« 〔お知らせ〕 散歩の達人MOOK「はいから横浜」 | トップページ | 久々の横須賀ホッピー … 「中央酒場(ちゅうおうさかば)」(横須賀中央) »

毎週火曜は焼き魚の日 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政)

毎週火曜は焼き魚の日


 ちくちゃん(=店を手伝っている女性)のブログ、「竹よし便り。」で、『毎週火曜は焼き魚の日』であることは知っていたのですが、なかなか行くことができなくて、会社が休みの今日、はじめて火曜日の「竹よし」です。

 店に到着したのは、開店時刻の午後5時。当然のごとく先客はなく……、というかまだ店頭の「営業中」を示す札は「準備中」になっていて、暖簾のれんも出てませんけど。

 入口引き戸をガラリと開けて、

「こんちは。もう入ってもいいですか?」

 そう言いながら店内に入ると、カウンターの中で一所懸命に仕込み作業をやっていた店主マスターが、驚いたように顔を上げて、

「あぁ、浜ちゃん、いらっしゃい」

 と笑顔を向けてくれます。

「札も営業中にしておきますね」

 と札をひっくり返すと、店主が暖簾を出して、「竹よし」の今日の営業が始まります。

 水曜から日曜までの5日間は、曜日替わりで手伝いの女性が入っている「竹よし」。月曜日は定休日で、火曜日の今日だけが、店主ひとりでの営業日です。

 店主ひとりでも切り盛りがしやすいように、料理を焼き魚に限定した、というのが『毎週火曜は焼き魚の日』となった原点のようです。

 まずはサッポロラガービール(中瓶500円)をもらって、それを飲みながら今日のメニューを確認します。

 あじ、たちうお、たいかぶと、ねぎま串焼き、さわら西京みそ、キングサーモン、赤えび串焼き2尾、そい、さんま蒲焼き、ホッキ貝、くじら生姜焼き、かじきまぐろ、いかするめ、紅鮭(大辛)、いか。今日のメニューに並んでいる焼き魚は、この15品で価格は400円均一。

 どうしても400円均一では出せない、かれい姿焼き、たい姿焼き、うなぎ串焼きの3種のみが、それぞれ500円。それにしてもカレイやタイは、尾頭おかしら付きの丸々1尾が500円だから、安いですよね。

「他にも、数人前しかないので書いてないものもあるんだよ」

 と言いながら、カウンターの上段に今日の魚をずらりと並べてくれます。メニューの字面じづらで見るよりも、こうして本物を見るほうが、やっぱりわかりやすいですね。

 タイなんて、「本当にこの1尾を500円で出しちゃうの?」と思わず再確認したほど立派な真鯛まだいです。

 『これは真鯛に決まりかな』と決めかけていたところに登場したのが、これまたすごく立派なさわらの西京漬け。

「これをお願いします!」

 思わずそう注文してしまいました。日本酒によく合いますもんねえ、西京焼きは。

 引き続きビールを飲みながら、サワラ西京焼きのできあがりを待っていると、

「焼き物の前に、まずはやっぱり刺身をね」

 と店主がマグロとスズキの刺身を少量ずつ、小皿で出してくれました。ありがとうございます。

 『毎週火曜は焼き魚の日』と言いつつも、メニューには刺身や煮魚のほか、普段と同じように、イカ塩辛(350円)や、酒盗とクリームチーズ(450円)、もずく(300円)などの一品料理も並んでいます。

 最初こそ焼き魚オンリーだったんだけど、徐々に増えていって、『焼き魚の日』に加えて、普段のメニューもあるという、ちょっと贅沢ぜいたくな火曜日になっているんだそうです。

 そして出てきたサワラの西京焼き(400円)。ホクホクとした身を口に含むと、まずみそ味がやってきて、噛むとサワラの味わいが広がってきます。う~ん。これはやっぱり日本酒だね。

 「菊正宗」を大徳利(700円)で注文し、サワラを食べながら、すでに次なる一品、クジラ生姜焼き(400円)を注文します。

 クジラ生姜焼きは、ステーキのように1枚焼きしたものを、食べやすく2センチ幅ぐらいにスライスし、大根おろしをのせて出してくれます。同じフライパンで焼いたネギや赤ピーマン、シメジも添えられています。

 続いてはホッキ貝(400円)。刺身でも食べられる大きなホッキ貝を、さっとレア目に炙って出してくれます。これもまた贅沢な食べ方ですねえ。

 お腹もけっこうふくれてきたので、ホッキ貝をちまちまとつまみながら、「菊正宗」の燗酒(大徳利、700円)を2本いただいたあと、「高清水」の冷酒(300ml瓶、600円)に切り替えて、日本酒を飲み進みます。

 7時半ごろになって、冷酒だけでは少し口寂しさを感じてきたところで、ねぎま串焼き(400円)を焼いてもらいます。これは、白ネギとマグロを串に刺して焼いたもの。ずっしりと重いこの串には、レモンスライスと大根おろしもたっぷりと添えられます。

 午後9時過ぎまで、4時間以上の滞在。焼き魚5品(各400円)に、中瓶ビールと、大徳利(約360ml)2本、冷酒(300ml)3本で、お勘定は5,700円でした。

 それにしても日本酒が合計で9合(1,620ml)か。おいしい焼き魚をつまみに、今夜はちと飲み過ぎたなあ。。。

130430a 130430b 130430c
まぐろぶつ / すずき刺身 / さわら西京みそ漬焼き

130430d 130430e 130430f
くじら生姜焼き / 北寄貝あぶり / ねぎま串焼き(焼く前)

店情報前回

《平成25(2013)年4月30日(火)の記録》

|

« 〔お知らせ〕 散歩の達人MOOK「はいから横浜」 | トップページ | 久々の横須賀ホッピー … 「中央酒場(ちゅうおうさかば)」(横須賀中央) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/57798922

この記事へのトラックバック一覧です: 毎週火曜は焼き魚の日 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政):

» でっかい真鯛は愛媛産 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) [居酒屋礼賛]
 金曜、午後10時の「竹よし」は、仕事帰りのグループ客が多くて大にぎわい。  店主は先客たちの料理の準備に大忙しの様子なので、ひとまず「菊正宗」の燗酒(350円)と、チクちゃんが準備することができる、うど酢みそ(350円)を注文します。  チクちゃんは、金曜日に「竹よし」を手伝っている女性で、ブログ「竹よし便り。」の管理人でもあります。  ここ「竹よし」は魚料理が自慢のお店。その魚料理は店主が一人... [続きを読む]

受信: 2013.08.12 07:55

« 〔お知らせ〕 散歩の達人MOOK「はいから横浜」 | トップページ | 久々の横須賀ホッピー … 「中央酒場(ちゅうおうさかば)」(横須賀中央) »