« ぺるじいの想いは今も … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) | トップページ | レバみそもいいねえ! … 台湾料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町) »

富山エールを飲み比べ … 生ビール「ヌビチノ(El Nubichinom)」(桜木町)

アメリカン・ゴールデン・エール


 月曜日の朝、早起きするのがつらいので、いつも日曜日の夜のうちに、横浜の単身赴任社宅まで移動しています。

 たいていの場合、土曜日に飲み過ぎるほど大酒をかっくらっているので、日曜日はおとなしく移動するだけのことが多いのですが、今回は土曜日にそれほど多くは飲まなかったので、日曜日の今日も元気!

 となると、やっぱり寄らずに素通りするわけにはいかないでしょう、野毛(のげ)。

 そんなわけで、社宅に向かう道すがら、桜木町駅で途中下車して、野毛の町に入ります。

 よその町だと『日祝休』という酒場が多いんだけど、JRAがあるギャンブルタウンでもある野毛は、日曜日は書き入れどき。「福田フライ」を筆頭に、開いている酒場が多いのです。

 今日、行きたい先は生ビールの「ヌビチノ」です。横浜に戻ってきて以来、まだ「ヌビチノ」に行けていないのです。

 いや、店の前までは何度も行ったのですが、たまたま臨時休業だったり、たまたまTV取材が入っていたりで、店主・加治正慶さんにも、まだ『横浜に戻ってきたよ』というごあいさつができていないのでした。

 よしっ。今日は開いている。

「こんばんは。ごぶさたしてます」

 数ある野毛の酒場の中でも、ぐんを抜いて狭い「ヌビチノ」の店内。立ち飲みなんですが、5人も立てばカウンターは満員。奥の窓際まで詰めても、8人が立てるかどうか。

 今日の先客は3人。私もカウンターの一角に立つことができました。

 ここのビールは、午後9時までならSサイズ(200ml)が500円、Lサイズ(410ml)は1000円。ワイングラスを大きくしたような、独特の、丸っこいグラスに注いで出してくれるのです。

 生ビールは常時5~6種類ほどが開栓されています。今日は「きんかん・ラガー」(宮崎)、「ゴールデン・エール」(富山)、「アメリカン・ゴールデン・エール」(富山)、「そば茶・エール」(三重)、「アビイ・トリプル」(厚木)、そして1種類だけ特別価格(9時までなら100mlが1000円)のバーレイワイン「ナインテイルドフォックス’12」(栃木)の6種類。

 加治さんのおすすめにしたがって、まずは本日開栓したばかりという、富山は城端麦酒の「ゴールデン・エール」をSサイズでもらい、そのビールがまだ残っているうちに、「アメリカン・ゴールデン・エール」もSサイズでもらって飲み比べます。

 アメリカンのほうは、ホップがアメリカ産のもの。柑橘系の香りが強いのがアメリカン・ホップの特徴なんだそうです。

 三杯めは、三重は伊勢角屋麦酒の「そば茶・エール」。そば焼酎のそば湯割りに炭酸が加わったような味わいなんだけど、飲み進むと明らかにビール。これは面白いなあ。

 サクッと1時間ほどの立ち飲みタイム。お勘定は1500円でした。ごちそうさま!

130303a 130303b 130303c
「ヌビチノ」 / ゴールデン・エール / そば茶・エール

店情報前回

《平成25(2013)年3月3日(日)の記録》

|

« ぺるじいの想いは今も … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) | トップページ | レバみそもいいねえ! … 台湾料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/57485900

この記事へのトラックバック一覧です: 富山エールを飲み比べ … 生ビール「ヌビチノ(El Nubichinom)」(桜木町):

» あなご天ぷらでビール … 「栄屋酒場(さかえやさかば)」(日ノ出町)ほか [居酒屋礼賛]
 昭和23(1948)年創業の「栄屋酒場」。  一番人気の品は、なんといっても、客の注文を聞いてから、店主がさばいて作ってくれる『あなご天』(630円)です。  ここの穴子は、生麦(なまむぎ)(横浜市鶴見区)から仕入れたもの。  身に厚みがあって、プリッとした弾力感が絶妙です。  今日は自宅を出発するのがちょっと遅くなって、野毛(のげ)に到着したのは午後5時半。  さっそく「武蔵屋」に向かったもの... [続きを読む]

受信: 2014.12.26 16:49

« ぺるじいの想いは今も … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) | トップページ | レバみそもいいねえ! … 台湾料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町) »