« ドンカクは元祖酎ハイ … 居酒屋「どん底(どんぞこ)」(新宿三丁目) | トップページ | 三杯屋つれづれ訪問記 … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町) »

実は煮魚もうまいんだ … 「河本(かわもと)」(木場)

カレイ煮付け


 土曜日の今日は、「河本」の口開けを目指して、午後3時すぎに自宅を出発。開店時刻の4時に店に着くと、すでに暖簾のれんも出てるし、店内もすでに9割りほどの入り。「ン」の字の長い辺の一番上の端にあたる場所(普通席の中で、もっとも常連席に近い席)が空いていたので、そこに腰を下ろして、まずはホッピー(400円)をもらいます。

 冷蔵庫で冷やしているのは瓶入りホッピーだけなんだけど、焼酎は500mlのペットボトルで冷やし、1本ずつ使っていくのでほぼ冷えている。ジョッキは常温なので、1.8冷ぐらいの感じですね。

 つまみにはニコタマ(煮込み玉子入り、300円)をもらいます。

 これは、今店の名物である牛もつ煮込み(300円)に、同じ鍋でじっくりと煮込んだ玉子を添えてくれるもの。そのかわり、牛もつ煮込みの量がちょっと減ります。

 煮玉子は数に限りがあるので、もし残っていてもひとり1個だけ。普通の、玉子の入らない煮込みは、おかわり可能です。

 ここの煮込みが、ホッピーとの相性が一番いい。

 腸にたっぷりと付いた脂身の甘みと旨みが、逆に甘みや旨みがまったくないドライなホッピーと対照的で、互いに相手をすすめあう関係にあるんですね。

 ホッピーがギンギンに冷えていないこともまた、煮込みの味わいを高めるんだろうな。

 すぐに1杯めのホッピーと、ニコタマを食べ終えて、ホッピー(400円)をおかわりするとともに、やっこさん(冷奴)の小(100円)と塩辛(200円)をもらいます。

 やっこさんは、醤油で食べてももちろんおいしいんだけど、今日は塩辛でいただこうと思って、両者を一緒に注文したような次第。豆腐の上に塩辛をちょいとのせて、一緒に食べるのがいいんですよねえ。豆腐と塩辛も、互いを高めあう関係かもね。

 4時半までには店内はすっかり満席。もう1人も入れません。

 壁際の常連席(「ン」の左上の点の部分)にも、店が開いてる日には毎日やってくる常連さんたちがずらり。

「今日はハマちゃんは用事があって来れないんだってさ」

 といったことが、常連さんたちにとっては大きな話題になるのです。

 その常連さんたちの話題と言えば、最近見たテレビ番組のこと。例えば「綾小路きみまろきみまろは、カツラを被る前から森昌子と一緒に仕事をしてたんだって」とか、「アンジェリーナ・ジョリーが乳房を切ったんだって」といった、他愛なく、当たり障りのない、三面記事的な情報が多い。

 こういう話を聞くともなしに聞いていると、大衆酒場はまさに『男たちの井戸端会議のの場』だったんだろうなと思う。小難しい話にならないのがいいんだろうな。

 3杯めとなるホッピー(400円)をおかわりして、今度は「かけじょうゆ」(マグロぶつ、400円)を注文しようかなあ、と思いながらメニューを再確認すると、今日はカレイ煮付け(400円)があったので、そっちを注文。

 出てきたカレイは身も大きくて、卵もたっぷり。築地も近いこの町では、魚もうまいんです。あんちゃん(女将の弟さん)の味付けもいいんだけどね。

 1時間40分ほどの滞在。今日のお勘定は2,200円でした。どうもごちそうさま!

130525a 130525b 130525c
ニコタマ / やっこさん小 / 塩辛

店情報前回

《平成25(2013)年5月25日(土)の記録》

|

« ドンカクは元祖酎ハイ … 居酒屋「どん底(どんぞこ)」(新宿三丁目) | トップページ | 三杯屋つれづれ訪問記 … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/57751731

この記事へのトラックバック一覧です: 実は煮魚もうまいんだ … 「河本(かわもと)」(木場):

» 木場を起点にハシゴ酒 … 「河本(かわもと)」(木場)ほか [居酒屋礼賛]
 土曜日なのに、ちょっと出遅れて、木場の「河本」に着いたのは午後6時。土曜日の「河本」は4時から7時まで、3時間の営業なので、あと1時間ほどしかありません。(平日も8時までの営業なので、1時間違うだけですけどね。)  早い時間帯は満席状態が続き、入るのがむずかしい「河本」ですが、この時間帯になると、一人か二人であればなんとかなることが多い。  小学校側の入口から入った左側、『ン』の字でいうと左下の... [続きを読む]

受信: 2013.08.13 22:18

« ドンカクは元祖酎ハイ … 居酒屋「どん底(どんぞこ)」(新宿三丁目) | トップページ | 三杯屋つれづれ訪問記 … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町) »