« うずら卵をピータンに … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) | トップページ | 豚鍋つまみに燗酒2本 … 「はまや食堂」(杉田) »

コハダ酢にピリリ山椒 … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町)

コハダの酢の物


 定番の料理5品と燗酒3杯でおなじみの「武蔵屋」ですが、定番の5品以外にも、コハダの酢の物や、ニシンの煮付け、煮貝、キヌカツギなどの料理が用意されていて、それぞれ500円で追加注文することができます。

 上の写真はコハダの酢の物。大根の千切りの上にコハダがのり、おろし生姜がトッピングされています。

 コハダの切り方は季節によって違うようですが、今の季節は斜めにスライス。つながった身のように見えますが、斜めの切り目ごとに、ひと切れずつに分かれています。

 コハダと呼ぶには、もう大きすぎるくらいですが、味はいいですねえ!

 小粒でもピリリと辛い、山椒の実が、とってもよく効いていて、「武蔵屋」ならではの桜正宗の燗酒が進むこと進むこと。

 今日は、小上がりの座敷、一番手前にある2人卓にひとりで座り、小瓶のビール(キリン一番搾り、500円)からはじめました。

 ビールを注文すると、小皿に入れた豆菓子も出してくれるので、これをポリポリとやりながらビールを飲むんですね。

 そしてチビチビと燗酒を飲んでいたら、

「こちらでご相席をお願いします。浜田さん、よろしくね」

 と、おばちゃん(=女将)に案内されて、小さな2人卓の向かい側にやって来たのは、女優の五大路子(ごだい・みちこ)さん。

 ちょうど1年ほど前にも、この店で五大さんにお会いしました。

 そのときは、五大さんご自身がおばちゃん(女将)役として、『野毛武蔵屋 三杯屋の奇跡』という公演をされる直前で、五大さんはきっちりとした和服姿でいらっしゃってました。

 今日は仕事帰りの洋服姿。

 おばちゃんが、「この方はね…」と、私のことを五大さんに紹介してくださって、しばし歓談させていただきます。

「よくいらっしゃってるんですか?」

 とたずねてくださる五大さんに、

「今年に入って、今日で3回目です」

 と答えると、

「あら、私も3回目。近くに来ると、寄って帰りたいのよね。この店が落ち着くのよ」

 と微笑む五大さん。さすが女優。輝く笑顔に、ものすごいオーラがあるなあ。

 ゆっくりと最後の燗酒を飲み干して、

「それでは、私はこれで。お先に」

 と五大さんにごあいさつして立ち上がると、

「なるべくまっすぐお帰りくださいね」

 とおばちゃんからも声がかかります。

「はい、ありがとうございます。今日もごちそうさまでした」

 おばちゃんと五大さん、そして店を手伝っているみなさんの笑顔に見送られながら、「武蔵屋」をあとにしたのでした。

店情報前回

《平成25(2013)年1月29日(火)の記録》

|

« うずら卵をピータンに … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) | トップページ | 豚鍋つまみに燗酒2本 … 「はまや食堂」(杉田) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/56834347

この記事へのトラックバック一覧です: コハダ酢にピリリ山椒 … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町):

» 営業再開の美酒に酔う … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町) [居酒屋礼賛]
 おばちゃんがインフルエンザにかかってしまい、1ヶ月近くお休みしていた「武蔵屋」。今日から営業を再開いたしました。  こういうニュースは、野毛の呑兵衛(のんべえ)たちの間を、あっという間に駆けめぐり、私も仕事を終えてから「武蔵屋」のある野毛(のげ)へと向かいます。  店に着いたのは午後7時過ぎ。再開当日にもかかわらず、店は大にぎわいで、もしかすると入れないかと一瞬心配したほど。かろうじて空いていた... [続きを読む]

受信: 2013.06.03 11:26

« うずら卵をピータンに … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) | トップページ | 豚鍋つまみに燗酒2本 … 「はまや食堂」(杉田) »