« 時間調整でちょい飲み … 「成田屋酒店(なりたやさけてん)」(上大岡) | トップページ | 大衆食堂のフルコース … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田) »

創業5年となりました … 炭火焼鳥「一火(いちか)」(上大岡)

なんこつ(たれ)


 予約時刻の午後7時に店内に入ると、予約されていた席はカウンターの焼き台前という特等席。GAさんも少し前に到着されたとのことで、キャベツ酢漬け(350円)をつまみながら、キリンクラシックラガー大瓶(580円)を飲み始めたところ。私もそのビールをグラスに注いでもらって乾杯です。

 同じ上大岡にある、人気やきとり店「鳥佳」の2号店として、2008年4月にオープンした「一火」は、いまや「鳥佳」同様に人気が高く、いつも満席状態が続くお店になっています。あっというまの5周年ですねえ。

 焼き物のほうは、まずはお得なハラペコセットからスタート。ハラペコセットは、店長のチョイスで串6本が出されて700円。「一火」の焼き鳥は、1本150円からなので、その150円のものだけが6本でも本来ならば900円ですから、かなりお得なんですね。

 今日はレバー(150円)、鳥ねぎ(150円)、ハツ(150円)、シロ(150円)、ししとう(150円)、そしてこのセットを注文すると、最近、店長が必ず入れてくれるという、ささみサビ(200円)の6本です。プリッとレアな状態で出される、ささみがいいですねえ!

 飲み物をGAさんがキープされている焼酎に切り替えて、鳥佳グループ自慢の牛もつ煮込み(500円)もいただきます。そうそう。ここ「一火」は鳥佳2号店なのですが、2010年に鳥佳3号店の「大洋」が金沢文庫にオープンしたんだそうで、今は3軒のグループになっているんだそうです。

 ハラペコセットの6本が終わったところで追加で、銀杏(180円)、たんもと(150円)と、かしら(150円)を焼いてもらって、手書きの『本日の美味』からは「三浦大根たくあん」(250円)をいただきます。

 実は最初にもらったキャベツ酢漬けも、『本日の美味』からの1品。他には馬刺し(900円)、鶏たたき刺し(420円)、カツオたたきの大根サラダ(420円)、ヤゲンナンコツ(150円)、ヘルシー野菜つくね(180円)が並んでいます。

 その日、その日の『本日の美味』は、「一火」のブログで確認することができます。

 そしていよいよラストスパートです。

 「一火」の店長・しんたろうさんと言えばやっぱり、なんこつ(150円)たれ焼き。

 私が一番最初に、しんたろうさんのもつ焼きに出会ったのは、今から6年半前の2006年10月のこと

 その日、お休みしていた店主に代わって、「鳥佳」の焼き台をあずかっていたのが、若き日のしんたろうさん(今でも若いですが)だったのです。

 そこで小腹セット(5本700円)をお願いしたところ、ちょうど真ん中、3本目に「なんこつは、あえてたれ焼きにしてみました」と、なんこつたれ焼きを出してくれたのでした。なんこつと言えば塩焼きにするもの、という固定観念を打ち破る見事な味わいは、今も変わりませんねえ! こいつはうまいや。

 ラストスパートの2品めは、半熟うずら(250円)。このうずらの卵はグループ3店舗分をまとめて本店の「鳥佳」で茹でて作っていて、鳥佳グループのみんなが、「鳥佳」に集まって仕込みをするんだそうです。殻を剥くときに割れちゃったり、串を刺すときに失敗しちゃったうずらの卵は、自分たちで食べるんですって。

 そして最後の1品が、しいたけ(180円)。表面に「一火」という飾り包丁が入っていることを初めて知りました。

 新しいボトルも入れて、今日のお勘定はふたりで7,190円(ひとりあたり3,595円)でした。

 しばらく見ぬ間に、店長・しんたろうさんがすっかり頼もしい感じになっていて、すばらしい焼き鳥を堪能することができました。どうもごちそうさま。

130220a 130220b 130220c
「一火」 / キャベツ酢漬け / レバー(たれ)

130220d 130220e 130220f
鳥ねぎ、ハツ(塩) / 焼酎のボトル / シロ(たれ)

130220g 130220h 130220i
昔ながらの牛もつ煮込み / ししとう / ささみサビ

130220j 130220k 130220l
銀杏(ぎんなん) / たんもと / 三浦大根たくあん

130220m 130220n 130220o
かしら / 半熟うずら / しいたけ

店情報前回

《平成25(2013)年2月20日(水)の記録》

|

« 時間調整でちょい飲み … 「成田屋酒店(なりたやさけてん)」(上大岡) | トップページ | 大衆食堂のフルコース … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/57285539

この記事へのトラックバック一覧です: 創業5年となりました … 炭火焼鳥「一火(いちか)」(上大岡):

» 半熟うずら、とろける … 炭火焼鳥「一火(いちか)」(上大岡) [居酒屋礼賛]
 この店の「半熟うずら」(1串250円)が大好きです。  その名のとおり、半熟状態に仕上げたうずらの卵を串に刺して焼いたもの。  トロ~リととろける黄身がたまりません。  この半熟うずらは、「一火」だけではなくて、鳥佳グループ全体で出される共通の品。(昭和47(1972)年創業の「鳥佳」が本店で、平成20(2008)年開店のここ「一火」が鳥佳2号店。そして平成22(2010)年に開店した金沢文庫の... [続きを読む]

受信: 2013.08.14 22:29

« 時間調整でちょい飲み … 「成田屋酒店(なりたやさけてん)」(上大岡) | トップページ | 大衆食堂のフルコース … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田) »