« 店情報: 居酒屋「東宝亭(とうほうてい)」(鷺ノ宮) | トップページ | 半熟うずら、とろける … 炭火焼鳥「一火(いちか)」(上大岡) »

木場を起点にハシゴ酒 … 「河本(かわもと)」(木場)ほか

やっこさん小とホッピー


 土曜日なのに、ちょっと出遅れて、木場の「河本」に着いたのは午後6時。土曜日の「河本」は4時から7時まで、3時間の営業なので、あと1時間ほどしかありません。(平日も8時までの営業なので、1時間違うだけですけどね。)

 早い時間帯は満席状態が続き、入るのがむずかしい「河本」ですが、この時間帯になると、一人か二人であればなんとかなることが多い。

 小学校側の入口から入った左側、『ン』の字でいうと左下のあたりに座ることができ、ホッピー(400円)と、やっこさん(冷奴)の小(100円)をもらって飲み始めます。

 『ン』の字カウンターの、『ン』の右端あたりには、わが地元の呑兵衛・荒木マタエモンさんの姿も見えます。荒木さんも、都内狭しと飲み歩いていらっしゃいますもんねえ。

「ニコタマ(300円)は、まだ残ってますか?」

 おそるおそる、といった感じで眞寿美さん(=女将)に確認してみると、ラッキーにもまだ残ってました。

ニコタマ 遅い時間に来ると、ニコタマ(=煮込み玉子入り)どころか、普通の煮込み(300円)も売り切れてたりしますもんねえ。

 煮込みとホッピーは「河本」を代表するキラーコンテンツ。これらを食べるために、遠くからでも、大勢の人たちがやってくるのです。かくいう私もそのひとりです。

 すぐに閉店時刻(午後7時)を迎えてお勘定(800円)をすませ、荒木さんと一緒に地下鉄東西線に乗り込みます。

 荒木さんの家と、わが家とは、直線距離で2百メートルほどしか離れていないので、最後までずっと一緒に帰れるのです。とっても心強いことですよね。

 とはいうものの、まだ午後7時過ぎ。まっすぐ家に向かうわけではありません。

 電車の中で相談しながら、本日の2軒めとして選んだ酒場は、ほぼ全品170円のイカ料理で有名な、荻窪の「やきや」です。なにしろ乗り換えることなく、この電車1本で行けますもんね。

 午後8時の「やきや」は、予想通り満員状態。しかしながら、『一番奥のテーブルのところになら、ふたり入れるかもしれない』、ということで奥のテーブルで飲んでいるお客さんたちにギュッと詰めてもらって、なんとか立ち位置を確保することができました。

 いやいや。いつも入口近くで飲んでいるので、はじめてですねえ、この場所。こんな風になってたんだ。

 テーブルと言っても、独立したテーブルがあるわけではなくて、立ち飲みカウンターの一番奥のあたりに、短辺がカウンター内の厨房の端っこにくっついた形で長方形のテーブルがあって、それ以外の3辺で立ち飲むことができるようになっているのです。

 私はホッピー(320円)を、荒木さんはにごり酒(270円)をもらって、改めて乾杯し、料理は自家製塩辛(170円)、もつ煮込み(170円)、げそ揚げ(170円)、漬物(170円)、きざみ穴子(170円)をもらいます。

 なにしろ1品ほぼ170円均一なので、いくらたのんでも安い安い。

 170円じゃないのは、200円の「いかしょうが棒」と、220円の「しめさば」の2品ぐらい。

 その「いかしょうが棒」ももらって1時間半ほど立ち飲んだあと、荻窪駅前からバスに乗って鷺ノ宮さぎのみや駅前へ。

 3軒めは、私の行きつけ、「ペルル」です。午後10時の店内はゆるやかに混み合っている状態で、我われ二人は、入口近くにかろうじて空いていた2席に座り、キープボトルのウイスキーを水割りにして飲み始めます。

 つまみにもらったは、とりハム(400円)とオリビアバケット(500円)。

 名前を聞いただけでは、なんだかわかんないメニューが並んでいるのも、昔からの「ペルル」のスタイルです。『あさぶろ』とか、『パラスパ』とか、いろんな料理がありましたよねえ。

 そんな「ペルル」も閉店時刻(午後11時半)を迎えて、4軒めは、荒木さんの行きつけである「東宝亭」です。

(あれ? こんな店だったかなあ?)

 荒木さんに続いて店内に入るなり、自分の印象に残っている「東宝亭」ではないことに気がつきます。

 店に入る前に『この店に来るのはこれで2度めだ』と、自分では思っていたのです。

 前に来たのは、今から25年前。私がこの地(鷺ノ宮)に引っ越してきたその日のことでした。妹夫婦が引っ越しの手伝いに来てくれたので、荷物がひとしきり片付いたところで、この店で一緒に飲んだのでした。

 なんらかの理由があって、この店を選んだというのではなくて、たまたま駅のすぐ近くで目についたから。男性店主がひとりで切り盛りしているお店でした。

 そのときに受けた印象が、『可もなく不可もなく』といったものだったので、それ以来、これまでの間、再訪問することがなかったのでした。

 ところが今回入ってみると、店はご夫妻と思われるお二人が切り盛りしているし、カウンターの形状も、L字の角がプクンとふくらんだような、ものすごく特徴的な形。メニューも和風のものが多くて、それほど高くなく、なにやら良さそう。平成21(2009)年末に、惜しまれつつ閉店した、このすぐ近くの名店「ほ里乃家」を彷彿ほうふつさせます。

 焼酎の麦茶割り(380円)を飲みながら、「実は……」とその昔話をしてみたところ、

「それはきっと、うちの前のお店だわ。うちは平成5(1993)年に店を始めたので、今年で20年。25年前にはまだなかったもの」と女将さん。

 なるほど、そうだったんですね。ということは、私は25年前の別の店の印象で、それ以来ずっとここに立ち寄っていなかったのか。なんだかもったいないことをしたなあ。

 いやいや荒木さん、今日は長時間おつきあいいただいた上に、最後にこの店に連れてきていただき、本当にありがとうございました。

 「東宝亭」、またじっくりと訪問してみようと思います。

130420a 130420b 130420c
「やきや」自家製塩辛 / もつ煮込み / げそ揚げ

130420d 130420e 130420f
「やきや」漬物 / きざみ穴子 / いかしょうが棒

130420g 130420h 130420i
「ペルル」水割り / とりハム / オリビアバケット

130420j 130420k 130420l
「東宝亭」お通しと麦茶割り / かぼちゃ煮 / 竹の子煮

・「河本」の店情報前回) / 「やきや」の店情報前回) / 「ペルル」の店情報前回) / 「東宝亭」の店情報

《平成25(2013)年4月20日(土)の記録》

|

« 店情報: 居酒屋「東宝亭(とうほうてい)」(鷺ノ宮) | トップページ | 半熟うずら、とろける … 炭火焼鳥「一火(いちか)」(上大岡) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/57986718

この記事へのトラックバック一覧です: 木場を起点にハシゴ酒 … 「河本(かわもと)」(木場)ほか:

» でっかいブリを刺身で … 焼鳥割烹「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷)ほか [居酒屋礼賛]
 店の肩書は『焼鳥割烹』なんだけど、この店に来ると、まずまっ先に刺身を注文する人が多い。私も席に着くとまず、手書きのホワイトボードの最初のほうに書かれている3~5品ほどの、今日の刺身メニューを確認するのが、いつものパターンになっています。  さらにカウンター席(8席程度)の中央部に座ることができると、目の前が冷蔵陳列ケース。今日のネタを、自分の目で確認することができるベストポジションです。  ほぇ... [続きを読む]

受信: 2013.08.23 23:24

» いかなんこつの串焼き … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 以前はバラで5~6個を焼いていた「いかなんこつ焼」(170円)ですが、今日、焼いているのを見ていると、2~3個ずつ串に刺した状態で焼いて、皿に盛るときに串から外して、以前と同じような状態にして出すようになったようです。  「その串のまま食べてみたいんですけど……」とお願いしてみたところ、上の写真のように、串に刺したままの状態の「いかなんこつ焼」を出してくれました。  「串も一緒に焼けちゃったりす... [続きを読む]

受信: 2013.09.05 22:15

» 煮込みは売り切れ寸前 … 「河本(かわもと)」(木場) [居酒屋礼賛]
 しばらく間があくと、無性に食べたくなるもののひとつが、ここ「河本」の牛もつ煮込み(300円)です。  ホッピー(400円)との相性も爆発的にいい!  ホッピーと煮込みは、この店のツートップの人気商品。ほとんどの客が注文します。  あれっ? そういえば店の奥、壁際の席にズラリと陣取る、長年の常連さんたちは、あまり煮込みを注文していないような気がするなあ。  彼ら彼女らは、むしろ日替りの煮魚(400... [続きを読む]

受信: 2013.10.06 00:51

« 店情報: 居酒屋「東宝亭(とうほうてい)」(鷺ノ宮) | トップページ | 半熟うずら、とろける … 炭火焼鳥「一火(いちか)」(上大岡) »