« 薩摩無双をお湯割りで … 「兵六(ひょうろく)」(神保町) | トップページ | 近所のもつ焼き屋巡り(2) … もつ焼き「ホルモン」(沼袋) »

近所のもつ焼き屋巡り(1) … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方)

みそ焼きとホッピー


 もう1月も終わったのに、うちの近所のもつ焼き屋さんへのごあいさつが済んでないことに、昨日、「宇ち多゛」のもつ焼きをほお張りながら気がついた。

 そんなわけで、今日、土曜日の1軒目は、野方の「秋元屋」からスタートです。

 店に到着すると、店主の秋元さん自らが店頭に立って、陣頭指揮をとられています。

 さっそく秋元さんにごあいさつをして、向かって左、旧店舗側のコの字カウンター奥の、残りわずかな空席の1つに腰をおろして、まずは三冷白ホッピー(400円)をもらって、グゥ~ッと喉を潤してから料理の選択。

 「秋元屋」と言えば、やっぱり味噌焼き。れば・はらみ・てっぽう(各100円)の3種を1本ずつ、味噌焼きで注文します。

 焼き物などの料理の注文は、カウンターの中にいる二人のおにいさんではなくて、カウンターの外にいるおにいさんにするのが、このところの「秋元屋」のルールになっているようで、ちょっと戸惑ってしまいました。

 いかにご無沙汰しているかということがわかっちゃいますね(汗)。

 そもそも、知っている店員さんが、店主の秋元さんと、まっちゃんの二人しかいない。

 よく知っている人たちが、どんどん独立していって、それらのお店にちょっとずつ顔を出しているうちに、肝心かなめの本家「秋元屋」にごぶさたすることになっちゃってたんですねえ。

 自らも下町酒場好きである秋元さんが、平成16(2004)年にここに「秋元屋」を開店し、東京西部のこの町に、下町酒場の風をど~んと吹かせました。今では、西武新宿線の各駅にもつ焼き(やきとん)屋があるほどの状態です。

 ほんの8年で、こんなにも変わったことに驚きつつ、30分ほどの滞在。今日のお勘定は800円でした。どうもごちそうさま。

店情報前回

《平成25(2013)年2月2日(土)の記録》

|

« 薩摩無双をお湯割りで … 「兵六(ひょうろく)」(神保町) | トップページ | 近所のもつ焼き屋巡り(2) … もつ焼き「ホルモン」(沼袋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/56902681

この記事へのトラックバック一覧です: 近所のもつ焼き屋巡り(1) … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方):

» もつ煮込みをいろいろ … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) [居酒屋礼賛]
 野方(のがた)での2軒目は「秋元屋」。平成16(2004)年の創業とまだまだ新しい店ながら、今や都区内西部を代表するもつ焼きの名店の1軒に数えられるようになり、「秋元屋」で修業した人たちも次々と新たなもつ焼き店を開店。この界隈もすっかりもつ焼きの激戦区になりました。  その「秋元屋」の表のテーブルの1つを4人で囲み、ホッピー(380円)をもらって、改めて乾杯。  まず最初のつまみは煮込みから。も... [続きを読む]

受信: 2013.04.06 17:16

« 薩摩無双をお湯割りで … 「兵六(ひょうろく)」(神保町) | トップページ | 近所のもつ焼き屋巡り(2) … もつ焼き「ホルモン」(沼袋) »