« 汁が絶品!カキおでん … 「二毛作(にもうさく)」(立石) | トップページ | 近所のもつ焼き屋巡り(1) … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) »

薩摩無双をお湯割りで … 「兵六(ひょうろく)」(神保町)

薩摩無双をお湯割りで


 京成立石をあとに、押上(おしあげ)で地下鉄・半蔵門線に乗り換えて神保町(じんぼうちょう)へ。今日の3軒目は昭和23(1948)年創業の老舗酒場、「兵六」です。

 金曜午後8時前の店内は、ゆるやかに満席状態ですが、コの字カウンターの奥のほうの人たちが、ちょっとずつ詰め合わせてくれて、そこに入ることができました。

 この店のカウンター席は、2本の丸太が並んだベンチシート的な造り。込んでくると、ちょっとずつ詰め合わせることで、もうひとりくらい入ることができるのです。

 飲み物は、創業当時からのこの店の名物でもある、芋焼酎「薩摩無双」(680円)のお湯割りをいただきます。

 ほんわりと温かみのある薩摩無双が、ずんぐりと丸っこい徳利に入れられて、その徳利と揃いの、ぐい飲みのような、少し大きめのお猪口と一緒に出されます。それとは別にアルミの急須で白湯が出されるので、自分でお湯割りを作るんですね。

 まずはお猪口の半分くらいまで白湯を入れて、その上に、徳利から芋焼酎を注ぐと、フワッと立ち上る芋焼酎のいい香り。

 料理のほうも、炒麺(やきそば950円)、餃子(580円)、炒豆腐(ちゃーどうふ580円)、兵六あげ(420円)などなどと、いろんな名物がそろっている中、今日は「つけあげ」(530円)をいただきます。

 つけあげというのは、薩摩揚げのこと。地元・鹿児島ではそう呼ぶんだそうです。

 丸いの、四角いの、棒状のものの3種のつけあげが盛り合わされて、皿のふちには練りガラシが添えられます。

 甘みのあるつけあげに、醤油をさっと回しかけて、カラシをちょいちょいとつけながらいただくと、芋焼酎との相性は抜群です。

 「兵六」の店内で一緒になった酒友・橋本さんとともに店を出て、すぐ近くのカフェ「ミロンガ」で、詩人の水上紅さんとちょっと飲んだ後、築地の「ねこ屋」に向かうも満席で入れず、さらに移動して向かった銀座のバー「ロックフィッシュ」は、今日は午後10時半までの営業で、すでに閉まったあとでした。残念!

130201g 130201h 130201i
「兵六」 / つけあげ / 「ミロンガ」

店情報前回

《平成25(2013)年2月1日(金)の記録》

|

« 汁が絶品!カキおでん … 「二毛作(にもうさく)」(立石) | トップページ | 近所のもつ焼き屋巡り(1) … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/56877400

この記事へのトラックバック一覧です: 薩摩無双をお湯割りで … 「兵六(ひょうろく)」(神保町):

» 薩摩無双をお湯割りで … 「兵六(ひょうろく)」(神保町) [居酒屋礼賛]
 ここに来るといつも、「薩摩無双」(芋焼酎、680円)のお湯割りをもらいます。  大きなヤカンで少しだけ温めた焼酎を、独特な丸っこい形状の徳利に注いでくれ、それとは別にアルミの小さな急須(きゅうす)でお湯が出されます。  一緒に出される小さな猪口で、お湯割りを作るのです。  まずは急須のお湯を猪口に半分くらい入れて、その上に徳利の焼酎を注ぐとできあがり。  ほわんと立ちのぼる、芋焼酎の独特の香り。... [続きを読む]

受信: 2013.10.21 21:35

« 汁が絶品!カキおでん … 「二毛作(にもうさく)」(立石) | トップページ | 近所のもつ焼き屋巡り(1) … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) »