« 焼きめしの具材は牛肉 … 「くわだ食堂」(呉) | トップページ | 焼酎を牛乳割りで飲む … 「くわだ食堂」(呉) »

呉で飲むならこんな店 … おでん「迷亭(めいてい)」(呉)ほか

鶏竜田揚げ


 遅めの夏休みで、西武線沿線の呑み仲間である、ふぢもとさんと直ちゃんのお二人が、呉まで足をのばしてくれました。

 今回も、まずは「オオムラ亜」の生ビールで乾杯です。このスイングコック式の生ビールサーバーは、東京でも見かけないタイプ。ぜひここで飲んでいってもらわねば。つまみは、花ソーセージと、のりチーズです。

 2軒目は、独自のスタイルのジンギスカン焼きでおなじみの「關白」で、牛バラのジンギスカン焼き(1,200円)に、飲み物は麦焼酎の水割りを注文します。

 北海道のジンギスカンとは違い、カンカンに熱したジンギスカン鍋に、生のキャベツ、玉ねぎ、ピーマンを置き、その上にゆでた肉をのせたもの。最後に油をサッとかけると、大きな炎がド~ンと上がってできあがります。

 もともとは火の通りムラ(生焼け)を避けるために始めた調理法らしいのですが、ゆでるときに牛バラの余分な脂が取れて、さっぱりとした食感でいただけるのが人気です。

 3軒目は、おでんの「迷亭」で、呉の地酒「宝剣(ほうけん)」や、西条(東広島)の「賀茂泉(かもいずみ)」などを、冷酒でいただきます。おでんは、ここに来るといつも注文する豆腐と、ここならではの珍しい具材、鶏の竜田揚げをいただきます。

 鶏の竜田揚げは、できあがったものを串に刺してスタンバイしており、注文を受けてから、串のままおでん鍋に投入。しばらく煮込んだところで、仕上げに紅ショウガやレタスなどを添えて、串のまま出してくれます。

 おでんの汁(つゆ)が染み込んで、フニャっとふやけた衣もまた良し。いいつまみです。

 4軒目はスタンド「シロクマ」で、角のハイボールをちびりちびり。

 今後の長旅も考慮して、今日はここでお開きとして、屋台は外からの見学に留めます。遠く呉までお越しいただき、本当にありがとうございました。>ふぢもとさん&直ちゃん

120825a 120825b 120825c
「關白」ド~ンと炎が上がって / ジンギスカン鍋 / 「迷亭」宝剣

・「オオムラ亜」の店情報前回) / 「關白」の店情報前回) / 「迷亭」の店情報前回) / 「シロクマ」の店情報前回

《平成24(2012)年8月25日(土)の記録》

|

« 焼きめしの具材は牛肉 … 「くわだ食堂」(呉) | トップページ | 焼酎を牛乳割りで飲む … 「くわだ食堂」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/56057264

この記事へのトラックバック一覧です: 呉で飲むならこんな店 … おでん「迷亭(めいてい)」(呉)ほか:

» 鰻だけでは終わらない … 屋台「八起(やおき)」(呉)ほか [居酒屋礼賛]
 安浦の「うな重一番」をあとに、呉市内へと戻ってきました。8人もの酒食の好きなメンバーがそろって、このまま終わるはずはなく、午後2時前に「くわだ食堂」に突入です。  「くわだ食堂」をはじめとする大衆食堂のいいところは、朝開店してから、夜閉店するまで、中休みなしにずっと営業していること。どの時間に行っても飲むことが可能です。  しかも「くわだ食堂」の場合は、店の表に駐車場もあるので、車でもOKです。... [続きを読む]

受信: 2012.11.11 14:55

» 牛骨付をしゃぶり喰う … ジンギスカン焼「關白(かんぱく)」(呉) [居酒屋礼賛]
 仕事仲間たちと5人での軽い飲み会。会社を出る直前に「關白」に電話して、2階の座敷席を予約してから出かけます。  10人を超える規模ならいざ知らず、5人くらいなら、席だけ予約しておいて、料理はその場で注文しても、ほとんど待つことなく出してくれるのが「關白」のいいところ。  まずはエビス生ビールの大ジョッキ(997円)を人数分もらって乾杯し、料理はホルモン煮(525円)と鶏唐揚げ(892円)、そして... [続きを読む]

受信: 2012.12.03 23:27

« 焼きめしの具材は牛肉 … 「くわだ食堂」(呉) | トップページ | 焼酎を牛乳割りで飲む … 「くわだ食堂」(呉) »