« ソースも合う、鶏もつ … 「福田フライ(ふくだふらい)」(桜木町) | トップページ | 「はまや食堂」飲食記 … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田) »

最後の注文はシロみそ … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(京成立石)

シロみそ


 昨年末に、一緒に『呉の三大大衆食堂巡り』をした愛知県在住のKさんが上京され、今回は一緒に「宇ち多゛」へと向かいます。

 昼の12時30分に京成立石駅の改札口で待ち合わせて「宇ち多゛」に向かうと、裏手の入口には30人ほどの長い行列。しかしながら午後1時には店内に入ることができました。

 まずは大瓶ビール(キリンラガー、540円)をもらって、料理は煮込み(180円)とお新香・生姜のっけてお酢(180円)、そしてタン生お酢(180円)を注文。

 お新香は残念ながら売り切れていて、大根・生姜のっけてお酢(180円)になりました。お新香(ぬか漬け)はキュウリと大根の盛り合わせなのですが、たいていキュウリが先になくなってしまいます。そうなるとお新香も大根だけになるんですね。

 それにしてもタン生が残っていてよかった。みんなもう売り切れたと思って注文してなかったのかなあ。

 同じテーブル(裏手入口の左側の奥席)には、歩く酒場データベース・川口さんご夫妻や、常連・しのさんたちもいて、そこでの会話もまた楽しい。

 愛知からいらしたKさんは、お仕事の都合で錦糸町に住んでいたこともあって、そのころにもよく「宇ち多゛」に来られていたんだそうです。しかしながら、太田和彦さんの「居酒屋味酒覧」に掲載されている酒場も、ほぼ全軒制覇されているKさんなので、どこにお誘いしても行ったことがあるお店なのかもしれませんね。

 それにしても「居酒屋味酒覧」掲載店は全国各地に及んでいる。そのほぼすべてを制覇というのは、すごいことですよねえ!

 ビールを飲み干して、焼酎の梅割り(180円)に切り替えたところで、残っているもつ焼き(2本180円)はアブラ、シロ、ガツの3種のみ。タン生もさっき売り切れたのです。午後1時を過ぎると、いろんな品物が次々に売り切れていくんですね。

 残る3種の中からアブラたれと、シロたれをもらいます。

 ガツよりもアブラのほうが先に売り切れるだろうという読みだったのですが、なんと先に売り切れたのがガツ。『ガツ素焼きお酢入れないで』をねらってたのになあ。

 『ガツ素焼きお酢入れないで』というのは、素焼きしたガツに醤油だけかけて、お酢はかけないもの。つまり『ガツ醤油』ができあがるってことですね。う~む、残念でした。

 すぐにアブラも売り切れて、もう残っているのはシロのみ。

 さっきはシロたれでいただいたので、今度はシロみそをもらいます。

 シロみそというのは、素焼きのシロを、煮込みの汁をくぐらせてから出してくれるもの。つまり『みそ』というのは、煮込み汁のみそ味のことなんですね。けっこう人気が高い一品です。

 店の片づけが始まる2時ごろまで、1時間ほどの滞在。二人でおかず6品と、ビール大瓶、焼酎梅割り6杯(ひとり3杯ずつ)で、お勘定は二人で2,700円でした。どうもごちそうさま。

 なお「宇ち多゛」は、2013年7月25日(木)~28日(日)までは夏休み。8月15日(木)は土曜日なみの営業で、8月16日(金)~18日(日)はお盆休みです。

130518a 130518b 130518c
大根、煮込み、タン生 / アブラたれ、シロたれ / 焼酎梅割り

店情報前回

《平成25(2013)年5月18日(土)の記録》

|

« ソースも合う、鶏もつ … 「福田フライ(ふくだふらい)」(桜木町) | トップページ | 「はまや食堂」飲食記 … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田) »

コメント

モラスキーさんの、『呑めば都』を手に入れました。
緻密に、居酒屋と街の形成の関わりを描かれており、良い買い物をしたと納得しております。

投稿: IVY | 2013.07.26 18:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/57863241

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の注文はシロみそ … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(京成立石):

» 金曜夕方のハツ生お酢 … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(立石) [居酒屋礼賛]
 都内での仕事が午後5時前に終わったので、グイグイとなるべく最短コースで立石に移動し、やってきたのは「宇ち多゛」です。  店頭の行列はないものの、暖簾ごしにチラリと見える店内は、ほぼ満席状態。  入れるかな?  暖簾の内側の、行列ができていたとすれば先頭となる位置に立って、すぐ目の前の、カウンターの中にいる店主(二代目)に目礼し、店内にいるあんちゃん(三代目)に、「ひとりです」と、人差し指を立てて... [続きを読む]

受信: 2013.09.09 21:34

« ソースも合う、鶏もつ … 「福田フライ(ふくだふらい)」(桜木町) | トップページ | 「はまや食堂」飲食記 … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田) »