« 店情報: 小料理「旁(かたがた)」(高円寺) | トップページ | 今年も川名で新年会! … 焼鳥割烹「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

年のはじめのハシゴ酒 … 小料理「旁(かたがた)」(高円寺)

お通しのおせち


 今年の初飲みは、もちろん1軒だけで終わるはずはなく、2軒目はにっきーさんと二人で高円寺の小料理「旁(かたがた)」へ。

 昨年の元日にも、荒木マタエモンさん、にっきーさんと3人でこの店にやってきたので、2年連続ですね。

 ていねいな言葉づかいで、ゆったりと話をしてくれる上品な女将がひとりで切り盛りする、カウンター席だけのこの小料理屋は、日曜日が定休日ながら、去年の年末年始は12月26日(月)から1月7日(土)まで連続的に営業していました。

 なので、きっと今年も開いているだろうと思ってやってきたのですが、予想どおり開いてました。今年も1月5日(土)まで休まず営業だそうです。ありがたや、ありがたや。

 まずは瓶ビール(アサヒスーパードライ中瓶、500円)をもらって乾杯。元日の今日は朝からずっと日本酒を飲んでたので、これが今年初のビールです。っか~っ。うまいのぉ~っ!

 「はい、どうぞ」と出してくれたお通し(500円)は、おせちの盛り合わせ。おせちは本当にいい酒の肴になりますねぇ。これはやっぱり日本酒だな。菊正宗(500円)を燗でいただきます。

 料理を作るのが趣味だという女将さん。メニューに並ぶ、日替りの季節料理は、そのほとんどが200円から500円ほどとリーズナブル。その中から、のっぺ(400円)と、くさや(400円)を注文します。

 くさやを食べるのは、本当に久しぶり。臭いんだけど、噛めば噛むほど旨みがジュワッと出てくる。そこへ燗酒をクイッ。うまいっ!

 菊正宗をおかわりして、つまみに、ぬかづけ(250円)をもらうと、大根、キュウリ、ニンジンなどの糠漬けの盛り合せが出されます。これまたすばらしいコストパフォーマンスですねぇ。

 元日にしか来ることができていないのが申し訳ない。今年は何度かやって来たいお店です。

 この2軒でも飲み足らず、元日から3軒目の酒場を求めてふらりふらり。野方あたりまで足をのばしたものの、酒場がほとんど開いていなくて、「自宅で飲んでる」という連絡があった、ふぢもと家に無理やり乱入。

 ふぢもと家のおせちをつまみに、とっておきの「神亀」をいただいて、元日の夜を締めくくったのでした。

 新年早々お騒がせし、たいへん失礼いたしました。ありがとうございました。>ふぢもとさん

130101d 130101e 130101f
店頭のメニュー看板 / のっぺ / くさや

130101g 130101h 130101i
ぬかづけ / ふぢもと家のおせち / 神亀

店情報前回

《平成25(2013)年1月1日(火)の記録》

|

« 店情報: 小料理「旁(かたがた)」(高円寺) | トップページ | 今年も川名で新年会! … 焼鳥割烹「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/56528601

この記事へのトラックバック一覧です: 年のはじめのハシゴ酒 … 小料理「旁(かたがた)」(高円寺):

» 和風のバーニャカウダ … 小料理「旁(かたがた)」(高円寺) [居酒屋礼賛]
 「川名」を出たところで午後5時過ぎ。自宅に帰るにはちと早いし、燗酒だって、まだ2合しか飲んでいない。 (本当はこのくらいの時間、このくらいの酒量が一番いいとわかってはいるのですが、いったん飲みはじめると止まらないんですよねぇ…。)  阿佐ヶ谷駅まで出て、北口・荻窪側につらなる酒場街や、南口・高円寺側に並ぶ酒場通りを見てまわるものの、まだ正月3日とあって、ほとんどの酒場は閉まってる。 『そうだ。元... [続きを読む]

受信: 2013.01.17 23:09

« 店情報: 小料理「旁(かたがた)」(高円寺) | トップページ | 今年も川名で新年会! … 焼鳥割烹「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »