« 呉観光のお勧めコース … 田舎洋食「いせ屋(いせや)」(呉) | トップページ | 連載で書けてないこと … 炭焼「鳥平(とりへい)」(呉) »

飴色に旨い煮込み大根 … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政)ほか

煮込み大根


 『勤労の日』から始まる三連休で、都内の自宅へ。金曜日に帰宅することは珍しいので、ぜひ「竹よし」に行って、久しぶりにチクちゃんの顔も見てみたいと思っていたのですが、残念ながら今日は臨時休業。

 近所の飲み仲間・にっきーさんと連絡を取り合って、「弐ノ十」に行くことにします。

 東京に帰ってきたら、やっぱりもつ焼きは食べておきたいですもんねぇ。

 そして飲み物も、もちろん三冷(さんれい)白ホッピーからスタートです。

 三冷白ホッピーというメニュー表記はなく、メニューの「ホッピー」というコーナーには、セット380円、ナカ250円、ソト250円という、三つの表記があるのみ。

 普通に「ホッピーください」と注文すると、氷と焼酎を入れたジョッキと、それとは別に瓶入りホッピー(白ホッピーのソト)を出してくれます。このソト1本で、ナカ(焼酎)が2~3杯いけるのです。より安く、ビアテイストの焼酎を飲もうという、呑ん兵衛の知恵から生まれた飲み方なんでしょうね。

 しかしながら、ホッピーの製造元であるホッピービバレッジが提唱している『ホッピーの飲み方』は次の2ステップからなります。

STEP1: ホッピーと甲類焼酎(25度)をよく冷やし、ジョッキは冷凍庫で凍らせる。

STEP2: 焼酎、ホッピーの順に注ぐ。割合は1:5.泡が立つように勢いよく注ぎ、かきまわさないのがコツ。アルコール約5%のホッピーができあがる。

 この飲み方を三冷(さんれい)と言います。ホッピー、焼酎、ジョッキの三つを冷やすので、昭和40年代後半ごろから、そう呼ばれるようになったんだそうです。

 「弐ノ十」もそうですが、「秋元屋」系の店では、ホッピーの標準スタイルは、氷入りで、ソト1に対してナカ2~3いける飲み方。そのかわり、あえて「三冷で!」と注文すると、ホッピービバレッジの提唱するおいしい飲み方のホッピーを出してくれるのです。

 つまみのほうは、まずはレバ、テッポウ、ハラミ(各100円)を、それぞれ味噌焼きで注文し、焼き上がりを待つ間にガツ酢(300円)をもらいます。

 焼き物は、焼き始めればすぐにできるのですが、今日も店は満席模様なので、焼き台にのるまでの順番待ちがたいへんなのです。

 ガツ酢は、その名のとおりガツ(豚の胃袋)の酢物なのですが、白ゴマと刻みネギがトッピングされ、練り辛子が添えられます。

 焼き物が出たところで、今度は三冷黒ホッピー(同じく380円)をいただきます。

 続いてもらった煮込み大根(200円)は、もつ煮込み(350円)の鍋で、もつと一緒にじっくりと煮た大根。同じように、煮込みの鍋で一緒に煮たゆで卵を、煮たまご(100円)として、また豆腐を、煮豆腐(200円)として出してくれ、それぞれ人気の品です。

 常連さんたちとの会話もはずみつつ、さらに山イモしょうゆ漬(200円)をつまみに、バイスサワー(380円)をもらって終了。

 もちろんこのまま終わるはずはなく、二次会は、これまた久しぶりの「満月」へ。行った時間が早かったので、今日はママさんにも会うことができました。

121123a 121123b 121123c
新幹線では穴子づくし弁当 / やきとん「弐ノ十」 / 三冷白ホッピー

121123d 121123e 121123f
ガツ酢 / レバみそ / テッポウみそ

121123g 121123h 121123i
ハラミみそ / 三冷黒ホッピー / バイスサワー

121123j 121123k 121123l
山イモしょうゆ漬 / 「満月」 / トマト割り(300円)

121123m 121123n 121123o
カレイ煮魚(500円) / グラタン(450円) /

・「弐ノ十」の店情報前回) / 「満月」の店情報前回

《平成24(2012)年11月23日(金)の記録》

|

« 呉観光のお勧めコース … 田舎洋食「いせ屋(いせや)」(呉) | トップページ | 連載で書けてないこと … 炭焼「鳥平(とりへい)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/56416588

この記事へのトラックバック一覧です: 飴色に旨い煮込み大根 … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政)ほか:

» 手作りのハンバーグで … 居酒屋「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮) [居酒屋礼賛]
 「竹よし」を出て、本日の2軒目は西武新宿線・鷺ノ宮駅のすぐ近くにある居酒屋「満月」です。  このブログでは、いつも自宅にたどり着く前の最後の酒場としてご紹介することが多いので、深夜酒場的な印象を持っている方も多いかもしれませんが、実はごく普通の、夕方5時から開いている居酒屋で、しかも早い時間帯もまた人気が高いそうなのです。  現在は、オヤジさんが店に立つことはあまりなくて、私がよく行く深夜の時間... [続きを読む]

受信: 2013.01.24 21:57

» 冬だけの定番、煮大根 … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) [居酒屋礼賛]
 先週に続いて、この週末も首都圏は雪。  しかも、天気予報では先週よりも軽い予定だったのに、昨日(金曜日)の時点で、すでに先週よりもたくさん、ずっしりと積もっています。  先週は、単身赴任社宅に閉じ込められて動きが取れなかったので、今週は赤羽・十条方面か、東京下町方面に出かけようと思っていたのですが、予想外の大雪に交通も乱れているので断念。自宅近くの、歩いてでも帰れる場所で飲むことにします。  昨... [続きを読む]

受信: 2014.02.25 21:31

« 呉観光のお勧めコース … 田舎洋食「いせ屋(いせや)」(呉) | トップページ | 連載で書けてないこと … 炭焼「鳥平(とりへい)」(呉) »