« 豚骨臭は懐かしの香り … 長浜ラーメン「御天(ごてん)」(下井草) | トップページ | 和風のバーニャカウダ … 小料理「旁(かたがた)」(高円寺) »

今年最初のひとり呑み … 焼鳥割烹「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷)

今年最初のひとり呑み


 正月ももう3日。今日から今年の『ひとり呑み』も開始しようと、出かけた酒場は、昨日もお世話になった「川名」です。

 このところ(特に呉で勤務していた3年ほどは)、何人かのグループで奥の座敷で飲むことが多かった「川名」ながら、それ以前は、ひとりで来ることが多かったのです。

 日曜日に、近所の図書館で本を返したり、借りたりするついでに、ふらりと夕食前の『酒場浴』を楽しむというパターンでした。

 今日も午後4時の口開けをねらったのですが、ちょっと出遅れて、店に着いたのは4時10分。7席分のカウンター席は、ラッキーにも入口から2番目の席だけがポツンと空いていて、そこに座ることができました。

「いらっしゃい」とカウンター内の厨房から笑顔を見せてくれる店主に、

「今日はひとりです。昨日は長時間、ありがとうございました」とごあいさつ。

 カウンターの外から、お通し(サービス)のみかんと手拭きを持ってきてくれたアルバイトのおにいさんに、燗酒2合(白雪、504円)を注文しておいて、カウンター内の壁、中央部にかけられている、今日のおすすめが手書きされたホワイトボードを確認。ほとんど待つこともなく燗酒を持ってきてくれたおにいさんに、ブリ刺(420円)を注文です。

 この流れが、「川名」で、ひとり呑みするときの一般的な流れです。

 まず飲み物を注文し、その飲み物が出てくるまでの間に一品目の料理を選ぶ。で、飲み物を出してくれたときに、その注文を済ませる。他の酒場でも似たような流れですね。

 燗酒をお猪口(ちょこ)に1杯ほど飲んだところへ、ブリ刺の登場です。なんとなんと。まばゆいばかりに美しいブリであることよ。見るからにおいしそうですねぇ。数の子をちょっと添えてくれているのもうれしい。

 さっそくそのブリ刺をひと切れ取って、ワサビをのせ、醤油に浸けると、その醤油の表面にサッと広がるブリの脂。

 チュルンと口に放り込むと、燗酒で温まった口中に、ブリの冷たさが心地よい。この弾力感と脂のうまみがブリですねぇ。

 燗酒が進むこと進こと。

 ブリ刺を数切れいただいたところで、次なる料理として、クロムツの西京焼(315円)を注文。焼き魚も店頭の炭火で焼いてくれるので、できあがりがひと味違うのです。

 予想どおり、ちょうどブリ刺を食べ終えたところへ、クロムツ西京焼が出されます。

 表面がカリッと香ばしく焼きあがっているのに、中の身はプリッとした弾力感とジューシーさを残して仕上がるのが炭火焼きならではですね。これまた酒が進むよなぁ。

 店主の手が空いたところで、ちょっとした会話が楽しめるのもカウンター席ならでは。店内は、昨日も今日も大盛況のにぎわいです。

 さっくりと1時間ほどの滞在。今日のお勘定は1,239円でした。どうもごちそうさま。

130103a 130103b 130103c
お通しのみかんと燗酒 / ブリ刺(数の子添え) / クロムツ西京焼

店情報前回

《平成25(2013)年1月3日(木)の記録》

|

« 豚骨臭は懐かしの香り … 長浜ラーメン「御天(ごてん)」(下井草) | トップページ | 和風のバーニャカウダ … 小料理「旁(かたがた)」(高円寺) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/56557786

この記事へのトラックバック一覧です: 今年最初のひとり呑み … 焼鳥割烹「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷):

» 豚軟骨もつ煮込み再開 … 焼鳥割烹「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) [居酒屋礼賛]
 日曜日なので、自宅のある都内でちょっと飲んでから、横浜の単身赴任社宅に向かうパターン。今日は阿佐ヶ谷の「川名」で飲むことにしました。  実は先の火曜日(6月11日)に、「川名」の店主・川名茂さんから、 「みなさまからのご要望にこたえて、今週から豚軟骨もつ煮込みを再開します」  というメールをいただいたのでした。  豚軟骨もつ煮込み(231円)は、私が知っている中では、ここ「川名」にしかない煮込み... [続きを読む]

受信: 2013.06.16 22:33

« 豚骨臭は懐かしの香り … 長浜ラーメン「御天(ごてん)」(下井草) | トップページ | 和風のバーニャカウダ … 小料理「旁(かたがた)」(高円寺) »