« 琵琶湖産もろこの佃煮 … 「大甚(だいじん)本店」(伏見) | トップページ | 武蔵屋の新たな注ぎ手 … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町) »

ホヤにはやっぱり浦霞 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政)ほか

ホヤにはやっぱり浦霞


「あらっ? 今日はお刺身の小盛り合わせじゃないんですか?」

 1品めのつまみとして、ホヤ(500円)を注文したところ、日曜日の「竹よし」を手伝っているリエさんに軽く驚かれます。

 メニューに書かれている刺身のメニューを見ると、どれもこれも美味しそうで、いつも迷ってしまいます。その結果、刺身小盛り合わせ(650円)を注文することが多かったのです。

 ところが!

 前回ご紹介したとおり、今年のお盆休みの前、「竹よし」のカウンター上に、お寿司屋さんなどでよく見かけるような、冷蔵陳列ケースが設置されました。

 メニューで見ても迷うぐらいなので、実際の魚介類がずらりと並べられると、もっと迷うかと思いきや、そんなことはなかった。

 人間が単純にできているのか、目の前にあるものに、すぐに引かれてしまうのです。

 今日も、席に座ってサッポロ赤星の中瓶(500円)をもらい、目の前の冷蔵陳列ケースを見ると、プリッと張りのいい、いかにも新鮮そうなホヤが2個、3個、ゴロリと並んでいる。

 思わず「これください!」となったのでした。

「ホヤに合うお酒はどれでしょう?」

 日本酒好きのリエさんにたずねてみると、

「常連のIさんはいつも、ホヤのときには浦霞うらかすみ(500円)を飲まれてますよ。これが一番合うんだとおっしゃって」

 なるほど! 宮城のホヤには、宮城の酒か。私もそうしてみましょう。

 ホヤは、酢の物で出されるお店が多いのですが、ここ「竹よし」ではホヤの身を刺身にして、体内にあった海水と一緒に出してくれます。

 その身をひと切れ取って、ちょいと海水に泳がせて、ツルリと食べる。

 冷たくて軟らかい弾力感を楽しみながらかみしめて、舌の奥のほうに、ふわん、と苦味が来たところへ、キュッと浦霞。

 ックゥゥ~~~ッ! うましっ!!

 醤油皿も出してくれてはいるんだけど、ワサビ醤油で食べるよりは、体内にあった海水だけでいただくほうが好きだなあ、私は。

 あっという間に浦霞(500円)もおかわりです。

 外観の大きさの割りには、身が少ないのが残念なところ。まあ、こうして「食べ足りない」と思うぐらいの量がちょうどいいのかもね。

 浦霞の冷酒のあとは、いつものように菊正宗の燗酒(350円)をもらって、次なるつまみも、これまた目の前にあるサザエを壺焼き(600円)で注文します。

 「竹よし」の店主は、横浜の魚屋さんの次男坊ながら、大阪で魚料理の修業をされたからか、関東風と関西風が融合したような魚料理を作ってくれる。

 サザエの壺焼きは、生のサザエの身を殻から取り出して、身の部分を食べやすい大きさに切り分けて殻の中に戻し、出汁だしで煮るタイプの、おしゃれなもの。いい酒の肴になります。

 燗酒(350円)をもう1本追加して、3時間ほどの滞在。お勘定は3,300円でした。どうもごちそうさま。

 そのままスッと帰ればいいものを、つい寄っちゃうんですねえ、「ばりこて」。

 博多ラーメン(600円)をバリカタでもらって、麺を食べ終わったところで、残った豚骨スープをつまみに、黒糖焼酎(380円)をロックで1杯。

 替え玉のかわりに、焼酎ロックをもらったような感じですね。〆のラーメンのあとに飲む、冷たい焼酎のおいしこと。

 さあ、明日からまた1週間、がんばりますか!

130825a 130825b 130825c
ホヤ / サザエつぼ焼 / 「ばりこて」博多ラーメン

・「竹よし」の店情報前回) / 「ばりこて」の店情報前回

《平成25(2013)年8月25日(日)の記録》

|

« 琵琶湖産もろこの佃煮 … 「大甚(だいじん)本店」(伏見) | トップページ | 武蔵屋の新たな注ぎ手 … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町) »

コメント

 いつも拝見しています。
 ほやですか。震災以降、ほやはいいものを食べていません。
 アマちゃんの舞台の久慈、種市では、天然のほやが取れるらしいのですが、私が住む岩手県内でも、私のところにはいいものが届きません。
 今年、宮城では何とか養殖物が出来てきたとか?(天然より、養殖の方が身がしっかりしているといます)
たまに、青森産の天然のほやを口にしていますが(モツ切れと同じく、夏にはほや切れを起こすので)、それでも、ほやが、少しでも口に入ると、復興の味がする感じです。
 私が一番好きな食べ方は、体内の水で洗ったほやをわさびだけで食べるですね。そして、てんぷら、焼きほやも最高です。焼きほやは、ほや嫌いでも、気づかないでだまされて食べます。
ではぁ。

投稿: PONTA | 2013.09.01 16:23

すみません、反応が遅かったです私。宮城の浦霞、宮城の『ほや』、ありがとうございます!「ほや」を注文する時に、「浦霞」を注文されるという話。とてもうれしいな!皆様わかってらっしゃるのですね。

投稿: 仙台おおぽん | 2013.09.03 12:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/58095929

この記事へのトラックバック一覧です: ホヤにはやっぱり浦霞 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政)ほか:

» 生のくじらをユッケで … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) [居酒屋礼賛]
 生くじらのユッケ(700円)である。  牛レバ刺しが法令で禁止になって以来、生肉もまた公明正大に食べることができにくい状況にあるのですが、くじらは別ですねえ。  ここ「竹よし」でも、生くじらは刺身(700円)やユッケとして供してくれます。  くじらの赤、玉子の黄、そして刻みネギや千切りキュウリの緑も加わって、色も鮮やか。  これをグリグリグリッとかき混ぜて、いただきます。  ック~ッ。うまいっ。... [続きを読む]

受信: 2013.11.09 12:24

» 食べて飲んでラーメン … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政) [居酒屋礼賛]
 「ばりこて」は、地元でも大人気の博多ラーメンのお店です。  当然のごとく、ほとんどのお客さんは、ストイックにラーメンに対峙(たいじ)しています。  でも、私はこの店に来るといつも、最初は飲み物からスタートするんですよねえ。  今日もまずは芋焼酎(赤霧島、380円)をロックでもらいます。  博多(福岡県)で過ごした学生時代にお酒を飲み始め、就職して最初に赴任した呉(広島県)も、ラーメン屋台が有名な... [続きを読む]

受信: 2013.12.28 22:37

« 琵琶湖産もろこの佃煮 … 「大甚(だいじん)本店」(伏見) | トップページ | 武蔵屋の新たな注ぎ手 … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町) »