« 鶏もつフライもいいね … 立ち飲み「福田フライ(ふくだふらい)」(桜木町) | トップページ | ツナとタイカレー缶詰 … バー「野毛ハイボール(のげはいぼおる)」(桜木町) »

久しぶりのぬくっピー … バー「ホッピー仙人(ほっぴいせんにん)」(桜木町)

ぬくっピー


 野毛での2軒目は、大岡川沿いに建つ三日月形のビルの2階にあるホッピー専門のバー、「ホッピー仙人」です。

 この三日月形のビルは、東京オリンピック(1964年)開催に伴って、この界隈の露店や屋台を収納するために建てられたもの。このビル全体が『都橋(みやこばし)商店街』という商店街になっています。

 昔は1階は商店、2階は飲食店(主としてスナック)といった感じだったのですが、最近はビル全体が飲食店といった状態。新しい店もどんどん増えてきているのです。

 その新店ブームの立役者になったのが、ここ「ホッピー仙人」だと私は思っています。平成13(2001)年に創業したこの店が大成功してから、このビルに新しい店がどんどん増えてきたからです。今や、ビル全体が野毛の人気スポットのひとつになっています。

 サーバー(=樽ホッピー)の白・黒、ビン(=瓶ホッピー)の白・黒、すべてそろっている(各500円)なか、今日は瓶白(びんしろ)からスタートです。

 樽ホッピーも瓶ホッピーも、中身は同じだと思うのですが、瓶ホッピーのほうが、喉(のど)にキッとぶち当たるような、きつい感じがします。樽ホッピーならではの泡の存在が、もしかしたらマイルド感を出してくれているのかもしれません。

 樽ホッピーは、生ビール用のサーバーで注がれます。手前に引けば液体のビールが、向こうに倒せば泡が出るのが、最近の生ビール・サーバーの仕組み。

 このとき出る泡は、ビールをそのまま泡にしたものなので(=空気を混ぜたものではないので)、泡もビール100%なのです。

 ということは、同じサーバーで樽ホッピーを注ぐと、最後にシュワァ~ッと足される泡はホッピー100%。液体の部分は焼酎と混ざり合ってますが、泡の部分は、ホッピーそのもののアルコール濃度(約0.8%)でしかないということなのです。

 その泡が、最初に口の中に飛び込んでくるので、ライトな印象を受けるんでしょうね。

 しかしながら、その下の液体の部分は、瓶でも樽でも同じ濃さなので、泡の軽快さにだまされてはいけませんぞぉ!

 2杯目には、久しぶりに「ぬくっピー」(500円)を注文。これは、その名のとおり温かいホッピーです。

 普通のホッピー(だけでも4種類ある)のみならず、こういうちょっと変わり種のホッピーもあるところが、ホッピー専門バーたるゆえんですね。

 午後9時半が近くなって、どんどんお客さんが増えてきたので、私のほうはここでお勘定。1時間弱の滞在は1,000円でした。

 久々のぬくっピーが、おいしかったなあ。

店情報前回

《平成25(2013)年2月19日(火)の記録》

|

« 鶏もつフライもいいね … 立ち飲み「福田フライ(ふくだふらい)」(桜木町) | トップページ | ツナとタイカレー缶詰 … バー「野毛ハイボール(のげはいぼおる)」(桜木町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/57260495

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりのぬくっピー … バー「ホッピー仙人(ほっぴいせんにん)」(桜木町):

» ふんわりと納豆玉子焼 … 居酒屋「田舎屋(いなかや)」(桜木町)ほか [居酒屋礼賛]
 仕事を終えて、野毛(のげ)に出て来たものの、残念ながら「武蔵屋」は臨時休業中。(注:その後、3月5日に再開しました。)  それじゃ、と向かったのが、その「武蔵屋」からバス通りを挟んだ反対側の、野毛の飲み屋街の中にある老舗の居酒屋「田舎屋」です。  店内は、左手にカウンター6席、その背後、通路を挟んで右手の壁際にに2人掛けテーブル席が2卓。とまあ、ここまでであれば「小ぢんまりとした酒場ですね」とい... [続きを読む]

受信: 2013.05.19 14:52

« 鶏もつフライもいいね … 立ち飲み「福田フライ(ふくだふらい)」(桜木町) | トップページ | ツナとタイカレー缶詰 … バー「野毛ハイボール(のげはいぼおる)」(桜木町) »