« 〔コラム〕 居酒屋の定番「煮込み」探訪@おとなの流儀 | トップページ | 刺身小盛り合せで燗酒 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

煮やっこで飲む櫻正宗 … 酒「鍵屋(かぎや)」(鶯谷)

煮奴で櫻正宗


 横浜の勤務先から、都内の自宅へと帰る道すがら、鶯谷駅で途中下車して「鍵屋」です。

 京浜東北線に乗り込めば、横浜、川崎、品川、新橋、神田、上野、赤羽、さらには浦和、大宮方面まで、乗り換えることなしに行くことができるので、この沿線で飲んで帰るのが金曜日の夜の楽しみになっているのでした。

 金曜日、午後8時前の「鍵屋」は、予想どおり満席に近い状態ながら、前回同様、カウンター中央部の、ちょうど燗づけ器の前の特等席が、ポツリとそこだけ空いていて、そこに滑り込むことができました。

「櫻正宗(530円)と煮やっこ(580円)をお願いします」

 座ると同時に、お通しのところてんと割り箸を出してくれる店主に、そう注文。

 前回は、とりもつなべ(690円)で菊正宗(530円)をいただいたので、今回はちょっと変化をつけてみました。

 昔ながらの料理で飲めるのが「鍵屋」のいいところ。今(2月下旬)のように寒い時期は、なんといっても鍋料理がうれしいですよね。

 ここ「鍵屋」には、煮やっこ、とりもつなべの他に、とり皮なべ(690円)、湯どうふ(730円)という、合計4種の鍋物が用意されていて、それぞれ一人用の小さな鍋で、できあがった状態で出してくれるのです。

 煮やっこは、冷やっこ、湯豆腐と並んで、江戸時代から伝わる三大豆腐料理のひとつ。

 本来は、鰹(かつお)だしに醤油で味をつけて、豆腐を煮込むというシンプルな料理なのですが、ここ「鍵屋」の煮やっこは、それに甘味も加わった割下(わりした)風の味付けで、豆腐や、少量の鶏もつ、玉ねぎなどを煮たもの。

 前回、となりに座っていた客が、「具で2本、残った汁で1本いけるよね」と話してくれましたが、まさにそのとおり。汁もまたいいつまみになるのです。

 煮やっこで、櫻正宗を2本いただいて、今日のお勘定は1,640円でした。ごちそうさま。

「鍵屋」の暖簾 煮奴 店頭の電灯看板
「鍵屋」の暖簾 / 煮奴 / 店頭の電灯看板

店情報前回

《平成25(2013)年2月22日(金)の記録》

|

« 〔コラム〕 居酒屋の定番「煮込み」探訪@おとなの流儀 | トップページ | 刺身小盛り合せで燗酒 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/57308622

この記事へのトラックバック一覧です: 煮やっこで飲む櫻正宗 … 酒「鍵屋(かぎや)」(鶯谷):

» 前回とまったく同じだ … 酒「鍵屋(かぎや)」(鶯谷) [居酒屋礼賛]
 最寄り駅で言うと鶯谷(うぐいすだに)なんだけど、「鍵屋」はやっぱり『根岸の鍵屋』と言うほうがあってるような気がするなあ。住所が台東区根岸だから『根岸の鍵屋』なんですね。  同じことが横浜の「武蔵屋」にも言えて、最寄り駅は桜木町(さくらぎちょう)なんだけど、横浜市中区野毛町にあるから『野毛の武蔵屋』。このほうがピタリとおさまります。  牛にこみ「大坂屋」を出て門前仲町(もんぜんなかちょう)から、茅... [続きを読む]

受信: 2013.06.12 22:30

« 〔コラム〕 居酒屋の定番「煮込み」探訪@おとなの流儀 | トップページ | 刺身小盛り合せで燗酒 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »