« 古い写真のようですが … お食事処「寿(ことぶき)」(呉) | トップページ | おでんあり、定食あり … お食事処「寿(ことぶき)」(呉) »

カツ丼を肴に燗酒1合 … そば処「平原(ひらはら)」(呉)ほか

カツ丼を肴に燗酒1合


 大衆食堂「寿」を出て、近くの「巴屋」で名物アイスもなか(100円)を1個買って、それを食べながら、れんが通りを南下します。

 「巴屋」は昭和28年創業の老舗食品店。弁当やパン、菓子類も売っているのですが、なんといっても一番人気はアイスもなかです。

 ミルク、チョコ、抹茶、コーヒーという4種の味があり、注文するとその場で、アイスを、もなかの皮ではさんで手渡してくれます。

 昔ながらの味は、やっぱりミルクですね。

 シャクッと香ばしいもなかの皮の食感と、ちょっとシャーベットっぽい、昔ながらのアイスクリンの冷たさ甘さがいい相性です。

 「巴屋」は、呉市内のあちこちに支店があるので、ついフラリと買ってしまうのでした。

 アイスもなかを食べつつ、いったん社宅に戻り、夕方6時半、改めて出陣です。

 夕方の部の1軒目は「オオムラ亜」。

 のりチーズ(200円)や、くんせい玉子(200円)をつまみに、生ビール(500円)を、グッと1杯、思わず2杯、あなたの勝手で3杯め。これで終わるかと思いきや、常連さんたちとの会話も弾んで、勢い止まらず4杯め。

 2,400円のお勘定を払って「オオムラ亜」を出て、〆の食事をいただこうと、そば処「平原」へ。今日はカツ丼(500円)と燗酒(千福1合380円)を注文します。

 「平原」はセットメニューが安いことでも有名。単品でカツ丼を注文すると、鰹出汁のよく効いたみそ汁が出されて500円ですが、『カツ丼とうどんのセット』を注文すると、そのみそ汁が、うどんに代わって600円と、わずか100円の差しかないのです。

 もともと単品のうどんが250円と、学食か社員食堂なみの値段ですもんねぇ。

 例によって、カツでちびり、玉子でちびり、出汁のよくしみたご飯でちびり、さらにはみそ汁でちびり、小皿の漬物でちびりと、燗酒と一緒に、ゆっくりとカツ丼を食べ終えて、お勘定は880円。どうもごちそうさま。

121020g 121020h 121020i
「巴屋」のアイスもなか / 「オオムラ亜」 / くんせい玉子(左奥が海苔チーズ)

・「オオムラ亜」の店情報前回) / 「平原」の店情報前回

《平成24(2012)年10月20日(土)の記録》

|

« 古い写真のようですが … お食事処「寿(ことぶき)」(呉) | トップページ | おでんあり、定食あり … お食事処「寿(ことぶき)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/56325620

この記事へのトラックバック一覧です: カツ丼を肴に燗酒1合 … そば処「平原(ひらはら)」(呉)ほか:

» 温かいつまみあります … ビヤハウス「オオムラ亜(おおむら・あ)」(呉)ほか [居酒屋礼賛]
 月刊「くれえばん」の連載原稿を書き終えて、午後7時過ぎに「オオムラ亜」へ。クゥ~ッと飲む生ビール(500円)が心地よい。  いつものように海苔チーズ(200円)を注文すると、のんちゃん(手伝いの女性)から、 「チーズは焼きますか?」  と確認が入ります。冬になって、「オオムラ亜」の店内(奥のほう)にも灯油ストーブが置かれるようになり、一部のつまみは、その上で焼くことができるようになったのです。 ... [続きを読む]

受信: 2013.01.04 13:58

« 古い写真のようですが … お食事処「寿(ことぶき)」(呉) | トップページ | おでんあり、定食あり … お食事処「寿(ことぶき)」(呉) »