« 電車の前にちょい飲み … 「愛知屋酒店(あいちやさけてん)」(新杉田) | トップページ | 今年4月で創業35年 … カクテルラウンジ「日登美(ひとみ)」(新井薬師前) »

とりもつなべで菊正宗 … 「鍵屋(かぎや)」(鶯谷)

とりもつなべ


 2年ぶりの「鍵屋」は満席に近い状態。しかしながら、カウンターの中央部にちょうどひとり分の空席があって、そこに入れてもらうことができました。

 すぐに出されるお通し(サービス)は、小さな器のところてん。

「菊正宗(530円)と、とりもつなべ(690円)をお願いします」

 と注文すると、奥の厨房に『とりもつなべ』の注文が通され、カウンター内の銅製の燗づけ器で、菊正宗の燗がつけられます。

 酒問屋として江戸時代に創業、昭和24(1949)年に本格的な居酒屋になった「鍵屋」の料理はすべて、昔ながらの酒の肴(さかな)。

 焼き物は、とり皮やき(2本520円)、とりもつやき(2本540円)、合鴨塩やき(2本580円)に、うなぎ くりからやき(1本490円)の4種。

 豆腐料理は、冷奴(520円)、煮奴(580円)、湯どうふ(秋冬のみ、730円)の3種。

 これに加えて小さなひとり用の鍋物は、とりもつなべ(690円)と、とり皮なべ(690円)。

 この他に、味噌おでん(540円)、たたみいわし(640円)、大根おろし(440円)、ところてん(420円)、お新香(470円)、さらしくじら(740円)、もずく(540円)、かまぼこ(540円)、玉子焼(土曜日のみ、540円)、にこごり(秋冬のみ、620円)の、合計19品です。

 燗酒(菊正宗)をちびちびとやりながら、待つことしばし。ひとり用のステンレス鍋で仕上げられた鶏もつ鍋が出てきました。

 とりもつなべの具材は、とりもつ(心臓、肝臓、砂肝)のほか、豆腐、麩、玉ねぎ、玉ねぎと同じくらい細く切ったこんにゃく。

 東京ならではの、甘辛い割り下で煮込まれた鶏もつ鍋は、レバのコクと、砂肝のコリッとした食感がいい。「鬼平犯科帳」(池波正太郎)で長谷川平蔵が食べている軍鶏鍋も、こんな料理だったのかなあ。

 左どなりに座るおじさんは、この店に40年も通っているという常連さんで、お猪口(ちょこ)も、他のみんなの上に向かって広がった白い猪口とは違って、青いぐい飲みです。

「でもホントはその猪口のほうがいいんだよ。空気と一緒にすすりやすいようにできている。空気と一緒に飲むと、甘い酒も辛口に感じるんだ」

 ということで、お茶やみそ汁をすするときと同じように、ズズズッとすすって飲んでみると、最初にむせるようなアルコールの香りが喉の奥までドーンと飛び込んできて、それから日本酒がやってくる。なるほどこれは、いつもより強烈さを感じるなあ。

 太田さんがツィーーッという飲み方を表現されて以来、日本酒を飲むのはツィーーッが標準的だったけど、お茶やお吸い物の飲み方から類推すると、このズズズッのほうが昔ながらの飲み方なのかもしれないなあ。

「カウンターの中、上部に飾られている花は、いつも変わらずカサブランカなんだ」

 とそのおじさん。鶏もつ鍋についても、

「具で2本、残った汁で1本いけるよね」

 という話してくれました。

 私ももう1本、菊正宗をいただいて1時間ほどの滞在は、1,750円。

 店主とおかみさんの、「ありがとう存じます」の声に見送られながら店を後にしたのでした。

130209a 130209b 130209c
「鍵屋」 / お通し(ところてん)と燗酒 / 品書き

店情報前回

《平成25(2013)年2月9日(土)の記録》

|

« 電車の前にちょい飲み … 「愛知屋酒店(あいちやさけてん)」(新杉田) | トップページ | 今年4月で創業35年 … カクテルラウンジ「日登美(ひとみ)」(新井薬師前) »

コメント

汁で一杯って、粋なかんじでいいなあ。
(・∀・)

投稿: 博多の居酒屋 | 2013.03.24 10:58

由緒正しき居酒屋「鍵屋」。いつまでも残っていて欲しいものですね。

投稿: 仙台おおぽん | 2013.03.24 20:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/57021997

この記事へのトラックバック一覧です: とりもつなべで菊正宗 … 「鍵屋(かぎや)」(鶯谷):

» 煮やっこで飲む櫻正宗 … 酒「鍵屋(かぎや)」(鶯谷) [居酒屋礼賛]
 横浜の勤務先から、都内の自宅へと帰る道すがら、鶯谷駅で途中下車して「鍵屋」です。  京浜東北線に乗り込めば、横浜、川崎、品川、新橋、神田、上野、赤羽、さらには浦和、大宮方面まで、乗り換えることなしに行くことができるので、この沿線で飲んで帰るのが金曜日の夜の楽しみになっているのでした。  金曜日、午後8時前の「鍵屋」は、予想どおり満席に近い状態ながら、前回同様、カウンター中央部の、ちょうど燗づけ器... [続きを読む]

受信: 2013.05.04 15:07

« 電車の前にちょい飲み … 「愛知屋酒店(あいちやさけてん)」(新杉田) | トップページ | 今年4月で創業35年 … カクテルラウンジ「日登美(ひとみ)」(新井薬師前) »