« キラキラと華やかに! … 「BAR ANCHOR(バー・アンカー)」(呉) | トップページ | 店情報: 「うな重一番(うなじゅういちばん)」(安浦) »

会話も弾んで長っちり … お食事処「一つ家(ひとつや)」(呉)

名物・八宝菜


 日曜、午後7時半の「一つ家」は、カウンターがほぼ満席状態。女将さんが、みなさんにちょっとずつ寄るように言ってくれて、かろうじてできた1席に滑り込みます。

 まずは瓶ビール(アサヒ中瓶)と、カウンター上段に並ぶ大皿料理からは、ヨリエビをもらいます。サッと塩ゆでしただけのヨリエビの美味しいこと! とてもいい酒の肴です。

 女将さんは、大きな中華鍋いっぱいに、大量の八宝菜を作成中。その八宝菜ができあがって、注文した人に出した後、女将さんから「ほかに八宝菜いる人?」と声がかかります。

 八宝菜はこの店の人気料理のひとつ。肉も野菜も魚介類もと、具の種類が多いのがいいんですよね。私も手をあげていただきます。

「トマトのサラダもちょうどよく冷えたよ」と、これもまた希望者に出してくれます。

 完熟のトマトに、カリカリに炒めたベーコン、そしてキュウリを加えてサラダを作り、ボウルごと冷凍庫に入れ、凍る寸前まで冷やした一品。夏にはこの冷たさがいいんだな。

 今日は冷酒を注文すると、「千福」の生酒(300ml瓶)が出されます。この店は、焼酎を飲むお客さんが多いようで、日本酒はいつも私と、もう一人か二人といったところ。

 その冷酒に合わせて、並ぶ大皿からカボチャ煮をもらうと、ダシを出すために使ったイリコも数尾、添えてくれます。

 いいイリコでダシを取ると、ダシガラになっても、なお美味しくて、捨てられないんですよね。自分が作るみそ汁も、ダシを取るために使ったイリコが、そのまま具になります。

 左どなりの男性ひとり客や、右どなりの女性3人連れとの会話も弾み、生酒をもう1本。つまみもキンピラと、タコとキュウリの酢物を追加します。

 話はまだまだ尽きませんが、2本目の冷酒を飲み終えたところで、午後10時になったので、お先に失礼することにします。2時間半の滞在で、お勘定は4,000円。ごちそうさま。

120902a 120902b 120902c
「一つ家」 / ヨリエビ / 完熟トマト・キュウリ・ベーコンのサラダ

120902d 120902e 120902f
カボチャの煮付け / きんぴらごぼう / タコとキュウリの酢物

店情報前回

《平成24(2012)年9月2日(日)の記録》

|

« キラキラと華やかに! … 「BAR ANCHOR(バー・アンカー)」(呉) | トップページ | 店情報: 「うな重一番(うなじゅういちばん)」(安浦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/56057911

この記事へのトラックバック一覧です: 会話も弾んで長っちり … お食事処「一つ家(ひとつや)」(呉):

» めばるの煮つけで燗酒 … お食事処「一つ家(ひとつや)」(呉) [居酒屋礼賛]
 「一つ家」はカウンター10席、小上がりの座敷に1卓4席ほどの小さな小料理屋。女将さんの手作り料理を、しっかりと味わうことができる人気店です。  他の小料理屋さんもそうであるように、この店も、それぞれの料理の値段表記はありません。カウンターの上段に並ぶ大皿料理が、それぞれ500円から1,000円くらいといったところでしょうか。いずれにせよ、お勘定書きをもらって、驚くようなことはありません。  今夜... [続きを読む]

受信: 2012.12.12 22:55

« キラキラと華やかに! … 「BAR ANCHOR(バー・アンカー)」(呉) | トップページ | 店情報: 「うな重一番(うなじゅういちばん)」(安浦) »