« 呉らしく、酒場らしく … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉) | トップページ | 〔くれ便り〕 第5回 呉酒まつり ~都々逸で一献~ »

ジャックローズの季節 … 「BAR ANCHOR(アンカー)」(呉)

ジャックローズ


 東京の飲み友・Cさんたちと、3人で向かう2軒目は、呉で人気のオーセンティック・バー、「アンカー(BAR ANCHOR)」です。

 この店を一人で切り盛りされている、オーナーバーテンダーの森貞慶章(もりさだ・よしあき)さんは、1980年生まれの32歳。

 呉の老舗バー「ナポレオン」で修業したあと、西条(東広島市)の老舗バー「TMRB(ティマーブ)」で店長を務め、2008年9月に、ご自身の店「BAR ANCHOR」を開店しました。

 オーセンティック・バーなんて、東京にもたくさんあるのに、なぜあえて、Cさんたちをこのバーにお連れしたのか。

 それは、森貞さんたち、若いオーナーバーテンダーがしのぎを削っている、勢いのある呉のオーセンティックバーの雰囲気をぜひ体験して帰ってもらいたかったからです。

 そんな「BAR ANCHOR」の人気メニューのひとつが『季節のフルーツカクテル』(1,000円)。今はザクロが旬を迎えたそうで、まずはそのザクロのカクテルをお願いすると、作ってくれたのはジャック・ローズです。

 普段はグレナデン・シロップ(ザクロのシロップ)で作るこのカクテル。今日は生のザクロをすりこぎでつぶして作ってくれます。

 作っている様子をながめることも、バーの大きな楽しみのひとつ。シャカシャカシャカ… とシェイクのときには、思わず「美味しくなれ!」と念を送ってしまいます。

 できあがったジャック・ローズを、ツツゥ~ッとゴブレットタイプのカクテルグラスへ。

 おぉ~、自然な赤のなんと美しいことよ!

 さらにもう1杯ずつ、好みのお酒をいただいて、お勘定は3人で7,000円(一人当たり2,300円強)でした。どうもごちそうさま。

 森貞さんをはじめ、バー「両歓」の石本和大さん、バー「岩崎」の岩崎英記さんたちは、みなさん呉の老舗バー「ナポレオン」の出身者。呉のオーセンティックバー史上に果たした、バー「ナポレオン」の貢献は絶大です。

121025g 121025h 121025i
生のザクロを / すりこぎでつぶして / お酒も入れてシェイク

121025j 121025k 121025l
グラスに注ぐ / チャーム(お通し) / アードモア(ストレート)

121025m 121025n 121025o
計量カップで / くるりと入れて / ステアしてツィ~ッと注ぐ

店情報前回

《平成24(2012)年10月25日(木)の記録》

|

« 呉らしく、酒場らしく … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉) | トップページ | 〔くれ便り〕 第5回 呉酒まつり ~都々逸で一献~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/56341236

この記事へのトラックバック一覧です: ジャックローズの季節 … 「BAR ANCHOR(アンカー)」(呉):

» 松山から母が出てきて … 料理屋「灘(なだ)」(呉)ほか [居酒屋礼賛]
 松山から母がやってきて、呉観光をしたあと、夕食は料理屋「灘」に向かいます。  平成12(2000)年に、店主・灘佳憲(なだ・よしのり)さんが創業したこの店は、平成20(2008)年5月に現在の場所に移転。  店名に“料理屋”と冠してあるとおり、この店の売りはなんといっても料理。お酒は、その料理を美味しくいただくための脇役的な存在ながら、料理の味をより盛り立てるように、少数精鋭のいいお酒がそろって... [続きを読む]

受信: 2012.12.26 09:08

« 呉らしく、酒場らしく … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉) | トップページ | 〔くれ便り〕 第5回 呉酒まつり ~都々逸で一献~ »