« 店情報: 居酒屋「田舎屋(いなかや)」(桜木町) | トップページ | マグロとイカの刺身盛 … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田) »

ふんわりと納豆玉子焼 … 居酒屋「田舎屋(いなかや)」(桜木町)ほか

納豆玉子焼


 仕事を終えて、野毛(のげ)に出て来たものの、残念ながら「武蔵屋」は臨時休業中。(注:その後、3月5日に再開しました。)

 それじゃ、と向かったのが、その「武蔵屋」からバス通りを挟んだ反対側の、野毛の飲み屋街の中にある老舗の居酒屋「田舎屋」です。

 店内は、左手にカウンター6席、その背後、通路を挟んで右手の壁際にに2人掛けテーブル席が2卓。とまあ、ここまでであれば「小ぢんまりとした酒場ですね」といったところですが、この店はさらに奥がどかんと広がっていて、4人掛け・6人掛けのテーブル席が5卓ほど並んでいて、一番奥の壁際には大きなカラオケ用テレビが鎮座しています。

 火曜日7時半の店内は、先客は3人。カウンターの奥側に男性ひとり客、右手テーブル席のひとつに男性ふたり連れ。3人とも常連さんの様子で、すっかりくつろいだ雰囲気です。

 私もカウンターの真ん中あたりに腰をおろし、まずは瓶ビールを注文すると、すぐにキリンラガービール中瓶(500円)と、お通し(300円)のキュウリとセロリの塩漬けが出されます。

 つまみは、焼き鳥や刺身の他、一品料理も数多くならんでいます。焼き鳥は1本100円、何種類かから選べる刺身はいずれも500円ほどで、盛り合せならば1,500円。一品料理は300~700円ほどとリーズナブル。

 そんな中から、最初の一品として注文したのは、焼き鳥セット(500円)です。

 店は女将さんがひとりで切り盛りされているようで、焼き鳥も女将さんが焼いてくれます。

 そうやって一人で働く女将さんに対して、常連さんたちも協力的で、「生ビールもらうよ~」と声を掛けながら、カウンターの奥にある生ビールサーバーから、自分でおかわりの生ビールを注いだりしている。女将さんも「はいよ~、ありがとうね~」って。

 ややあって、出された焼き鳥セットは、正肉(皮付き)、豚ばら、ねぎ肉、れば、ピー肉の5本組。正肉が、鳥皮付きの肉なのがいいですね。添えられたニンニク味噌がうまい。

 野毛で焼き鳥を食べると、たいていニンニク味噌を添えてくれるのです。

 ビールに続いては、燗酒小(350円)と納豆玉子焼き(400円)を注文。

 すぐに出される燗酒小は、徳利(とくり)にも猪口(ちょこ)にも「日出盛(ひのでざかり)」の名が入っているので、中身もきっとそうなんでしょうね。

 できたての熱々で出してくれる納豆玉子焼きは、女将さんご自身も「これはボリュームがあるわよ」と言いながら出してくれるほどの大きさです。

 この玉子がふんわりとやわらかくて、おいしいこと。

 さらに燗酒小350をおかわりして、1時間半ほどの滞在は、2,400円でした。

 2軒目は「ホッピー仙人」に立ち寄って、瓶白(びんしろ=瓶の白ホッピー、500円)。

 その後、入ってこられたハルさん(=「野毛ハイボール」の店主)の注文に合わせて、私も瓶黒三(びんくろさん、500円)。これは瓶の黒ホッピーで、焼酎が「金宮」の代わりに「三楽」を使ったものです。

 「ホッピー仙人」には1時間ほどの滞在。お勘定は1,000円でした。

 まだ火曜日なので、今日はこれくらいにしておきましょうね。どうもごちそうさま。

130226a 130226b 130226c 130226d
お通しと瓶ビール / 焼き鳥セット / 燗酒小 / 「ホッピー仙人」にて

・「田舎屋」の店情報 / 「ホッピー仙人」の店情報前回

《平成25(2013)年2月26日(火)の記録》

|

« 店情報: 居酒屋「田舎屋(いなかや)」(桜木町) | トップページ | マグロとイカの刺身盛 … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/57415972

この記事へのトラックバック一覧です: ふんわりと納豆玉子焼 … 居酒屋「田舎屋(いなかや)」(桜木町)ほか:

» モラさん、倉嶋さんと … 中華料理「三陽(さんよう)」(桜木町)ほか [居酒屋礼賛]
 「武蔵屋」を出て、まっすぐに都橋(みやこばし)商店街に向かい、2階にある「ホッピー仙人」の扉を開けると、その目の前にお客の背中がずらりと並んでいるほどの満員状態。カウンターで飲む人たちの後ろに、大勢の人がずらりと並んで立ち飲んでいます。でも仙人が、 「おぉ~っ、浜田さん。倉嶋さんたちも中にいるよ。入って入って」  と声をかけてくれると同時に、入口近くのお客さんたちも左右にギュギュッと詰め合わせて... [続きを読む]

受信: 2013.06.22 15:13

« 店情報: 居酒屋「田舎屋(いなかや)」(桜木町) | トップページ | マグロとイカの刺身盛 … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田) »