03.08 16:00

« 汁が決め手の土瓶蒸し … 鯉とうなぎ「まるます家」(赤羽) | トップページ | カツオ、サバ、マグロ … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »