« 野毛の夜をハシゴする … 「福田フライ(ふくだふらい)」(桜木町)ほか | トップページ | 来春まで親子で営業中 … 「第三鳥八(だいさんとりはち)」(呉) »

店情報: 「第三鳥八(だいさんとりはち)」(呉)

    第三鳥八
  • 店名: 第三鳥八
  • 電話: 0823-21-1534
  • 住所: 737-0046 広島県呉市中通3-6-10
  • 営業: 11:00-22:00LO、無休(2013年4月頃まで、それ以降は火休)
  • 場所: 本通3丁目のパーラーローズ(パチンコ屋)裏手の路地。ポポロショッピングセンターの南側筋向かい。
  • メモ: 〔日替り料理(例)〕水イカ磯部揚げ630、ゆでえび630、アジフライ630、サンマ塩焼630、塩ダレキャベツ370、タコワサ320、チャンジャ420、鳥トロ串焼2本420、鳥ハラミ串焼2本370、サヨリ天ぷら530、カマ塩焼630。
    〔定番料理〕味噌煮160、牛スジ煮込み420、冷ヤッコ210、モロキュー210、マヨキュー210、トマトスライス320、海鮮サラダ530、じゃこサラダ320、ナムル(野菜三種盛り合わせ)320、漬物盛り合わせ420、スープ豆腐420、かしわ鍋520、ぞうすい630、オムレツ420、やきめし530、お茶漬け530、ライス160、むすび1個160、焼き餃子530、揚げ餃子530、 盛り串5本790、もつ2本320、串2本320、カツ2本320、砂ズリ2本320、キモ2本320、つくね2本320、皮1本210、やお皮2本320、若鳥足焼1本630、親鳥足焼1本630、タコ串1本530、イカ串1本370、豚バラ2本420、串豚カツ2本420、ササミ塩1本320、 あじ塩焼1,050、サザエつぼ焼840、カマ塩焼520、にんにく丸焼320、 刺身盛り1,050、マグロ刺1,050、鯛刺1,050、カンパチ刺740、サーモン刺630、イカ刺740、タコ刺630、活ハゲ刺(時価、1尾2千円前後)、活あじ刺1,050、さざえ刺840、馬刺1,050、ササミ刺630、鯛あら煮1,050、メバル煮付840~、活ハゲ煮(時価)、小エビ塩茹で530、ササミ酢もの320、地タコ酢もの320、くらげ酢もの320、地鳥タタキ840、 天ぷら盛り1,050、海老天840、野菜天530、こいわし天530、イカ天530、タコ天630、ササミ天320、ササミ一本揚320、若鳥唐揚630、手羽先唐揚530、ポテトフライ320、じゃがバター420、じゃがチーズ420。
    〔飲物〕瓶ビール(アサヒ・キリン)630、生ビール大740・中530、ノンアルコールビール370、酎ハイ(ウメ・ライム・レモン・桃・巨峰・カルピス)370、ジーマ530、梅酒420、千福(上撰吟松)1合420、華鳩(にごり酒)420、焼酎(いいちこ・二階堂・白波)1杯320(5合瓶・1升瓶のキープも可)、ウイスキー530、ブランデー630、ソフトドリンク(コーラ・カルピス・ジンジャーエール・ウーロン茶・オレンジ・メロンソーダ・カルピスソーダ)160。(2012年9月調べ)

|

« 野毛の夜をハシゴする … 「福田フライ(ふくだふらい)」(桜木町)ほか | トップページ | 来春まで親子で営業中 … 「第三鳥八(だいさんとりはち)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/56210957

この記事へのトラックバック一覧です: 店情報: 「第三鳥八(だいさんとりはち)」(呉):

» 来春まで親子で営業中 … 「第三鳥八(だいさんとりはち)」(呉) [居酒屋礼賛]
 新入社員のころからよく通っていた「鳥八茶屋」が、老朽化に伴う店舗建て替えのため、9月3日から長期休業に入りました。  建て替えが終わって、店が再開されるのは、来年の春ごろとのこと。  それまでの間は、姉妹店である「第三鳥八」での共同営業となるんだそうで、今日はその「第三鳥八」にやってきました。  「第三鳥八」の店内は、1階がカウンター席にテーブル席、そして小上がりというには広すぎるほどの座敷席が... [続きを読む]

受信: 2012.11.28 20:41

» 鳥八グループ発祥の店 … 「第三鳥八(だいさんとりはち)」(呉) [居酒屋礼賛]
 呉発の酒場文化である“とり屋”の歴史に関する興味は尽きなくて、今日も「第三鳥八」のカウンター席で飲みながら、その成り立ちを、つらつらとうかがってみました。  呉の“とり屋”の元祖と言える「鳥好」(現在の「本家鳥好」)が開店したのが昭和26(1951)年のこと。そこで働いていた人たちが順次独立し、「第二鳥好」(現在の「竜之介」)、「第三鳥好」と、呉の街に「鳥好」系の店が増えていったのでした。  そ... [続きを読む]

受信: 2012.12.02 11:40

» シャコをつまみに燗酒 … 「第三鳥八(だいさんとりはち)」(呉) [居酒屋礼賛]
「今日はシャコがありますよ」という二代目・上瀬正嗣さんの声に従って、さっそくそのシャコ(630円)を注文すると、丸皿にたっぷりと8尾ほどのシャコが、玉ねぎ、にんじん、貝割れなどの生野菜を添えて出されます。  ゆで冷ましたシャコは、胴体の両脇の部分を真っ直ぐに切り落とし、尻尾もV字型に切りそろえた状態で出してくれています。  このV字の尻尾をつかんで、上下に分けるように広げると、上下の皮がとれて、中... [続きを読む]

受信: 2012.12.08 17:44

» 呉のとり屋の名物料理 … 「第三鳥八(だいさんとりはち)」(呉) [居酒屋礼賛]
 呉ならではの酒場文化、「とり屋」。  もともとは「本家鳥好」発祥の焼き鳥屋に端を発して、呉の人たちの好みに合わせて、店内に生け簀を置いて、活魚も食べられるようになり、のれん分けを繰り返しながら店舗数も増えてきました。店名に“鳥”の字がついている店が多いので、この系統の店を総称して、とり屋と呼ばれるようになったのです。  とり屋に入ると、席に着くやいなやというタイミングで、「生と味噌!」と注文する... [続きを読む]

受信: 2012.12.22 18:23

» 呉名物をつまみに飲む … 「第三鳥八(だいさんとりはち)」(呉) [居酒屋礼賛]
 多くの呉名物を作り出した、呉の『とり屋』。  「本家鳥好(ほんけとりよし)」を起点として、その店の出身者が「鳥八」、「三とり」と、『鳥』や『とり』が店名の一部に付く店を次々におこしていったので、全体として『とり屋』と呼ばれるようになったのでした。  この『とり屋』、最初は焼き鳥屋としてスタートしたのですが、その後、地元の魚を出すようになったり、その他のつまみも出すようになったりと、だんだん普通の... [続きを読む]

受信: 2015.01.28 19:39

« 野毛の夜をハシゴする … 「福田フライ(ふくだふらい)」(桜木町)ほか | トップページ | 来春まで親子で営業中 … 「第三鳥八(だいさんとりはち)」(呉) »