« 驚くほど皮がうまい! … 「うな重一番(うなじゅういちばん)」(安浦) | トップページ | 呉の三大老舗大衆食堂 … 「森田食堂(もりたしょくどう)」(呉) »

鰻だけでは終わらない … 屋台「八起(やおき)」(呉)ほか

「八起」のワンタンメン


 安浦の「うな重一番」をあとに、呉市内へと戻ってきました。8人もの酒食の好きなメンバーがそろって、このまま終わるはずはなく、午後2時前に「くわだ食堂」に突入です。

 「くわだ食堂」をはじめとする大衆食堂のいいところは、朝開店してから、夜閉店するまで、中休みなしにずっと営業していること。どの時間に行っても飲むことが可能です。

 しかも「くわだ食堂」の場合は、店の表に駐車場もあるので、車でもOKです。

 みんなで、陳列冷蔵ケースから、あれやこれやとおかずを取ってきてシェアしながら、飲み物もビールやら日本酒やら。鍋焼きうどん(600円)もおいしかったなぁ。

 2時間ほどで「くわだ食堂」を出て、三次会はビヤハウス「オオムラ亜」へ。まだ4時なのに、店内はほぼ満席! すばらしい。

 これまた2時間ほど楽しんで、それでもまだ飲み足りないメンバーと、呉の屋台通りへと向かいます。午後6時の屋台通りは、どの店もまだ開店準備中。のれんも出ていない屋台「八起」に無理やり入れてもらって、準備の様子を眺めながらお酒や焼酎で乾杯です。

 呉の屋台通りは、朝5時から、夕方4時までは、ゴミなども含めて、屋台の痕跡がまったくない歩道に戻さないといけない決まり。

 午後4時に、専用駐車場から出てきた屋台が並んで2~3時間かけて開店準備をして、午後6~7時ごろ開店。それから午前3時ごろまで営業して、5時までに片づけを終えて、何もかも、すっかりなくなってしまうのです。

 毎日毎日が、引っ越しの連続なんですね。

 のれんもかかって、いよいよ「八起」も営業開始。豚耳や納豆などのつまみもつまみながら、お酒も焼酎も、おかわり、おかわり!

 けっこう飲んで、しっかりとした酔っ払いができあがっているんだけど、まだ時刻は午後7時過ぎ。外はまだ昼のような明るさです。

 最後にラーメン(500円)やワンタンメン(700円)で〆て終了。お疲れさまでした。

120908d 120908e 120908f
「くわだ食堂」 / あさり貝汁 / 鍋焼きうどん

120908g 120908h 120908i
「オオムラ亜」 / にぎわう店内 / 生ビール15杯分の木札

120908j 120908k 120908l
「八起」のれんが出て開店 / 豚耳 / 納豆

・「くわだ食堂」の店情報前回) / 「オオムラ亜」の店情報前回) / 屋台「八起」の店情報前回

《平成24(2012)年9月8日(土)の記録》

|

« 驚くほど皮がうまい! … 「うな重一番(うなじゅういちばん)」(安浦) | トップページ | 呉の三大老舗大衆食堂 … 「森田食堂(もりたしょくどう)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/56090093

この記事へのトラックバック一覧です: 鰻だけでは終わらない … 屋台「八起(やおき)」(呉)ほか:

» ひと味違う、呉ビール … ビヤハウス「オオムラ亜(おおむらあ)」(呉) [居酒屋礼賛]
 ビヤハウス「オオムラ亜」で出される生ビールがひと味違う理由は、氷冷式のサーバーと、スイングコックの注ぎ口にあります。  生ビールの樽は冷蔵庫内に置かれ、チューブで氷冷式サーバーへとビールが送られます。  サーバーの中には、専用の氷が上に置かれた熱交換器があって、この中をのばすと15mあるというチューブがくねくねと通っていて、そこを通過する間にグッと温度が下がります。  実は、現在の生ビールサーバ... [続きを読む]

受信: 2012.12.02 11:14

» 親子丼をつまみに燗酒 … 「くわだ食堂」(呉) [居酒屋礼賛]
 このところ、本来なら食事用の料理をつまみにお酒を飲むことが多くなっています。  首都圏によくあるような、純粋なる大衆酒場が呉にはないので、その代わりとなる大衆食堂で飲んだりしているうちに、丼物などもいいつまみになることがわかってきたのです。  永井荷風が、その晩年、毎日のように近所の食堂で、「並のカツ丼」と「上新香」をつまみに、燗酒1合を飲んでいたということは、どこかで読んでいたのですが、以前は... [続きを読む]

受信: 2012.12.09 08:32

» 松山から母が出てきて … 料理屋「灘(なだ)」(呉)ほか [居酒屋礼賛]
 松山から母がやってきて、呉観光をしたあと、夕食は料理屋「灘」に向かいます。  平成12(2000)年に、店主・灘佳憲(なだ・よしのり)さんが創業したこの店は、平成20(2008)年5月に現在の場所に移転。  店名に“料理屋”と冠してあるとおり、この店の売りはなんといっても料理。お酒は、その料理を美味しくいただくための脇役的な存在ながら、料理の味をより盛り立てるように、少数精鋭のいいお酒がそろって... [続きを読む]

受信: 2012.12.26 09:08

« 驚くほど皮がうまい! … 「うな重一番(うなじゅういちばん)」(安浦) | トップページ | 呉の三大老舗大衆食堂 … 「森田食堂(もりたしょくどう)」(呉) »