« 今年最初のひとり呑み … 焼鳥割烹「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | ずっしり重いやきとり … 焼き鳥「鳥竹(とりたけ)」(渋谷) »

和風のバーニャカウダ … 小料理「旁(かたがた)」(高円寺)

和風バーニャカウダ


 「川名」を出たところで午後5時過ぎ。自宅に帰るにはちと早いし、燗酒だって、まだ2合しか飲んでいない。

(本当はこのくらいの時間、このくらいの酒量が一番いいとわかってはいるのですが、いったん飲みはじめると止まらないんですよねぇ…。)

 阿佐ヶ谷駅まで出て、北口・荻窪側につらなる酒場街や、南口・高円寺側に並ぶ酒場通りを見てまわるものの、まだ正月3日とあって、ほとんどの酒場は閉まってる。

『そうだ。元日に行った「旁」にしよう!』

 そう思い立って、中央線のガード下をトコトコと高円寺へ。阿佐ヶ谷駅から高円寺駅までは、ほぼ全域にわたって、ガードの真下に歩道が通っていて、歩いてる人も多いのです。

「こんばんは。ひとりです。」

 直線カウンターだけの、うなぎの寝床のような店内に、先客は一番奥の年配男性と、中央あたりに男女ふたり連れの合わせて3人。

 私も手前のほうに座り、まずは菊正宗(500円)の燗酒をもらと、今日のお通し(500円)は牛肉の佃煮小鉢。さらに女将さんから「生野菜は大丈夫ですか?」という確認が入って、白菜、パプリカ、そしてカブが盛られた皿が出され、「これをつけて食べてください」と、つけダレの小鉢が出されます。

 ど~れどれ。あっ。これは美味しい!

「これは和風のバーニャカウダですね?」

「わかりますか? そうなんですよ。イカの塩辛を使って作ってみたんです。」

 なるほど。燗酒ともよく合います。これもお通しの一品というのがすごいなぁ。

 この和風バーニャカウダをきっかけに、女将と少しお話をさせていただいたところ、この店は平成12(2000)年の創業。今年で13年目になるんだそうです。女将は料理が趣味で、この店のほとんどの料理が手作り。

 菊正宗(500円)の燗酒をおかわりして、これもまた手作りという松前漬(300円)をもらうと、数の子もたっぷりで、これまたものすごく日本酒によく合います。

 1時間半ほどの滞在。お勘定は1,800円でした。どうもごちそうさま。

130103d 130103e 130103f
「菊正宗」燗酒 / 牛肉の佃煮 / 松前漬

店情報前回

《平成25(2013)年1月3日(木)の記録》

|

« 今年最初のひとり呑み … 焼鳥割烹「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | ずっしり重いやきとり … 焼き鳥「鳥竹(とりたけ)」(渋谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/56563457

この記事へのトラックバック一覧です: 和風のバーニャカウダ … 小料理「旁(かたがた)」(高円寺):

« 今年最初のひとり呑み … 焼鳥割烹「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | ずっしり重いやきとり … 焼き鳥「鳥竹(とりたけ)」(渋谷) »