« 店情報: 「養老乃瀧(ようろうのたき)新杉田店」(新杉田) | トップページ | ノドクロがすばらしい … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

寒さの冬は、ひとり鍋 … 「養老乃瀧(ようろうのたき)新杉田店」(新杉田)

キムチ鍋で燗酒


 「養老乃瀧」は、みなさんもご存じのとおり、チェーン居酒屋の草分け的存在。

 昭和13(1938)年に長野県松本市で「富士食堂」として創業。昭和31(1956)年に、もっと大きな会社にすべく、30人ほどの社員を引き連れて首都圏に進出し、横浜に「養老乃瀧」1号店をオープンしました。

 当時の「養老乃瀧」は『酒も飲める大衆食堂』という営業形態で、酒とつまみはもちろん、カレーライスや牛丼、うどんなどの食事メニューもあり、しかも24時間営業ということもあって大繁盛。寝る暇もない忙しさだっだのだそうです。

 この状態が続くとやっていけないという判断から、ご飯ものをなくして営業を簡素化し、居酒屋という営業形態になったのでした。

 そんなわけで、チェーン店ながらも創業からは75年。「養老乃瀧」となってからでも57年という老舗居酒屋で、今宵の酒場浴とあいなりました。

 新杉田店は、入口を入ってすぐ右側に4人ほど座れるカウンター席がありますが、ひとり客はほぼ、入口左手にある大テーブル(8人掛け)に座ります。この大テーブルは、テーブル中央の目の高さに、テーブルを横切る梁(はり)が通っているので、向いあったカウンター席のような使い方ができるのです。テレビを見ることができるのも、このテーブル席の人気の理由のひとつなんでしょうね。

 お通し(221円)の煮しめとお絞りを出してくれるおねえさんに、燗酒(白鶴の大徳利、378円)とキムチ鍋(473円)を注文します。

 寒さの冬は、やっぱり鍋ものに燗酒ですよね。

 すぐに大徳利が出され、固形燃料の簡易コンロがセットされます。そしてフタができないほど具が盛られた、ひとり用の鉄鍋が置かれ、固形燃料に着火。徐々に火が通ってきて、クツクツと煮えていく様子を見ながら飲むもの、ひとり鍋の大きな楽しみです。

 大テーブルには現在、私も含めて6人の中年男性が座っていますが、全員がひとり客。しかもみなさん、ほぼ毎日のようにやってきている常連客らしく、店員の女性たちからも名前で呼ばれているのがいいですねえ。

 チェーン居酒屋と言いつつも、ここはFC加盟店なので、個人営業の居酒屋と同じようなもの。店員さんも長く働いているようです。

 おっ。そろそろキムチ鍋もできてきたかな。

 自分だけのペースで、誰に遠慮することもなく楽しめるのがひとり鍋のいいところ。

 熱々の具をハフハフと食べては燗酒をチビリ。汁を飲んでは燗酒をチビリ、とやっているうちに身体もすっかりあったまったので、養老酎ハイのジャンボに切り換えます。

 酎ハイやサワー類は、通常のサワーグラスで300円、ジョッキで出されるジャンボが420円、サワーグラスながら焼酎を増量したダブルも420円ながら、なんと今は全時間帯で半額セール中。つまりレギュラーは150円、ジャンボとダブルは210円なのです。

 それでこのテーブルのおじさんたちは、みんな酎ハイのジャンボを飲んでたんですね。

 最後にライス、玉子、三つ葉と、追加のダシがセットになった雑炊セット(210円)をもらって〆。1時間半ほどの滞在。お勘定は1,491円でした。どうもごちそうさま!

 チェーン居酒屋でも、老舗はいいねっ。

130110a 130110b 130110c
「養老乃瀧」新杉田店 / お通しでチビチビと飲む / キムチ鍋が完成

130110d 130110e 130110f
養老酎ハイ(ジャンボ) / 雑炊セットを鍋に投入して / 雑炊で〆る

店情報

《平成25(2013)年1月10日(木)の記録》

|

« 店情報: 「養老乃瀧(ようろうのたき)新杉田店」(新杉田) | トップページ | ノドクロがすばらしい … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

コメント

遅くなりました。今年もよろしくお願い申し上げます。「養老乃瀧」良いですね。居酒屋に移行してからも57年とはすばらしいです。養老乃瀧は大概の物が揃っていて、それでいて安いので庶民の味方ですよね!そういえば、私の通勤途上にも「養老乃瀧」があるので、久しぶりに行ってみますね。先ずは、サッポロ生ビール(仙台工場「正式には、宮城県名取市」直送)を頼んで…。

このブログ記事とは関係ないですが、浜田信郎さま、胃腸炎やインフルエンザに気をつけてくださいね。

投稿: 仙台おおぽん | 2013.01.22 22:32

 いつもコメントをいただき、ありがとうございます。>仙台おおぽん様
 実はこの記事の3日くらい前に、会社の同僚と二人で、この「養老乃瀧」で飲む機会があり、チェーン居酒屋ながら、その実態は、ひとり呑みのオヤジ客も多い、普通の酒場であることを発見。
 改めてこの日、ひとりでやってきたのでした。
 おっしゃるとおり、メニューが幅広くて、しかも高くないのがいいですねえ。

投稿: 浜田信郎 | 2013.01.22 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/56601688

この記事へのトラックバック一覧です: 寒さの冬は、ひとり鍋 … 「養老乃瀧(ようろうのたき)新杉田店」(新杉田):

» 豚肉と白菜の味わい鍋 … 「養老乃瀧(ようろうのたき)」(新杉田) [居酒屋礼賛]
 日曜の夕方、軽く刺身が食べたくなって、「じぃえんとるまん新杉田店」に出かけたところ、なんと今日は臨時休業。 「この近くで、刺身が食べられそうな店は?」  と考えて、すぐ近くにある「養老乃瀧 新杉田店」にやってきました。  ここは毎月、奇数回めの日曜日が定休日。今日は1月の第4日曜日と、偶数回めとなる日曜日だから開いていたんですね。  1956年に横浜市内に第1号店を開店して以来、今年で創業58年... [続きを読む]

受信: 2014.02.05 22:07

« 店情報: 「養老乃瀧(ようろうのたき)新杉田店」(新杉田) | トップページ | ノドクロがすばらしい … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »