« さんま塩焼定食で燗酒 … 「はまや食堂(-しょくどう)」(杉田) | トップページ | 久しぶりのぬくっピー … バー「ホッピー仙人(ほっぴいせんにん)」(桜木町) »

鶏もつフライもいいね … 立ち飲み「福田フライ(ふくだふらい)」(桜木町)

鶏もつフライもいいね


 火曜日の今日は野毛(のげ)飲み。

 野毛に行くときのルートはほぼ定着化しています。会社の最寄駅から桜木町(さくらぎちょう)駅まで出て、改札を抜けたら右(山側)へ。「野毛ちかみち」と名付けられた地下道(地下鉄の入り口でもある)を抜けて、野毛の町へと出るのです。

 その「野毛ちかみち」を右側に抜けると、「武蔵屋」などのある野毛坂(のげざか)方面。左側に抜けると約500軒もの飲食店がずらりと並ぶ、野毛の酒場街に入ります。

 なにしろ読みようによっては『のもう』ですもんねえ、『野毛』という字は。

 そんな野毛の酒場街(野毛小路)の入り口にあるのが、立ち飲み串揚げの「福田フライ」。店の電燈看板には「フライ屋」と書かれているんだけど、ここに飲みに来る人は、みんな「福田フライ」だとか、それを略して「FF(エフエフ)」と呼んでいるのです。

 女将さんの名前が福田サダコさんなので、『福田さんがやってるフライ屋さん』ということで、「福田フライ」となったようです。

 今は息子さんが手伝っていて、忙しいときには娘さんも手伝いに入ります。

 まずは燗酒(大関1合380円)をもらって、つまみにはアジ(150円)とカボチャ(140円)を揚げてもらい、味付けはソース(=ウスターソース)でお願いします。

 関西風の串カツ屋では、「2度づけ禁止」で、自分でソースをつけますが、横浜のフライ屋では、串揚げを揚げ終えたところで、トプンとソースの壺につけて出してくれます。

 「福田フライ」の場合は、普通のソースのほかに、ニンニクや辛子が効いた『辛いソース』というのがあって、そっちのほうが人気が高い。しかしこの辛いソース、臭い(ニンニク臭)も強烈なので、明日も仕事という日は避けておいたほうが無難なのでした。

 普通のソースで出してもらった場合には、カウンター上に置かれている、メロンアイスの器に入った練り辛子をつけていただきます。

 続いてカブの漬物(150円)を注文すると、今日は品切れで、漬物はキュウリ(150円)、ナス(200円)、白菜(150円)とのこと。冬なので白菜をいただくことにして、燗酒(380円)もおかわりです。

 このフライと漬物が、昭和23(1948)年ごろに、「福田フライ」が屋台として創業した当初からの伝統の品だそうです。

 この店のフライには、鶏もつのフライもあるので、その中から、砂肝(140円)、ハツ(140円)、とりかわ(140円)の3種を1本ずつ、塩(=素揚げして塩を振る)で注文したところ、砂肝は残念ながら売り切れ。仕方なく、その代わりにレバー(鶏れば、140円)をもらったところ、このレバーがおいしいこと!

 食わず嫌いということでもないのですが、これまであえて注文することがなかった一品が、このレバー。揚げてサラッと塩を振っただけで、こんなにも美味しいとは。もっと前から食べておけばよかったなあ。

 創業当時からの伝統の品を堪能したところで、今度は息子さんが入ってから始まった魚介料理から、石垣鯛南蛮漬け(500円)をもらうと、これがまた、身もさることながら、皮のむっちり感がものすごいっ。

 思わず「う~む」と唸りながら、舐めるように燗酒を飲んでしまいました。

 ゆっくりと1時間ほど立ち飲んで、今日のお勘定は2,220円。どうもごちそうさま。

130219a 130219b 130219c
アジ、カボチャ / 白菜漬物 / 石垣鯛南蛮漬け

店情報前回

《平成25(2013)年2月19日(火)の記録》

|

« さんま塩焼定食で燗酒 … 「はまや食堂(-しょくどう)」(杉田) | トップページ | 久しぶりのぬくっピー … バー「ホッピー仙人(ほっぴいせんにん)」(桜木町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/57254030

この記事へのトラックバック一覧です: 鶏もつフライもいいね … 立ち飲み「福田フライ(ふくだふらい)」(桜木町):

» ソースも合う、鶏もつ … 「福田フライ(ふくだふらい)」(桜木町) [居酒屋礼賛]
 今日もまた「武蔵屋」に行って、「ホッピー仙人」に行って、ぼちぼち帰ろうかと桜木町駅に向かっていると、おろっ。「福田フライ」が開(あ)いているし、空(あ)いている。  時計を見ると午後9時45分。 「あと15分だけ!」  と、店の入り口近くにあるフライヤー(おばちゃんがいるところ)の横に立ち、奥のノブさん(息子さん)に酎ハイ(400円)をお願いして、目の前のおばちゃんには、とりかわ、ハツ、砂ギモ、... [続きを読む]

受信: 2013.07.25 09:20

« さんま塩焼定食で燗酒 … 「はまや食堂(-しょくどう)」(杉田) | トップページ | 久しぶりのぬくっピー … バー「ホッピー仙人(ほっぴいせんにん)」(桜木町) »