« 殻付うずら、シャクッ … やきとり「大和鳥(やまとちょう)」(高円寺) | トップページ | 冷蔵ショーケース新設 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

シコのかき揚げ天ぷら … 大衆酒場「太田屋(おおたや)」(横須賀中央)

シコ天


 国内で最も漁獲量の多い魚であるカタクチイワシ(片口鰯)は地域によって、またサイズによって呼び名が異なります。

 私の故郷、愛媛の松山あたりではホウタレ、呉や広島では小イワシ、横浜や横須賀ではシコと呼ばれているようです。小さいのはシラスだったり、チリメンだったり。

 金曜日の今日は、横須賀中央駅近くの酒場を見て歩いたあと、「中央酒場」で軽く飲んで、2軒目としてやってきたのが大衆酒場「太田屋」です。

 「太田屋」の創業は大正2(1913)年、今年が創業100年です。現在は、三代目となる女将+それを手伝う女性が2名の、合わせて3人の女性が切り盛りしています。

 出汁だしであっためた豆腐を、湯切りして平皿に盛り、上面全体に練りガラシをぬって、カツオ節をたっぷりとトッピングする、横須賀スタイルの湯豆腐。その湯豆腐を考案したのが、ここ「太田屋」の初代店主なんだそうです。今では横須賀の多くの酒場で、このスタイルの湯豆腐が出されています。

 さてと。私のほうは横須賀名物のホッピー(450円)をもらって、つまみにはシコ天(450円)をいただきましょう。

 先ほど書いたとおり、横須賀ではカタクチイワシのことをシコ(あるいはシコイワシ)と呼ぶ。だからシコの刺身は「シコ刺し」で、シコの天ぷらは「シコ天」なのです。

 たまたまなのか、いつもそうなのかはわかりませんが、今日のこの店のメニューにはシコ刺しはありませんでした。

 待つことしばし、出てきたシコ天は、シコ刺しにするのと同じように3枚におろしたシコイワシの身を、たっぷりの刻みネギ(白ネギ)と一緒にかき揚げ天ぷらにしたもの。添えられたレモンを搾りかけ、醤油をサッとかけていただきます。

 呉・広島方面で出される小イワシの天ぷらは、小イワシのハラワタだけを取り除いて、1尾ずつ頭や骨も付いたまま、丸ごと天ぷらにしたもの。カタクチイワシを、そのまま味わうという点では、こっちのほうが良さそうです。

 いっぽう、このシコ天のようにかき揚げ天ぷらにすると、なんといってもボリュームが多くなります。

 小イワシの天ぷらだと1尾ずつ味わいながらいただくところが、かき揚げのシコ天だと、ガブッと大口を開けてかぶりついて、シャクシャクシャクと、一度に大量に食べたという満足感が得られます。

 日本酒には1尾丸ごとの小イワシ天ぷらが、ホッピーにはかき揚げスタイルのシコ天が、それぞれ合いそうだ。地域の特性がよく出ていると思います。

 バックバーの壁には『Yokosuka downtown shop of old standing public house OHTAYA』の文字。近くに米海軍の基地があることもあって、横須賀の街なかには英語の表記が多いのです。

 余裕があれば名物の湯豆腐(1丁400円、半丁250円)を食べていこうかと思っていたのですが、今日はもう入りそうにないし、これ以上飲むと危ない。

 なにしろこの店のホッピーも、1杯に「源氏」焼酎が120ml入った三冷タイプ。通常のホッピー(焼酎が70ml程度)の倍近い濃さですもんね。

 「中央酒場」で2杯、この店で1杯の合計3杯。都内で飲むホッピーの5~6杯分に相当する量です。気をつけて飲まないと、電車に乗ってから、とんでもないところまで連れて行かれてしまいます。

 そんなわけで、午後9時前まで、30分ほどの滞在。今日のお勘定は900円でした。ごちそうさま。

130705d 130705e 130705f
大衆酒場「太田屋」 / 三冷のホッピーは / 生ビールジョッキで出される

店情報前回

《平成25(2013)年7月5日(金)の記録》

|

« 殻付うずら、シャクッ … やきとり「大和鳥(やまとちょう)」(高円寺) | トップページ | 冷蔵ショーケース新設 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/57996190

この記事へのトラックバック一覧です: シコのかき揚げ天ぷら … 大衆酒場「太田屋(おおたや)」(横須賀中央):

« 殻付うずら、シャクッ … やきとり「大和鳥(やまとちょう)」(高円寺) | トップページ | 冷蔵ショーケース新設 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »