« 会話も弾んで長っちり … お食事処「一つ家(ひとつや)」(呉) | トップページ | 驚くほど皮がうまい! … 「うな重一番(うなじゅういちばん)」(安浦) »

店情報: 「うな重一番(うなじゅういちばん)」(安浦)

    うな重一番
  • 店名: うな重一番(小谷うなぎ養殖場)
  • 電話: 0823-84-5254
  • 住所: 737-2505 広島県呉市安浦町内平96
  • 営業: 11:00-15:00(完全予約制)、水休
  • 場所: 車でしかいけない。カーナビがないと、ちょっと難しい。国道185号線の農免道路入口バス停(安浦町大字中切)を山側に入り、野呂川ダム方面に道成りに進むこと約1.4キロ(約2分)。左折して農道に入り、要所ごとに置かれた、小さな「うな重一番」の手書き看板にそって進むこと700mほど。突き当りの、養鰻用のビニールハウスがある一軒家が「うな重一番」。
    JR安登(あと)駅から3.3キロ(車で9分)、JR安浦駅から5.2キロ(車で14分)、JR呉駅からは22.6キロ(車で45分)。
  • メモ: 昼のみ営業の完全予約制(予約の電話も営業時間内に!)。店内は4人卓×3の12席。
    うな重(1,800円、うなぎ1尾分)、うな丼(1,000円、うなぎ半尾分)、蒲焼き(大きさに応じて時価、2,500~3,000円位)、白焼き(大きさに応じて時価、2,500~3,000円位)。予約をすると人数分のうなぎ(うな重用)が用意される。それ以外に、白焼きなども食べたい場合、うな重をひとり1人前以上食べたい場合、白焼き・蒲焼きの持ち帰りを希望する場合には、予約時に伝えておく必要がある。蒲焼きや白焼き用のうなぎは、うな重に使われるうなぎよりも大きいものが使われる。予約時に「量り盛り(はかりもり)で」とお願いしておくと、持ち帰り用の大きな蒲焼きで、うな重を作ってもらうことも可能。白焼きは塩焼きで、塩をつけて食べるのが大きな特徴。飲み物(酒類)は置いておらず、持ち込みも不可。(2014年12月調べ)

    うな重(1,500円、うなぎ1尾分)、うな丼(850円)、かば焼き(大きさに応じて時価)、白焼き(大きさに応じて時価)。予約をすると人数分のうなぎが予定される。白焼きなども食べたい場合、またうな重のおかわりをしたい場合には、予約時に伝えておく必要がある。かば焼きや白焼き用のうなぎは、うな重に使われるうなぎよりも大きいものが使われる。白焼きは塩焼きで食べる。飲み物(酒類)は置いていないが、持ち込みは可(予約時に持ち込むことを伝えておくとよい)。(2012年9月調べ)

|

« 会話も弾んで長っちり … お食事処「一つ家(ひとつや)」(呉) | トップページ | 驚くほど皮がうまい! … 「うな重一番(うなじゅういちばん)」(安浦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/56084563

この記事へのトラックバック一覧です: 店情報: 「うな重一番(うなじゅういちばん)」(安浦):

» 驚くほど皮がうまい! … 「うな重一番(うなじゅういちばん)」(安浦) [居酒屋礼賛]
『とても美味しいうなぎ屋があるんだけど、昼だけの完全予約制で、車でしかいけない。メニューは、うな重とうな丼しかない。』  そんな噂を耳にして、さっそく電話してみたのは7月下旬のある日のこと。 「7月、8月の土日は、もうすべて予約が入ってます。いちばん近いところだと、9月8日の土曜日なら大丈夫ですけど」  飲み物についても確認してみると、店では飲み物は出していないけれど、持ち込むのはOKとのこと。そ... [続きを読む]

受信: 2012.11.10 20:58

» 塩でいただく鰻の白焼 … 「うな重一番(うなじゅういちばん)」(安浦) [居酒屋礼賛]
 前回、爆発的においしいうな重をいただきながらも、『予約時に言っておかないと、その場で追加注文することはできない』という、この店のローカルルールを知らず、残念な思いをした「うな重一番」。  その時に「実は11月ごろのうなぎが美味しいんですよ」と教えていただいて、11月になるのを待ちかねるように電話予約。 「8人で伺います。それぞれ白焼き1人前と、うな重2人前ずつお願いしたいんですけど」  と勢い込... [続きを読む]

受信: 2012.12.23 08:15

» 盆と正月が一緒に来た … 小春橋「田野(たの)」(呉)など [居酒屋礼賛]
 呉に勤務しているころに、ぜひ行ってみたいと思いながら、行けなかったお店の1軒が、ここ、「小春橋 田野」です。  堺川にかかる小春橋のたもとにあるから「小春橋 田野」っていうんでしょうね。  「こはるばし たの」。語呂もいいですよね。  ここは、和と洋(仏)を融合した、独創的な「おまかせフレンチ」のお店。  基本的に予約制のコース料理のみで、カウンター席(11席)だと3,500円、奥の座敷席(8席... [続きを読む]

受信: 2015.01.23 09:48

« 会話も弾んで長っちり … お食事処「一つ家(ひとつや)」(呉) | トップページ | 驚くほど皮がうまい! … 「うな重一番(うなじゅういちばん)」(安浦) »