« 豚鍋つまみに燗酒2本 … 「はまや食堂」(杉田) | トップページ | 汁が絶品!カキおでん … 「二毛作(にもうさく)」(立石) »

レバたれ若焼きで梅割 … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(立石)

レバたれ若焼きで梅割


 都内での仕事が早めに終わったので、よしっ、と思い立って向かったのは立石。もつ焼きの「宇ち多゛」に向かいます。

 もつ焼きというのは、豚の精肉以外の部分を、部位ごとに串に刺して焼いた料理。

 言葉で聞くととってもシンプルなのに、とても奥が深い世界なのです。

 「宇ち多゛」の前に到着したのは、午後5時過ぎ。この時間に着くと、金曜日でも行列はないんですね。すぐに店内に入れました。

 ここは、飲み物も料理も、ほぼ180円均一。

 もつ焼きは2本で180円で、焼酎の梅割りや、葡萄割りも180円。ビールも小瓶が360円、大瓶は540円と、それぞれ180円の倍数です。

 今日は、最初っから焼酎の梅割り(180円)でスタートし、料理は『レバたれ若焼き』(2本180円)と、お新香を『ショウガのっけてお酢』(180円)でいただきます。

 『レバたれ若焼き』というのは、「宇ち多゛」ならではの符丁で、『レバのもつ焼きを、味付はタレで、焼き方は若めでお願いします』ということを略した言い方です。

 レバは豚の肝臓なのですが、このプリップリ感といったら、もうたまりません。

 私自身、昔は、レバと言えば、なにやらねっとり感があったり、独特の臭いがあったりと、あまりいいイメージはありませんでした。

 ところがっ! 東京に出てきて、もつ焼きのレバを食べて驚いた。食感はプリップリだし、臭みなんてまったくないし、口の中に広がるコクがものすごい。焼酎系の飲み物と、ものすごい相性で合うのです。

 お新香の『ショウガのっけてお酢』というのは、もともと大根ときゅうりの糠漬けに、紅生姜をちょっとのっけて、醤油をかけて出してくれるのが標準なのに対して、『紅生姜を多めにして、醤油に加えてお酢も入れてください』ということを短縮した言い方です。

 お客さんがあれやこれやと適当な言い方で注文すると、お店の人たちは、それを焼き台や厨房に決まった符丁で通す。そんなことが続いているうちに、お客のほうもその符丁を覚えちゃった、ということなんでしょうね。

 続いてはカシラ(豚の頭部の肉、2本180円)を塩焼きでもらって、梅割りをおかわり。

 さらにナンコツ(喉肉、2本180円)もミソでもらいます。ミソというのは、素焼きしたナンコツを、煮込み汁にさっとくぐらせて出してくれるもの。もともとのナンコツのうまさに、煮込みのコクも加わります。

 “からしお”という注文をしてる人もいます。これは塩焼きしたもつ焼きを、煮込みの汁にくぐらせて出してくれるもののようです。もともと塩っ気があるものに、さらに味噌の味も加わるので、けっこうしょっぱそう。

 3杯目の梅割りをもらって、つまみは『アブラとハツを1本ずつお酢』(この2本で180円)。“1本ずつ”と注文できるのは、“生(なま)”だけ。串に刺したもつを、焼かずに、醤油をかけて、さらに“お酢”と注文しておくと、お酢もかけて出してくれます。

 “生”というものの、ここのもつ焼きは、レバ以外はあらかじめ下ゆでしているので、本当の生(刺身)ではありません。これはこれで美味しいので、ぜひお試しあれ。

 午後6時が近くなると、仕事を終えた人たちもどんどんやってきて、いつもの「宇ち多゛」らしいにぎわいになってきました。

 私も4杯目となる梅割り(180円)をもらって、〆の一品は『シロたれよく焼き』(2本180円)です。これは、豚の腸をタレをつけながらしっかりと焼いたもつ焼き。

 レバに始まり、シロに終わる。まさにもつ焼きの王道的な食べ方だろうと思います。

 1時間ちょっとの滞在。梅割り4杯と、おかずが6品で、お勘定は1,800円でした。

 どうもごちそうさま!

130201a 130201b 130201c
「宇ち多゛」 / かしら塩 / なんこつ味噌

130201d 130201e
はつ・あぶら生お酢 / しろタレよく焼き

店情報前回

《平成25(2013)年2月1日(金)の記録》

|

« 豚鍋つまみに燗酒2本 … 「はまや食堂」(杉田) | トップページ | 汁が絶品!カキおでん … 「二毛作(にもうさく)」(立石) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/56861432

この記事へのトラックバック一覧です: レバたれ若焼きで梅割 … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(立石):

» 土曜の昼は立石ツアー … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(立石)ほか [居酒屋礼賛]
 毎週土曜日は、これといった予定がない限り『大人の遠足』の日。電車に乗って、ちょっと遠くの町まで『わざわざ』飲みに出かけます。『わざわざ』行くのがいいんですね。  とは言うものの、出かける先はほぼ決まっていて、立石を中心とした葛飾エリアか、門前仲町・木場を中心とした深川エリア、あるいは赤羽・十条などの城北エリアのいずれかであることが多い。これらのエリアには魅力的な酒場が多いので、ついつい足が向いて... [続きを読む]

受信: 2013.06.30 14:34

« 豚鍋つまみに燗酒2本 … 「はまや食堂」(杉田) | トップページ | 汁が絶品!カキおでん … 「二毛作(にもうさく)」(立石) »