« 三杯屋つれづれ訪問記 … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町) | トップページ | 今が旬!みずおひたし … 「はまや食堂(はやましょくどう)」(杉田) »

固ゆで玉子入りスープ … 牛にこみ「大坂屋(おおさかや)」(門前仲町)

大坂屋


 木場の「河本」をあとに、永代通りを西へ10分も歩けば、地下鉄東西線・門前仲町もんぜんなかちょうの駅に出ます。

 今日の2軒目は、こちらもまた「河本」同様に、牛もつ煮込みの名店、「大坂屋」です。

 「河本」が、牛もつ煮込み以外にも、何品か(10品には届かない程度)の料理をそろえているのに対して、こちら「大坂屋」はほぼ牛もつ煮込み(1串130円)のみ。それ以外の品書きは、玉子入りスープ(330円)とオニオンスライス(300円)しかありません。

 土曜日、午後6時の店内は予想どおり、ほぼ満席状態ながら、これまた予想どおり、ひとり客がなんとか滑り込める空席はありました。

 今日も女将(三代目)と若女将(四代目)が二人で切り盛り中。壁には、月曜日も休みになったむねの張り紙が出されています。これまでは日祝休だったのですが、今度から日・・祝日が休みになるということですね。

 焼酎梅割り(400円)を注文し、氷入りのグラスも一緒に出してもらって、自分でロックにし、煮込みはまずは3種それぞれ1本ずつ、合計3本を取ってもらって、いつものように、まっ先に玉子入りスープ(330円)を注文しておきます。

 玉子入りスープは、注文を受けてから、殻が付いたままの生卵を煮込み鍋に投入し、そこから半熟のゆで玉子状態にまで仕上げるので、少し時間がかかるのです。

 「大坂屋」の牛にこみは、串に刺した牛もつを、串のまま煮込み、串のまま出してくれるタイプ。串も真っ黒になるほど、黒々と煮込まれているのが特徴で、牛もつの種類は、シロ(腸)、ナンコツ(喉)、フワ(肺)の3種類です。

 いちばん人気があって、いちばん鍋に入っている本数も多いのがシロです。「河本」の煮込みもこれですね。腸の弾力感がいいのと、裏側(外側)についている脂身の旨みと甘みが、シロの人気の理由なんでしょうね。焼酎系の飲み物が進む逸品です。

 ナンコツは、喉の奥、食道まわりの軟骨で、コリッと硬い噛みごたえが身上です。本当に軟骨だけだったら、とっても淡白な味わいなんでしょうが、喉の軟骨には少しだけれど肉も付いていて、それが旨みにつながるんですね。

 フワ(肺)は、その名のとおり、ふわっと軟らかい弾力感。広島のほうでは『ヤオギモ』と呼ばれています。フワそのものには味はなくて、それを煮込んだスープの味になります。これを食べると、「大坂屋」の煮込み汁の味わいがよくわかるってことです。

 かなりゆ~っくりと3本の牛にこみを食べ進んだのに、なかなか玉子入りスープが出てきませんねえ。待ってる間にオニオンスライス(300円)もいただきましょう。

『もしかすると、玉子入りスープは忘れられちゃったかな?』

 と思い始めたころ、大きな箸で煮込み鍋の中の串の配置を変えていた女将さんが、鍋の中の玉子を発見した模様。

「玉子入りスープはどなたでしたっけ?」

「あ、私です」と手をちょっとあげて合図を送ります。

 コンコンと殻を割って殻をむき、熱々のゆで卵を小鉢へ。包丁で十文字に切り目を入れて、煮込み鍋の煮汁(=スープ)をかけたらできあがり。

 『玉子入りスープ』という名のとおり、スープが主役で、玉子はそれに入っている脇役。この半熟卵を崩してスープに混ぜこんでいただくのが本来の食べ方ですが、残念ながら今日は、完全なる固ゆでになってしまいました。

 この固ゆでの玉子を崩してスープに混ぜこみつつ、牛にこみのシロ(130円)を3本、追加でもらって、焼酎(400円)もおかわりをもらいます。

 串から抜いたシロを、玉子を混ぜ込んだスープに投入して、このスープを絡めながらいただくのがうまいんですよねえ。

 1時間ほどの滞在。お勘定は2,210円でした。どうもごちそうさま。

 ところで、6月ごろから休業されているという情報をいただいている「大坂屋」さん。常連さんが書かれている「食・酒・旅のネクシャリスト」というブログによると、今日7月10日、休業以来、はじめて営業されているようです。これで再開かな?

店情報前回

《平成25(2013)年5月25日(土)の記録》

|

« 三杯屋つれづれ訪問記 … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町) | トップページ | 今が旬!みずおひたし … 「はまや食堂(はやましょくどう)」(杉田) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/57764742

この記事へのトラックバック一覧です: 固ゆで玉子入りスープ … 牛にこみ「大坂屋(おおさかや)」(門前仲町):

» 大鍋でグツグツ煮込む … 牛にこみ「大坂屋(おおさかや)」(門前仲町) [居酒屋礼賛]
 おぉ~っ。「大坂屋」が開いてる!  このところ休みがちという話が聞こえてきている「大坂屋」。ダメ元で店がある通りまで行ってみたところ、ラッキーにも開いていたのです。  ガラリ、と引き戸を開けて入った店内。煮込み鍋が埋め込まれたメインカウンター7席は満席。左手壁際の4~5席程度のサブカウンターに先客が2名。その先客2名の間に入れてもらいます。  焼酎(400円)を、氷付きでもらうと、今日のお通しは... [続きを読む]

受信: 2013.10.07 00:16

« 三杯屋つれづれ訪問記 … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町) | トップページ | 今が旬!みずおひたし … 「はまや食堂(はやましょくどう)」(杉田) »