« 〔くれ便り〕 第5回 呉酒まつり ~都々逸で一献~ | トップページ | 親子三代、家族で経営 … お食事処「寿(ことぶき)」(呉) »

魚のモツ煮に舌づつみ … 「北吉さしみ(きたよしさしみ)」(呉・倉橋町)

魚のモツ煮に舌づつみ


 倉橋島は室尾に、「北吉鮮魚店」が営む魚主体の酒場、「北吉さしみ」があります。地元の漁師さんたちも夜な夜なやってくる酒場なので、魚の味と鮮度は折り紙つき。

 今日は職場の飲み仲間たち8人で、2台の車を連ねて倉橋島までやってきました。

 「北吉さしみ」の名物は、店名にもなっている刺身と、穴子の湯引き、そして魚の内臓も入ったあら煮(魚のモツ煮?)です。

「その3品は絶対にいただきますから!」

 数日前に席を予約する段階から、強く念押しをして、今日の日を迎えたのでした。

 呉を出発して約1時間(距離にして30キロ弱)。午後6時半に「北吉さしみ」に到着すると、入口を入ってすぐの、タイル張りのフロアにあるテーブル席(8席ほど)は、すでに地元の呑ん兵衛たち(きっと漁師さんたち)で大いに盛り上がっている状態。

 う~ん。実に酒場らしいいい雰囲気だ。

 まだ素面(しらふ)の我われは、その横をそっと通って、隣接する座敷席へ。お店の人は、テーブル席との間にある襖(ふすま)を閉めてくれようとするのですが、ここはやっぱり開いてた方がいい。この酒場らしい空気を、ぜひ共有しようではありませんか。

 我われも生ビールと、ソフトドリンク(ドライバー2人)でカンパァ~イッ!

 すぐに刺身(イカ、ヒラメ、カンパチ、タイなどの盛り合せ)と、それを追いかけるように穴子の湯引きが出されます。

「今日は穴子が少なかったので、イカを混ぜてます。ごめんなさいね。」

 と言いながら出してくれた穴子の湯引き。プリッとした穴子はもちろんのこと、イカゲソの湯引きもしっかりとした食感(弾力感)で、これまたいいですねぇ。

「熱燗(あつかん)ください!」

 思わずそう注文してしまうくらい、旨みたっぷり。刺身用の醤油が、島特有の、ちょっと甘めの醤油というのもいいんでしょうね。

 熱燗で出された日本酒は、ここ「北吉鮮魚店」のすぐ近くで造られている、倉橋の地酒、「三谷春(みたにはる)」です。

 そして魚のもつの煮込み。内臓や卵、目玉のまわり、魚のあら、そして豆腐をと煮込んだあら煮は、熱燗が進んで仕方がない。

 通常は、このあたりで満腹になるのですが、今日は食いしん坊(そして呑ん兵衛)がずらりとそろっているので、まだまだ序の口。

 だし巻き卵と、サワラのたたきを追加注文すると、だし巻き卵の出汁(だし)の濃厚なこと。そしてこれも甘い味つけ。

 うちの田舎(松山市のはずれ)のほうもそうなんですが、昔から甘いのがごちそうという感覚なんでしょうね。ケチャップとマヨネーズも添えられているのがおもしろいなぁ。

 サワラのたたきは、表面が黒く焦げるほど、しっかりと火が通ったたたきなんですが、これはこれでまた美味しくていいですねぇ。

 ゆっくりと2時間半ほど楽しんで、お勘定は8人で25,000円(ひとり当たり3,125円)でした。大満足。どうもごちそうさま!

121102a 121102b 121102c
「北吉さしみ」 / 穴子とゲソのゆびき / 刺身盛り合せ

121102d 121102e 121102f
取り分けた魚のモツ煮 / だし巻き卵 / サワラのたたき

121102g 121102h 121102i
「北吉鮮魚店」側の看板 / 座敷から見たテーブル席 / 壁の短冊メニュー

店情報前回

《平成24(2012)年11月2日(金)の記録》

|

« 〔くれ便り〕 第5回 呉酒まつり ~都々逸で一献~ | トップページ | 親子三代、家族で経営 … お食事処「寿(ことぶき)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/56353974

この記事へのトラックバック一覧です: 魚のモツ煮に舌づつみ … 「北吉さしみ(きたよしさしみ)」(呉・倉橋町):

« 〔くれ便り〕 第5回 呉酒まつり ~都々逸で一献~ | トップページ | 親子三代、家族で経営 … お食事処「寿(ことぶき)」(呉) »