« まずはマグロかまトロ … 国民酒場「じぃえんとるまん新杉田店」(新杉田) | トップページ | ホヤにはやっぱり浦霞 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政)ほか »

琵琶湖産もろこの佃煮 … 「大甚(だいじん)本店」(伏見)

琵琶湖産もろこの佃煮


「すみません。これ、なんて魚?」

 テーブルの横に立っている、お店のおねえさんにそう聞いてみると、

「モロコです。ほろ苦さがいいでしょう? 店主が自分で煮て作るんです。その辺のスーパーに売ってるのとは全然違いますよね」

 と、とっても誇らしげなおねえさん。

 近所のスーパーのモロコは知らないけれど、いま食べてるモロコは本当にうまいっ。

 佃煮なのに1尾1尾がちゃんと独立していて、くっついていない。こんな小さい魚なのに、ほろ苦さも含めて、味わいがものすごく濃厚なんですよねえ。

 しかも、店のおねえさんが、こんなにも誇らしげに語ってくれるのが、またうれしいではありませんか。

 それだけで美味しさが100倍ほどアップします。

 このモロコも、それと一緒に盛りつけられている川エビも、琵琶湖産なんだそうです。

 今宵は、名古屋方面への出張の帰りに、名古屋は地下鉄・伏見駅近くの「大甚本店」にやってきました。

 この店に来るのは、これで2回め。前回来たのは2007年3月ですから、実に6年半ぶりです。しかも前回は二人で来たので、ひとりで来るのはこれが初めて。ドキドキしますねえ。

 店に着いたのは午後6時半過ぎ。入口の自動ドアをブィーンと開けて、

「ひとりです」と店内に入ると、

「おタバコはお吸いになりますか?」と入口近くの店員さん。

「いいえ、吸いません」

「じゃ奥の、テレビの手前のテーブルにどうぞ」

 と、先に立って、その席まで先導してくれます。

 店に入ったところで、パッと見渡した店内は、ほぼ満席。空席があるとは思えないぐらいの状態なのに、その店員さんについていくと、奥にはちゃんと空席がありました。

「お飲み物は?」

 この店に来ると、まずは飲み物をたずねられます。

「小瓶のビールはありますか?」

「はい、お待ちください」

 と言いながら、すぐに小瓶のキリンラガービールとコップを出してくれるおねえさん。

 なにはともあれ、まずはビールですよね。

 トクトクトクと、手酌でビールを注いで、まずはキューッと1杯。

 ックゥ~ッ。この1杯がうまいのぉ!

 ビールを1杯飲んで落ち着いたところで、席を立って、つまみを選びに行きます。

 この店は、まるでセルフ系の大衆食堂のように、ずらりと並んだ、ひとり用の料理から、自分好みのつまみを選んでくる方式。

 小皿が並ぶ大テーブルの横には、店主や店員さんが立っていて、料理を手に取ろうとしたり、「これなに?」と聞いたりすると、その料理が何かということを教えてくれます。

 さらに、醤油などの調味料が必要な小皿を取った場合には、すぐに醤油の小皿などを席まで持ってきてくれるのです。客の行動を、よく見てるんですね。

 私がまず取ってきたのは「きんぴらごぼう」と「きぬかつぎ」。

 すぐに小皿の生姜醤油しょうがじょうゆが出されます。

「きぬかつぎにつけてお召し上がりください」とのこと。

(へぇ~っ。きぬかつぎに生姜醤油をつけるんだ。)

 と思いながらやってみると、これがいける! でも、ビールよりは燗酒だな。

 もともと、最初の喉潤しのために小瓶のビールをいただいていたので、ここですぐに燗酒(「賀茂鶴」樽酒燗、大徳利690円)を追加注文。

 すぐに出された燗酒で、改めて生姜醤油の「きぬかつぎ」をいただきます。

 きんぴらごぼうは、太めの「ささがき」にしたもの。キンカン(鶏の体内卵の煮物)が添えられてるのもいいですね。

 店は入口近くが喫煙席、中央部のテレビに近いあたり(今いるところ)が禁煙席で、さらにその奥が座敷席になっている様子。2階にも同じような席があって、2階は2階で、小皿の料理がずらりと並んでいるんだそうです。

 最初の2品を食べ終わったところで、次は刺身を食べようかと、テレビ下の席のすぐ近くにある「今日の魚料理」のガラスケースを見ると、さっきまでいろんな刺身が並んでいたのに、今はマグロの刺身しかない。

 それじゃあと見に行った小皿置き場に、小さな、本当に小さな魚の佃煮があって、それがいかにも美味しそうなので、その小皿を取って席に戻ります。

 値段は書かれていませんが、小皿はそれぞれ220~420円。6年半前と変っていないようです。

 席に持ってきた小さな魚の佃煮を、1尾、はしにつまんで口に入れると、ほろっと苦いその味わい。

 んんん~~っ。これは燗酒にぴったりだ。

「すみません。これ、なんて魚?」

 と、この記事の冒頭でご紹介したような展開になったのでした。

 「賀茂鶴」の燗酒を、今度は正一合(440円)でお願いして、もう一度、刺身置き場を見てみると、さっきより品数が増えていて、今度は盛り合せもありました。

「これください」

 その盛り合せをもらうと、マグロ、イカ、タイ+タイ皮、ウニ、そしてハモ落としの豪華5点盛り。マグロ(東日本代表)も、タイ(西日本代表)も、ハモ(近畿代表)までもが一皿の中に盛り込まれているのが、名古屋の素晴らしいところですよねえ!

 正一合の燗酒は、通常の燗酒(1合8しゃくほど)に比べると、全体的にやや細身だけども背が高い。これもまたいい徳利だなあ。

 最後の〆にお新香でも持ってこようと、小皿置き場に行くと、残念ながらお新香っぽいつまみはありません。

「これはユリ根?」

「そうです。ユリ根ですよ」

 そう答えてくれる、太い黒ぶちメガネをかけた年配の男性が、明治40(1907)年に創業したこの店の当代(三代目)店主・山田弘(やまだ・ひろし)さん(75歳)です。

 ところで、この店の「大甚」という名称。私はいつも、頭の「だ」のところにアクセントを置いて、「いじん」と発音してました。総理大臣などの「大臣」の発音と同じだと思っていたのです。

 ところが。店内のお客さんたちの会話を聞いていると、「ひろしま」などの発音と同じように、「だいじん」と平坦。

 そういえば、ここ「大甚本店」がある、地下鉄・伏見駅の「伏見」も、京都の「しみ」とは違って、名古屋は「ふしみ」と、どこにもアクセントがなく平坦です。

(へえ。そういうアクセントだったんだ。)

 なんて思いながら、最後のひと口の燗酒をグイッと飲み干して、お勘定をお願いすると、

「はいよっ」と、大きな算盤そろばんを持った店主が横に来てくれて、机の上の瓶や皿を確認します。

 この店では、飲み食いした瓶や徳利、お皿などはすべてそのまま置いておいて、その瓶や皿でお勘定する仕組みなのです。

「お刺身盛り合せ、これはちょっと値が張りますよお。すんません」

 なんて言いながら、玉をカチャカチャと弾いていく。

「はい、お待たせしました。3,840円です」

 どんだけ値が張るのかと思いきや、刺身盛り合せも含めて5品の肴に、小瓶ビールに、大徳利、小徳利と、けっこう飲み食いした割りには高くない。

 ちなみに、毎日のように来てるように見える、地元の常連さんたちは、小皿を2~3皿持ってきて、大徳利を1本あけて、1,500円弱ぐらいで帰っているようです。さっきまで、ななめ向こうで飲んでたおじさんなんて、小皿1つで大徳利を1本あけて、910円のお勘定でした。

 お勘定を計算した結果は自分の席で告げられますが、実際に支払うのは店の入口近くにあるレジのところ。ここに、賀茂鶴の樽酒も置かれています。

 ゆっくりと、じっくりと、1時間半ほどの滞在でした。どうもごちそうさま。

「おおきに!」

 という店主の声に見送られながら、店を後にしたのでした。

 店内の雰囲気は「みますや」のようであり、料理やその値段は「斎藤酒場」のようであり、お猪口ちょこや徳利の姿は「鍵屋」のようであり、常連じゃなくてもアウェイ感がないところは「武蔵屋」のようであり、さらに飲み終えた徳利などをお勘定のために下げずに置いたままにしているところは「江戸一」のようでもある。

 太田和彦さんも、その著書「居酒屋百名山」の中で、ここ「大甚本店」のことを、

『酒、肴、居心地、歴史、そのすべてにおいて日本の居酒屋の頂点だ。「日本百名山」の頂点が富士山ならば、大甚は居酒屋の富士山と言えよう』

 と大絶賛されています。近くにあったら、毎日のように通ってきたい酒場です。

130828a 130828b 130828c
きんぴらごぼう、きぬかつぎ / 刺身盛り合せ / 普通の徳利と正一合徳利

130828d 130828e 130828f
百合根 / 食べ終えた皿でお勘定 / レジ横に鎮座する樽酒

店情報前回

《平成25(2013)年8月28日(水)の記録》

|

« まずはマグロかまトロ … 国民酒場「じぃえんとるまん新杉田店」(新杉田) | トップページ | ホヤにはやっぱり浦霞 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政)ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/58089982

この記事へのトラックバック一覧です: 琵琶湖産もろこの佃煮 … 「大甚(だいじん)本店」(伏見):

» 次は名古屋で途中下車 … 「大甚(だいじん)本店」(伏見) [居酒屋礼賛]
 新京極の「スタンド」を出て、再び京都駅へ。京都駅発14時43分の「のぞみ364号」に乗り込みます。  席に座ってfacebookを確認すると、先ほど「スタンド」で発信した情報に、さっそく何人かの友人がコメントを寄せてくれています。 『「スタンド」で昼酒→「たつみ」でまったりのんで→少し歩いて「赤垣屋」の口開けをする、というのが私の黄金コースです(笑)』というコメントは、「Y-TABEのレミング2... [続きを読む]

受信: 2013.12.15 23:59

« まずはマグロかまトロ … 国民酒場「じぃえんとるまん新杉田店」(新杉田) | トップページ | ホヤにはやっぱり浦霞 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政)ほか »