« 土曜の昼は立石ツアー … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(立石)ほか | トップページ | この夏の新作、かわ焼 … うなぎ串焼「川二郎(かわじろう)」(中野) »

半年ぶりの呉酒場巡り(4) … お食事処「寿(ことぶき)」(呉)

サラダとビール


 半年ぶりの呉出張にからめた週末の呉酒場巡りも、あっという間に日曜日を迎えてしまいました。今日の午後には呉をたなければなりません。

 午前10時の刻限ぎりぎりにホテルをチェックアウトし、向かった先は中通の北の端にあるお食事処「寿」(=「寿食堂」とも言う)です。昨日、「森田食堂」「くわだ食堂」とまわったので、これから「寿食堂」に行けば、呉の三大老舗大衆食堂がひと巡りできたことになります。

 あれっ? まだ暖簾のれんが出ていない。

 でも開けっ放しの入口から、楽しそうな笑い声も漏れ聞こえてくるので、ま、いいかな。入っちゃえ。

「おはようございます。もう入っていいですか?」

「あ~あ、お帰りなさ~い。どうぞどうぞ」

 と女将の息子さん夫婦が笑顔で迎えてくれて、入口近くの対面式カウンター席の一角に座り、冷蔵庫からキリンラガービール大瓶(600円)とサラダ(150円)を取ってきて、キュッと起き抜けの一杯をいただきます。

 この時間に店に入ると、続々とできあがる料理が、次々に冷蔵陳列ケースに運ばれてきます。

 かわいい孫娘(=大人です!)が、できたて熱々のだし巻き卵(150円)を持ってきて、陳列ケースに並べらようとしているところを、さっそく一皿インターセプト。やっぱりできたてはうまいなあ。

 この店は、女将さん、その息子の嫁、さらにその娘(=女将さんの孫娘)の、母・義娘・孫娘という3代の女性が中心になって、平日はパートのおばちゃんたちが手伝いに入り、土日は女将の息子さん(平日はサラリーマン)も手伝いに入って切り盛りしているのです。

 午前10時半には暖簾も出て、正式に開店。それを機に常連客も続々と入ってきます。

 ところで、今さらながらに思うことですが、呉の飲み屋街と、野毛の飲み屋街は、その地形が非常によく似ています。

 JRの線路を底辺にして街を見た場合、JRの線路から垂直に中心を貫く通りが伸び、それと平行に、左側には川が、右側には大通りがあって、それらが街の左右の境界となっています。

 線路から遠ざかるに連れて、左側の川がやわらかくカーブして、街の左側の境界が狭くなり、先すぼまりに右側の大通りとぶつかって、街の境界が閉じる。

 ざっと言うと、そんな形です。

 呉の場合は、中心を貫く通りが中通なかどおりで、左の川が堺川さかいがわ、右の大通りが本通ほんどおり

 野毛の場合は、中心を貫く通りが野毛小路のげこうじで、左の川が大岡川おおおかがわ、右の大通りが野毛大通りのげおおどおりです。

 川岸は逆ですが、呉で屋台が並んでいるあたりが、野毛だと都橋みやこばし商店街。今いる「寿食堂」は、野毛だと「第一亭」があるところに近いでしょうか。呉の「迷亭」は野毛の「あさひや」だ。野毛の「武蔵屋」に相当する場所に、呉だと「一つ家」があるのも面白いなあ。

 野毛小路の入り口をガッチリと固めている「福田フライ」「三陽」「萬里」「若竹」の4軒に対応する店がないのが残念。まさに『おしい!広島県』ですねえ。

 そうそう。ここ「寿食堂」に来たら、煮魚も食べておかなきゃね。昨日、店の前を通ったときに、鯛カブト煮(450円)があったので楽しみにしていたのですが、これまた残念ながら今日はないようで、サバ煮付け(300円)と、真イワシ煮付け(2尾1皿400円)が並んでいます。

 真イワシ煮付けを手に取って席に戻ると、女将さんが電子レンジで温め直してくれます。

 ど~れどれ。やはりまろやかな醤油の味が決め手ですねえ。生姜しょうがの風味もよく効いている。

 2時間近くゆっくりとくつろいで、正午前に席を立つと、お勘定は1,300円でした。どうもごちそうさま。

 〆は「山乃家」のほそうどん(330円)。呉に来たら、やっぱりこれは食べておかないとね。

 旨みの強い、甘めのつゆに、噛まなくても食べられるくらいフニャッとやわらかいうどん。具は刻み揚げと、とろろ昆布、そして刻みネギ。これが呉の細うどんの基本形です。

 初日(金曜日)の広島駅「駅うどん」に始まって、昨日(土曜日)の「森田食堂」の肉うどん、そしてここ「山乃家」のかけうどんと、1日1うどんで過ごした3日間。

 スナック「Aki」(中通3-3-10、0823-22-8444)や、料理屋「」、小鍋立て「五鉄」、居酒屋「どん底」、お好み焼き「のぶ」など、行けなかったお店も多かったのが残念。また来なきゃね!

 今回も、いろいろとありがとうございました。>呉のみなさん

130623a 130623b 130623c
「寿食堂」だし巻玉子 / いわし煮付け / 「山乃家」かけうどん

・「寿食堂」の店情報前回

《平成25(2013)年6月23日(日)の記録》

|

« 土曜の昼は立石ツアー … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(立石)ほか | トップページ | この夏の新作、かわ焼 … うなぎ串焼「川二郎(かわじろう)」(中野) »

コメント

呉(広)出身で現在は横浜を酒戦場にしております。
野毛と呉の比較、面白く拝読しました。
今までそんなこと思いもしませんでしたが、野毛の居心地が良いのは呉の匂いがするからでしょうかねσ^_^;
これからも楽しい記事をお願いします。

投稿: たぁ爺 | 2013.07.01 11:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/57694118

この記事へのトラックバック一覧です: 半年ぶりの呉酒場巡り(4) … お食事処「寿(ことぶき)」(呉):

» 太刀魚唐揚げで昼間酒 … お食事処「寿(ことぶき)」(呉)ほか [居酒屋礼賛]
 大正2(1913)年創業の「森田食堂」、戦後すぐに開業(果物屋から転身)した「くわだ食堂」、そして昭和40年代後半に開業したお食事処「寿」の3軒が、呉の誇る三大大衆食堂です。  どの店も朝から夜まで、中休みなしで食事はもちろん、お酒も飲めるのがいいところ。  日曜日の今日は、3軒の中で唯一、日曜日も営業している「寿」です。  まずは小瓶のビール(キリンラガー、400円)をもらって、冷蔵陳列ケース... [続きを読む]

受信: 2014.12.23 17:47

« 土曜の昼は立石ツアー … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(立石)ほか | トップページ | この夏の新作、かわ焼 … うなぎ串焼「川二郎(かわじろう)」(中野) »